【保存版】退職の完全攻略マニュアル【全ての悩みを解決します】

こんにちは、もっこです。

退職ノウハウの記事がたまってきたので、総まとめをします。

本記事の内容
  • 退職理由の正解【実体験あり】
  • 退職届、退職願の書き方
  • 退職を伝えるベストな条件
  • 退職を伝えるとき注意すること
  • 上司に会わず退職できる「退職代行サービス」
  • 退職を伝えた後の過ごし方

上記の内容で解説していきます。

それではいきましょう。

目次

退職理由の正解【実体験あり】

さっそくですが、退職理由の正解をお伝えします。

それは、下記のとおりです。

  1. 家庭の事情
  2. キャリアアップ
  3. 体調不良

正直いうと、この3つ以外の退職理由だと後悔します。

理由について、以下の記事でまとめています。

上の3つの理由以外の理由、つまり、本音の理由だと上司は納得しません。

実際に私は、「妻の転勤についていく」と嘘ついて、円満退職を成功させました。

正直、退職理由は嘘ついてでも上の3つにするべきです。

  • 嘘ついたときの体験談を記事にまとめています。

>>【上司納得】退職理由は嘘をつくべき?おすすめの退職理由3選!

退職届、退職願の書き方

退職届と退職願に書く理由には、基本「一身上の都合により」でOK。

ただし、これは自己都合退職の場合の話。もし会社都合退職の場合は、「一身上の都合により」を使いません。間違って書いてしまうと、損することになります。

退職願と退職届の違い、自己都合退職と会社都合退職の違いがわからない方は、以下の記事で解説しています。

退職届、退職願を出す前に、確認しておきましょう。

退職を伝えるベストな条件

「退職を伝える」には、上司を納得させるためのベストな条件が存在します。

結論先に言うと、以下のとおり。

項目条件
タイミング退職日から2〜3ヶ月前
いつ金曜夕方
どこで個室
誰に直属の上司
何を詳細な退職理由
どのようにはっきりと伝える

この条件を全て満たした私は、円満退職することができました。

逆に、全てを満たさなかった同期と先輩は、上司から「しつこい引き止め」にあって、かわいそうでした。

詳細な根拠(実話)は、以下の記事をご覧ください。

退職を伝えるとき注意すること

退職を伝える上で、注意しなければならないことがあります。

先に言うと、以下の3つです。

  1. 本音の退職理由を伝えない
  2. 繁忙期に伝えない
  3. いきなり退職届を出さない

上記は「円満退職できるかどうか」に関わってくる重要な注意事項。

このあたりを無視すると、上司あるいは職場全員に白い目で見られるはずです。

詳細については、以下の記事をご覧ください。

  • 下記記事は、毎月1,000人以上に見ていただいています。

上司に会わず退職できる「退職代行サービス」

上司に会わず退職できる「退職代行サービス」というものがあります。

お金は数万円かかるものの、上司とのやり取り、退職手続き等、ほぼ全てを任せることができます。有給休暇が2週間以上残っていれば、会社に出勤することなく即日退職も可能です。

そんな退職代行サービスは、現在私の知るだけで数十種類あります。

今回は私のおすすめする退職代行サービスを厳選してまとめました。

退職代行サービスは最終手段

勘違いしないでほしいのは、退職代行サービスは最終手段だということ。

退職代行サービスを使えば、円満退職はできないですし、職場の人からクズ呼ばわりされたりするので。

上司への退職の連絡も代行業者がやるし、総務との事務手続きも代行業者がやる。こんな人、どう考えても嫌われます。嫌われてもいい。この会社の人とはもう会わない。と覚悟ある人だけ使えるサービスです。

退職を伝えた後の過ごし方

退職を伝えた後の過ごし方ですが、頑張りすぎる必要はありません。

やるべきことをやりつつ、ゆったり過ごしましょう。

おすすめの過ごし方は以下の通り。

  1. 引き継ぎ資料を作る
  2. 身辺整理をする
  3. お世話になった人にお礼の挨拶
  4. ソッコーで帰る
  5. 有給休暇を全力でとる

上記は、私の経験談をもとに列挙した「失敗しない退職前の過ごし方」です。

経験談は以下の記事で話しています。「退職前に絶対にやるべきこと」もまとめましたので、後悔しないためにぜひご覧ください。

退職を伝えた後に気をつけること

退職を伝えた後、上司の態度が豹変したなんてケースがよくあります。

実際私の場合、退職を告げてからガチで上司、先輩、同僚の態度が豹変。悪くなった人もいれば、優しくなった人も。

この時の対応をミスすると、退職までのゆったりスローライフが台無しになってしまいます。

対処法をまとめたので、ぜひ一読ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる