退職願を出すタイミングは朝でいいの?退職願を出すベストな条件を紹介!

退職

こんにちは!もっこ(@mocomocoblog)です!

 

悩んでいる人
悩んでる人

退職願を出すタイミングって朝でいいの?それとも、夕方?失敗しない「退職願のタイミング」を教えてほしい。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 退職願を出すタイミングは朝でいいの?
  • 退職願を出すベストな条件
  • 退職願を出す際の注意点

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、2020年3月、誰からの反感もなくブラック企業脱出を成功させました。

 

これから紹介する「退職願を出すベストな条件」をもとに進めれば、円満退職することができます。

 

記事後半では「退職願を出す際の注意点」も解説するので、ぜひ最後まで読んでください。

 

※ちなみに、「退職代行サービス」であれば、退職願を出さず、上司にも会わずに退職届を出すことも可能です。

退職願を出すタイミングは朝でいいの?

結論、朝は基本ダメです。

 

朝は上司も忙しいし、朝言ってしまうとその後の1日気まずくなります。あなたも会社内で噂が広まったら嫌ですよね。

 

話をする上司しかいないならいいですが、原則朝に伝えるのはやめましょう。

 

退職願を出すベストな条件

続いて、退職願を出すベストな条件をお伝えします。

結論は以下のとおりです。

 

失敗しない条件

タイミング 退職日から2〜3ヶ月前
いつ 金曜夕方(休みの前日夕方)
どこで 個室(空き会議室など)
誰に 直属の上司
何を 詳細な退職理由
どのように はっきりと伝える

 

それぞれ具体的に解説します。

 

①タイミング:退職日から2〜3ヶ月前

ベストタイミングは、退職日から2〜3ヶ月前。

 

退職願を出して、翌日から会社に来なくていいわけではありません。

  • 業務の引き継ぎ
  • 有給休暇消化
  • 手続き関係

など、意外にやることが多いです。

 

実際に私は、退職日の3ヶ月前に報告。でも、引き継ぎ:2ヶ月、有給休暇:1ヶ月でギリギリでした。

 

前もって言うことで、会社に迷惑かからないので、円満退職できます。

 

②いつ:金曜夕方

ベストな時間は、休み前の金曜夕方です。

 

突然の退職願に上司はびっくりするはず。

でも、休みを挟むことで冷静さを取り戻し、月曜からスムーズな話し合いができます。

 

実際私は、金曜夕方言ったことで、ささっと帰ることができました。仮に月曜に言ってしまうと、その週は「しつこい引き止め」にあいます。

 

休み前で気持ち的にも楽な「金曜夕方」がおすすめです。

 

③どこで:個室

ベストな場所は、空いている会議室などの「個室」です。

 

退職は、会社にとって非常に大事な話。誰かに聞かれて余計な噂がたってしまうと、あなたの退職に悪影響がでてしまいます。

 

なるべく上司と2人になれる、個室を選ぶようにしましょう。

 

④誰に:直属の上司

退職願を出すべき相手は「直属の上司」

 

直属の上司はあなた(部下)を管理する立場です。

 

仮に、上司ではない人に出すと「何で直属の上司に出さなかったんだ?」⇨「そうか、その上司が嫌いだったんだな」と誤解され、円満退職は難しくなるでしょう。

 

出しづらいかもしれませんが、必ず直属の上司に出すようにしましょう。

 

⑤何を:詳細な退職理由

退職願を出す際は、詳細な退職理由を”嘘でも”伝えましょう。

 

退職願を出した後、必ず「何で辞めるんだ?」と聞かれます。その際に詳細な理由を話さないと、上司も納得できず「しつこい引き止め」が始まります。早く退職したいのに、何度も面談するのは嫌ですよね。

 

納得できる理由を”嘘でも”用意して、退職願を出すタイミングで伝えるようにしましょう。

 

ちなみに、おすすめの退職理由は以下の記事を参考に。先に答えを言うと「個人的理由」です。

 

⑥どのように:はっきりと伝える

退職願と同時に「はっきりと退職する意思」を伝えましょう。

 

退職願を出す際、曖昧な態度や弱気な面を見せると、翌日からしつこい引き止めが始まります。

 

もう転職先も決まっている!くらいの、確固たる決意を上司に見せつけましょう。

 

真剣にはっきり伝えることで、引き止めもなく、最終日に気持ちよく退職できます。

 

退職願を出す際の注意点

退職願を出す際の注意点を3つにまとめました。

下手したら失敗につながるので、必ず読んでください。

 

①就業規則を確認する

退職願を出す前に、就業規則を必ず確認しましょう。

 

就業規則は会社の法律であり、必ず「◯ヶ月前に退職届を提出すること」とあります。

 

この「◯ヶ月前」から逆算して、退職スケジュールを組みましょう。

 

ちなみに、退職願と退職届は違うので注意。

>>退職願と退職届の違いはこちら!

 

②退職願に書く理由は「一身上の都合」でOK

退職願に書く理由は「一身上の都合」でOKです。

 

詳細に書かなくていいの?と思うかもですが、これがビジネスマナーなので大丈夫。

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

 

③転職先は伝えないこと

転職先は絶対伝えてはいけません。

 

伝えてしまうと「取引先の場合、ネガティブな情報を流され転職がなかったことに。」なんてこともあります。

 

とはいえ、全く答えないと本当に転職するのかと疑われます。円満に退職したいのであれば、業界くらいは伝えてもいいかもです。

 

まとめ

退職願の出すタイミングは「金曜夕方」がベストです。

 

もし上司が「定時退社」を徹底されてる方なら、お昼休みでもいいかも。

 

どちらにせよ、上司に迷惑かからないタイミングで出すのが「円満退職のコツ」です。

 

もっこ
もっこ

正直、「退職」はなかなか言い出しづらいとは思います。でも、ここを乗り越えたら、新しく明るい生活が待っています!確固たる決意で、退職願を出してください!

 

 

 

コメント

  1. tackmemo より:

    こんにちは。退職願を出すタイミング、参考になりました。不満があるから辞めるにしてもスッキリ円満に退職したいですものね。実際に経験されている方のお話はありがたいです。

    • もっこ もっこ より:

      こんにちは。もっこと申します。読んでいただきありがとうございます。どれだけ会社に不満があっても、やはり喧嘩別れはつらいと思います。参考になったようで嬉しいです。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました