【初心者必見】ブログネタの考え方とネタ探し7つのコツ【取材者マインドを持て】

ブログ

こんにちは!もっこ(@mocomocoblog)です!

 

悩んでいる人
悩んでる人
ブログがネタ切れしてしまって全然継続して書けない。どうやってネタ探しすればいいんだろう。

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • ブログネタの考え方
  • ブログネタを探す3つの前提条件
  • ブログネタを探す7つのコツ

 

この記事で紹介する「ネタ探し7つのコツ」を実践すれば、ネタ切れせずに継続してブログを書くことができます。

 

実際に私は、このコツを知って数ヶ月、ネタ切れしたことはほぼ0。ネタ切れしても、このコツで復活してきました。

 

この記事を読めば、あなたのネタ切れ問題を解決し、楽しくブログを書くことできるはずです。

 

ブログネタの考え方

 

ブログネタを考える上での大前提は「取材者マインドをもつこと」です。

 

ブログネタは、何もしないで急に思いつくわけありません。

 

書けなくてうんうん悩んでいるのは「便秘」と一緒です。

飯を食わずに運動もしていないのに、便座で唸っていてもう○こは出ません。

引用元:竹村 俊助著『書くのがしんどい』

 

インプットと行動を増やしていけば、ブログネタに困ることはありません。

 

取材する記者のように、常にネタを探す気持ちで過ごしましょう。

 

ブログネタを探す3つの前提条件

 

ただ闇雲にネタ探ししても、読まれなければ意味ありません。

「読まれるネタ」を探す必要があります。

 

「読まれるネタ」を探す前には、以下の3つの条件を意識してください。

 

3つの前提条件

①読者の悩みを解決する

②読者ニーズの高いテーマ

③好きなこと

 

①読者の悩みを解決する

読者の悩みを解決するようなネタじゃないと、読んでもらえません。

 

Google の検索結果は「読者の悩みをわかりやすく解決するページ」が上位表示されます。これは Googleの理念「ユーザーファースト」によって検索順位が決まるから。

 

「何の悩みも解決しないテキトーなネタ」だと検索上位にこない⇨誰にも気づかれない⇨読まれない。となります。

 

ネタ探しをするときは、「これは誰の悩みを解決するネタなのか」を意識して探しましょう!

 

②読者ニーズの高いテーマ

ブログネタは、読者ニーズの高いテーマがおすすめです。

 

読者ニーズが高いということは、それだけたくさんの読者がいて、悩みも多いということ。悩みがたくさんあるので、ブログネタには困らないですよね。

 

いや、競合が多くて上位表示は難しいでしょ。こんな意見もありますが、ロングテールキーワードから狙っていけば、割と上司表示が可能です。

 

テーマの選定方法とロングテールキーワードの狙い方についてはこちら「【初心者】ブログテーマの決め方を3つの手順で解説【結論:好きなことが最強】」をぜひご覧ください。

 

読者がたくさんいるニーズの高いテーマから探してみましょう!

 

③好きなこと

好きなネタじゃないとだめです。

 

なぜなら、シンプルに続かないから。

 

例えば、運動嫌いが「筋トレ毎日やった感想」という記事が書けるでしょうか。かなりムズいですよね。好きなことじゃないと書けないし、続けられません。

 

ブログは続けないと、結果が出ません。ぜひ好きなことをネタにしてみてください。

 

ブログネタを探す7つのコツ

 

それでは、ブログネタを探す7つのコツを解説します。

 

ブログネタを探す7つのコツ

①過去の悩み事

②キーワード検索

③YouTube

④Yahoo!知恵袋

⑤本

⑥ニュース

⑦友達に聞く

 

それぞれ具体的に解説します。

 

①過去の悩み事

自分の過去の悩み事はブログネタになります。

 

今まで生きてきて悩んできたこと。色々ありますよね。

 

  • 告白してフラれた
  • 上司が嫌いで転職した
  • フィッシング詐欺にあった

 

正直イマイチと思っていても、書くと読んでもらえたりします。

 

実際、自分の性格について悩んでいた以下の「【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】」は、毎月300人以上の方に読んでもらえています。

 

※見てもらえればわかりますが、文章が下手でも上位表示できています。

 

まずは「これまでの人生で悩んだこと」からネタ探ししてみてください!

 

②キーワード検索

キーワード検索は、ブログネタを一番簡単に見つけられる方法です。

 

Google などの検索エンジンを開いて、言葉を入れます。

 

最近、検索で打ち込んだ「あなたの悩み」でいいです。例えば、「ブログ」。

こんな感じで、いくつか候補がでてきます。

その中からブログネタを探してみましょう!

 

おすすめツール:ラッコキーワード

私がよく使っているツールは「ラッコキーワード」です。

 

おそらく、9割のブロガーさんは使っているかと(個人的見解です。)

「ブログ」と打つだけで、候補がこんなに。

 

この中からキーワードを選んで書くのがいいです。

 

③YouTube

YouTubeからブログネタを見つけることもおすすめです。

 

ブログの書き方、恋愛テクニック、短期で稼げる投資、効率のいい勉強法などなど。2019年くらいから「お悩み解決」の動画がめちゃくちゃ増えました。ネタ探しには、最高のプラットフォームです。

 

まずは、読者の悩みを想像して、検索窓にキーワードをいれてみましょう。出てきた中で再生回数の多い動画を1つ見てみます。

 

その内容をネタにして、ブログを書いていきます。

 

丸パクリは絶対ダメ

当たり前ですが、動画内容の丸パクリはやめましょう。盗作です。

 

丸パクリではなく、引用にすること。

 

④Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋には「悩み」が山ほどあります。

この悩みの中から選んでいきましょう。

 

簡単な検索方法は「ラッコキーワード」の「Q&A」です。

ここをクリックすると、キーワードに関する「Yahoo!知恵袋の悩み」がでてきます。

 

ぜひ活用してみてください。

 

⑤本

本の内容をブログネタにする。これは、特に初心者におすすめです。

 

最初は何をネタにしていいか。わからないはず。私はネタがなくて3ヶ月以上悩み、ほとんど書けませんでした。そんな私を「ブログ書けない病」から救ってくれたのは「本」でした。

 

本はネットと違い、嘘がありません。なぜなら、本は多くの人が事実確認して出版されるからです。

 

自分の意見に自信がない。嘘の情報を書いてしまったらどうしよう。

 

こんな初心者の方に、信憑性の高い本の情報は相性抜群。

 

とりあえず、興味のあるジャンルの本を1冊買って読んでみましょう。

 

要点まとめて感想を書くだけで、ブログネタ1つ完成します。

 

⑥ニュース

ニースもいいブログネタの1つです。

 

刻々と状況が変わる世の中。ニュースが流れない日は絶対ありません。ニュースは、ブログネタの宝庫といえます。

 

好きなジャンルのニュースを見る

前述したとおり、好きじゃないと調べるのがつらくなります。

 

好きなジャンルのニュースを見ましょう。

 

⑦友達に聞く

友達に聞くのも1つの手法です。

 

「悩みを解決するネタ」が読まれるネタ。となれば、直接、友達に「何に悩んでいるか」聞いてみるのもありです。

 

ネットから得られる悩みだと、テキストなので、こちらで悩みを深く考えなければなりません。しかし、仲のいい友達なら、悩みについて深く聞くことができるので、より充実した記事を作成できます。

 

効率はちょっと悪いかもですが、ブログネタとして十分な情報源です。

 

まとめ:ネタ切れしないためには取材者マインド!

 

本記事では「ブログネタの考え方」「ブログネタを探す7つのコツ」を紹介しました。

 

ネタ切れしないためには、常にインプットする姿勢「取材者マインド」をもつことが重要です。

 

そして、とにかく書いてください。

 

「インプットしないとアウトプットできない」けど、「アウトプットしないとインプットできません」。食ったら出す。出さないと食えない。人間の循環と同じです。

 

ブログで速くアウトプットしたい!という方は「【倍速】ブログ書くスピードを上げる7つのコツを紹介!」で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

また、ブログで「書くことがない」「伝わらない」「読まれない」「つまらない」「続かない」で悩んでいる人は書籍『書くのがしんどい』を読めば一発解決です。超おすすめなので、ぜひ読んでみてください。

>>『書くのがしんどい』はこちら!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました