【初心者】ブログテーマの決め方を3つの手順で解説【結論:好きなことが最強】

ブログ

こんにちは!もっこ(@mocomocoblog)です!

 

悩んでいる人
悩んでる人

最近ブログはじめたけど、テーマが全く決まらない。どんなテーマで書けば見てもらえるんだろう。初心者向けに解説してほしい!

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • ブログテーマを決める手順【3つ】
  • テーマが決まったらやるべきこと

 

この記事で紹介する「テーマの決め方」を理解すれば、ブログ開始は目の前!

 

実際に私は、ブログ開設して3ヶ月。テーマが決まらず全く記事が書けませんでした。でも今では、月間2000PVのブログを運営できています!

 

この記事を読めば「ブログテーマの具体的な決め方」がわかりますので、ぜひ最後まで読んでください!

 

ブログテーマを決める手順【3つ】

 

ブログテーマを決める手順は3つです。

 

ブログテーマを決める3つの手順

①自分の好きなことを考える

②読者ニーズが高いテーマを知る

③好きなこと×読者ニーズが高いテーマ

 

それぞれ具体的に解説します。

 

①自分の好きなことを考える

まずは自分の好きなことを考えてください。

 

理由は「好きなことじゃないと書けないから」です。

 

テーマ選びはとても重要ですが、もっと重要なのは「ブログをやめないこと」。書き始めてから「書くのがしんどい」と思ってしまっては成果が出ません。

 

好きなことと言われましても…

そんなに難しく考えることはありません。

 

好きなことを考えるポイントは以下のとおり。

無意識に3年以上継続していること

 

これはトップブロガーのマナブさんがおっしゃっているので間違いないかと。※詳しくは「【結論】ブログテーマは3つに絞れ。かつ、そのテーマでSNS発信セヨ」をご覧ください。

 

ちなみに私は「読書」「アニメ」が好きなことなので、2つを中心に記事を書いています。

 

「〇〇を考えてると楽しい!」「なんとなく〇〇しちゃう!」こんな感じで、あなたの好きなことを探してみてください!

 

②読者ニーズが高いテーマを知る

次に読者ニーズが高いテーマを学びましょう。

 

ブログで稼ぎたいなら「好きなこと」だけ書いていてはだめです。

例えば、いつもあなたに自慢話ばかりする先輩がいる。あなたの話は全く聞かない。そんな先輩の話を聞きたいと思うでしょうか。私はうざいと思います。相手を考えないと嫌われるんです。

 

「読者を考えない書き手」の文章は読まれない。読まれないと検索順位が上がらないので、誰の目にも止まりません。結果、稼げないというわけです。

 

読者が必要としてる。読者ニーズが高いテーマを書かなければなりません。

 

読者ニーズが高いテーマ【5選】

読者ニーズが高いテーマは以下の通り。

 

読者ニーズが高いテーマ

①お金

②人間関係

③健康

④教育

⑤食べ物

 

それぞれ解説します。

 

①お金

仕事や副業など、お金に関わるテーマはかなりニーズがあります。

 

あなたがブログを書くのは「稼ぎたいから」ですよね。私も同じです。ほとんどの人間が「稼ぎたい」「稼いで幸せになりたい」と思っています。

 

なので、お金に関わるテーマは読者ニーズが高い。

お金に関わるテーマ

  • 副業
  • 転職、起業
  • 株、FX、ビットコイン

 

コロナの影響で、副業・資産運用はさらに需要が高くなっています。また、終身雇用制の崩壊で、転職は昔に比べて格段に増えてきています。

 

もっこ
もっこ

ここらへんは、常にニーズが高いのでぜひ覚えてください!

 

 

②人間関係

恋愛などの「人間関係」は、ニーズが高いです。

 

これまで生きてきて、人間関係に一切悩まなかった!こんな人、ほぼゼロ。「人間関係」には高いニーズがあります。

 

人間関係に関わるテーマ

  • 告白を成功させる方法
  • うざい上司に対する接し方
  • プロポーズするタイミング

 

yahoo知恵袋を見ると「恋愛」「家族」「上司」。ここらへんの質問がたくさん。それだけみんな「人間関係」に悩んでるということです。

 

人間関係の悩みは世界に溢れている。人間関係は、読者ニーズが高いテーマです。

 

③健康

健康はかなりニーズが高いです。

  • 体調が悪くなって対処法を調べる
  • 症状から気になった病気を調べる
  • 体にいい食事、栄養素を調べる

 

今までたくさん調べてきたはず。年取るにつれて免疫が落ちるので、調べる回数はさらに増えていきます。

 

人間が生きることをやめない限り、この「健康」というテーマがなくなることはありません。健康はニーズが超高い分野なのです。

 

ただし「健康」というテーマは検索上位を狙うのが難しくなっています。理由は、人の命に関わることなので「信頼性のない個人ブログが企業ブログに勝てない」からです。健康をテーマにするのは要注意!

 

④教育

子育てなどの「教育」は、ニーズが高いテーマです。

 

突然ですが、あなたが小さい頃を思い出してください。

ママ
お母さん

今日の朝食は360円よ

 

お母さんにこんなこと言われたことありますか?ないですよね。

 

親は何の見返りも求めずに子供を育てます。親の中で「子供の優先順位」はめっちゃ高いんです。つまり、子育てなど教育の悩みは多いということ。

 

少子高齢化で子供が少なくなるとはいえ、子供の数が0になることはありません。教育関係はこれからも高いニーズがあると言えます。

 

⑤食べ物

食べ物もニーズが高いです。

 

人間の3大欲求に「食欲」があるくらいなので。食に興味のない人間などいません。

 

食べ物に関わるテーマ

  • 風邪に効く食べ物が知りたい
  • 近くにある美味しい店が知りたい
  • 大根を使った美味しいレシピが知りたい

 

食べ物と言っても「栄養素」「自炊」「レストラン」など分野が幅広い。つまりは、幅広いニーズがあるということ。

 

食べ物は、一生強いテーマと言えます。

 

③好きなこと×読者ニーズが高いテーマ

最後は、「好きなこと」と「読者ニーズが高いテーマ」の掛け算です。

 

例えば、好きなことが「お笑い」とすると、こんな感じ。

お笑い × 人間関係(恋愛) = 超面白い恋愛コント5選

 

好きなことと読者ニーズが高いテーマを掛け算することで、魅力的な記事になります。

 

好きなことなので続けやすい。ニーズが高いので読まれやすい。とメリットは盛りだくさんです。

 

「自分にしか語れない経験」を書くことで、さらに読まれる文章に!

 

以上が、テーマを決める3つの手順でした。ここからは、テーマが決まったら「絶対やったほうがいいこと」を書いていきます。

 

テーマが決まったらやるべきこと

やるべきことは以下の2つ。

 

テーマが決まったらやるべきこと

①SNS

②とにかく書く

 

順番に解説します。

 

①SNS

絶対にSNSを始めてください。※おすすめはTwitter。

 

ブログを開設したばかりのあなた。ネット公開されているものの、あなたのブログは誰も知りません。

 

世界のWebサイトの数は17億以上。検索から自分のブログを見つけてもらうのって超難しい。例えるなら、太平洋よりど真ん中に小さな島ができた感じ。誰も通りかからないので、見つけてもらうなんて夢のまた夢です。

 

ただ、そんなとき役に立つのがSNSです!

 

SNSの魅力

SNSを使えば、簡単にあなたを知ってもらうことができます。

 

私はTwitterを始めて、ブログがたくさんの人に読まれるようになりました。

ちなみに、そのグラフがこちら。

赤丸の位置がTwitterはじめたタイミングです。これやばいですよね笑

 

せっかくいいテーマで書いていても、読まれなければもったいない。SNSで最速で広めちゃいましょう!

 

ちなみに、広めるコツは「【ブログ大調査】Twitterでフォロワーを増やす方法【10選】」を参考に。

 

②とにかく書く

とにかくブログを書いてください。

 

理由は、何の記事が読まれるのか。誰もわからないからです。

 

Googleの検索順位は、様々な審査項目があって決まっています。審査項目は非公開のため、誰も知りません。

 

書いたブログが読まれるかは、公開後じゃないとわからないです。なので、書き続けるしかありません。書き続けているとなんとなくわかってくる。らしいです。

 

考えることはとても大事ですが、行動することが1番

 

とにかく書くを意識しましょう!

 

書くとき意識するポイントは「【ブログ初心者】8ヶ月で月間1000PV到達した10の方法を紹介!
」でまとめています。参考になれば。

 

まとめ

 

テーマを決める手順は以下の通り。

 

ブログテーマを決める3つの手順

①自分の好きなことを考える

②読者ニーズが高いテーマを知る

③好きなこと×読者ニーズが高いテーマ

 

読者ニーズが高いテーマは競合も多い。でも、そこに「あなたの好きなこと」が掛け算されることで、読まれるブログへと大変身します!

 

好きなこと書いてると長く続けられるので楽しいですよ!

 

この記事が、迷ってるあなたの助けになれば幸いです!一緒にブログ頑張っていきましょー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました