いきなり退職届を出すって非常識?最速で安全に退職する方法を紹介!

悩んでいる人

いきなり退職届を上司に出すって非常識?毎日の仕事が本当につらい。とにかく早く退職したいんだけど、どうしたらいいんだろう。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • いきなり退職届って非常識?
  • 最速で安全に退職する方法
  • 本記事の信頼性

この記事を書いている私は、2020年3月、誰からの反感もなくブラック企業を脱出。円満退職できました。

これから紹介する「最速で安全に退職する方法」を参考にすれば、上司と顔すら合わせず、最速でブラック企業を脱出できます。

ぜひ最後まで読んでください。

目次

いきなり退職届って非常識?

結論いうと、いきなり退職届は非常識

退職前にはやることがたくさんあります。

  • 業務の引き継ぎ
  • お世話になった方への挨拶

これらを全てすっ飛ばして退職するわけですから。会社に迷惑かかるので、非常識と言われても仕方ありません。

もっこ

ただ、きつい労働環境、上司からのパワハラなど「精神的に、会社にも行きたくない」状態であれば、いきなり退職届を提出してもいいと思います。

なぜなら、法的には「いきなり退職届」でも問題ないからです。

法的にはいきなり退職届を出しても問題なし!

退職に関して、法律上では以下のように定められています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法627条│e-Gov法令検索

つまり、引き継ぎや挨拶していなくても、退職は可能。

就業規則より民法の方が効力は上。就業規則で「退職願は1ヶ月前に提出すること」とあっても、2週間前に申告すれば問題ないのです。

ただし、就業規則の記載によっては、会社から損害賠償請求される危険もあるので要注意。詳しくは、こちらをご覧ください。

最速で安全に退職する方法

とにかく最速で安全に退職する方法は「退職代行サービスを利用すること」です。

退職代行サービスのメリットは、

  1. 引き継ぎする必要なし
  2. 上司と顔合わす必要なし
  3. 自分で退職を伝えなくていい

退職代行であれば、法律に基づき最短2週間で辞めることができます。

退職代行のデメリット

退職代行にはデメリットもあります。

それは「損害賠償で訴えられる可能性」

「引き継ぎなし」だと訴えられるかも

引き継ぎなしで退職した場合、会社側から訴えられる可能性があります。

例えば、

  • 引き継ぎしないことで会社に不利益があった
  • 雇用契約に引き継ぎ義務の記載がある

この場合は、損害賠償で訴えられる可能性があります。

もっこ

実際、客観的な立証が難しく、訴えられるケースは少ないようですが。ただデメリットとして訴えられるケースもあることは知っておきましょう。

まとめ:きついなら退職代行で今すぐ辞めよう!

今回「退職代行サービス」を使って最速で退職する方法をご紹介しました。

以下の場合は、退職代行サービスを利用するのがいいかもです。

  1. 上司にパワハラを受けている
  2. 労働環境がきつすぎる
  3. もう会社に行きたくない

退職代行会社には、法的対応できる会社もあり、安心して退職代行を任せられます。

もっこ

無料相談もできるので、心配であれば一度問い合わせしてみましょう!

  • 以下の記事で、法的対応・無料相談ができる会社を紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる