【ブラック脱出】皆が納得する退職理由3選とうまく伝えるコツを紹介!

悩んでいる人

確実に退職したいけど、退職理由が「上司嫌いだから」なんて言えないよな。上司含め会社の皆が納得する退職理由って何だろう。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 皆が納得する退職理由
  • 退職をうまく伝えるコツ
  • 退職を伝えるとき、絶対にやってはいけないこと
  • 本記事の信頼性

私は2020年3月までの4年間ブラックIT企業に勤務。

  • サービス残業
  • 年2,000円の昇給
  • 部下に責任を押しつける上司

こんな劣悪環境のストレスから、じんま疹だらけの体になりました。

しかし、このブラック企業から退職&転職し、今はほぼストレスフリーで健康的にすごしています。

この記事を最後まで読めば、「上司を納得させる退職理由」を見つけることができ、確実な退職に近づけるはず。

あなたも、今のブラック企業から脱出して、新しい一歩を踏み出してください。

目次

皆が納得する退職理由【3選】

皆が納得する退職理由を3つ紹介します。

  1. 家庭の事情
  2. キャリアアップ
  3. 体調不良

上からオススメ順になっているので、もし迷ったら①から選んでみてください。·

①家庭の事情

項目評価
難易度★★★
納得度★★★★★

家庭の事情は、上司の納得度も高く難易度も低いので、オススメの退職理由。

家庭の事情で強い理由は以下のとおり。

  • 妻の転勤(男性向け)
  • 結婚、出産、夫の転勤 (女性向け)
  • 親の病気、介護

近年、パワハラ等のハラスメントに対する処罰は厳しく、会社は社員のプライベートになかなか踏み込めません。

ということで、家庭の事情は最強の理由です。

もっこ

ちなみに私は、 妻の転勤と”嘘”をついて退職を申告。上司は 「仕方ないね」と言って、うざい引き止めもなく円満退職できました。

たしかに、嘘がバレるリスクはありますが、家族の協力と誰にも言わない信念があれば問題ないかと。

個人的には、嘘をついてでも、 家庭の事情で退職すべきです。

②キャリアアップ

項目評価
難易度
納得度★★★

キャリアアップは、難易度も低く、それなりの納得度もあるのでオススメ。

キャリアアップで良く聞く理由は、以下のとおり。

  • やりたい仕事が見つかった
  • 新しい分野に挑戦したい

リクナビネクストさん調査によると、近年は多い理由みたいですね。

引用:リクナビNEXT「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」
もっこ

ポジティブな理由なので、わりと言いやすい理由かなと。

ただし、すんなり納得してくれるかは会社によります。

実際私の同期が「新しい分野に挑戦したい」を退職理由にしたところ、翌日からしつこい引き止めが開始。毎週のようにタ方面談をしていて、大変そうでした。

キャリアアップは「退職の必然性」 がないので、会社も残ってくれるようにお願いしてきます。

もしキャリアアップを理由にするなら、確固たる信念が必要です。

③体調不良

項目評価
難易度★★★★★
納得度★★★★★

体調不良は、難易度は高いですが最強の理由です。

私の先輩は、上司のきつい指導のせいで「ストレス性胃腸炎」を発症。3ヶ月以上体業して、そのまま退職されました。もちろん、全く会社と揉めずに。

病気で自宅療養中であれば、退職も電話で伝えられるし、退職関係の書類も郵送でやりとりできます。ようは、上司にほぼ会わず退職できるのです。

でも会社によっては、診断書を求められたりするので、正直ハードルは高いかと。ただ、病院やカウンセラーから診断書がもらえるなら、最強の退職理由です。

関連記事:【実話】体調不良でそのまま退職ってあり?最速で退職を伝える方法を解説!

いつまでに退職を伝えたらいいのか

結論言うと、3ヶ月前がベストタイミング

1ヶ月前だと急すぎるし、半年前だと遅すぎます。

実際、私の先輩は「半年前」、同期は「1ヶ月前」に退職を申告。どちらも、出社最終日は「苦笑い」で辞めていきました。その2人の失敗を見ていた私は、3ヶ月前に退職を申告。その結果、最終日を笑顔で迎えることができました。

なぜ3ヶ月前がベストなのか。理由について、以下の記事で徹底解説します。

退職をうまく伝えるコツ

次に、退職をうまく伝えるコツをご紹介します。

  1. 絶対に折れない
  2. 最適なタイミングで

①は特に重要です。

①絶対折れない

退職を伝える上で大切なことは「絶対折れないこと」

前述したとおり、退職を伝えると必ず「考え直してくれないか」と言われます。なぜなら、あなたを雇うのに約93万円かかっているから。

わかりやすく言えば、あなたの代わりを雇うのに会社はまた93万払わなくてはなりません。だから、意地でも退職させたくないので、しつこく引き止めてきます。

もっこ

もしかしたら「昇進させるから」「今の上司を育成担当から外すから」と甘い言葉を使ってくるかもしれません。

でも、絶対折れてはダメ。

仮に環境が少し良くなっても、しばらくすれば、どうせ元に戻ります。良くない場所にずっといるのはやめましよう。

「絶対辞める」という信念をもって、上司に申告してください。

②最適なタイミングで

退職をうまく伝えるためには、タイミングも重要。

先に答えを言うと、退職を伝えるタイミングは「退職日3ヶ月前の金曜の夕方」がベスト。朝とかはやめたほうが良いです。実際私は、「金曜の夕方」に伝えて円満退職できました。

関連記事:退職願を出すタイミングは朝でいいの?退職願を出すベストな条件を紹介!

退職を伝えるとき、絶対にやってはいけないこと

退職を伝えるとき、絶対にやってはいけないことが3つあります。

  1. 本音の退職理由を伝える
  2. 繁忙期に言う
  3. いきなり退職届を出さない

①本音の退職理由を伝える

本音の退職理由を伝えてはダメです。

なぜなら、周りから反感をかって、会社に居づらくなるから。

当たり前ですが、退職を伝えても、翌日また会社に行かなければなりません。上司に向かって「お前が嫌いで辞めるわ」と言っても、次の日また顔合わせなきゃならない。

言った翌日に会社に居づらくなるので、以下のような、本音の理由は言わないようにしましょう。

  • 人間関係(例:上司が嫌い)
  • お金(例:給料が低い)
  • 職場環境(例:残業が多い)

本音はこの3つの中にあると思いますが、ぐっとこらえて、先ほど紹介した「皆が納得する退職理由3選」から選びましょう。

②繁忙期に言う

繁忙期に言うのも基本NGです。

現在、どの企業も人手不足。1人当たりの仕事量はどんどん増えています。そんな忙しいときに、退職を告げるのはかなり危険。下手したらキレられる可能性だってあります。しかも、引き継ぎなんかもあるので、さらに嫌がられるでしょう。

スムーズに辞めるためにも、辞める3ヶ月前には退職を伝えたいですね。

繁忙期に退職しちゃいけないなんて法律はないですが、なるべく避けることをオススメします。

③いきなり退職届を出さない

退職を伝える際、いきなり退職届を出すのは非常識です。

もし退職届をいきなり出して「そのまま退職」なんてなったら、下手すると会社側から損害賠償請求される可能性があります。

「損害賠償請求はマズい!」と思った方は、以下の記事をご覧ください。

理由を知っておかないと、確実に損をします。

>>いきなり退職届を出すって非常識?最速で安全に退職する方法を紹介!

まとめ:会社も上司も変わらないから逃げるが勝ち

ここまで、「皆が納得する退職理由」についてご紹介してきました。

はっきり言いますが、会社も上司も簡単には変わりません。

誰かが反論して上司の性格が変わるわけないし、文句言って給料が上がるわけない。私は辞めたいと思ってから4年我慢しましたが、上司も給料も社風も何も変わりませんでした。

良い職場にめぐり会うためには、勇気を出して逃げ出し、退職&転職するしかない。

もっこ

「退職したい!」と思っている今が、逃げ出すべストタイミングかなと。

もし不安があるようなら、上司に会わず即日退職できる「退職代行サービス」もあり。

何より大事なのは、あなたの心身の健康。つらいなら立ち向かわず、逃げ出しましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる