【面接対策あり】断れない人の5つの特徴とそんな短所を改善する7つの方法

悩んでいる人

頼みごとされるけど、断れない。こんな短所を直したいんだけど、直す方法がわからない。ちなみに、面接で短所を聞かれたとき「断れない」はいいだろうか。うまい言い換えがあったら教えて!

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 頼まれたら断れない人の特徴【5選】
  • 短所「断れない」を改善する方法【7選】
  • 面接で「断れない」短所を長所に言い換える方法

本記事で紹介する「断れない短所を改善する方法」を実践すれば、まわりを気にせず、頼みごとを断れるようになります。

実際に私は、頼まれたら何でも受けてしまう性格。しかし、この方法を試したことで、ストレスが減り、大量の頼みごとをされなくなりました(嫌われたわけではないはず笑)。

本記事「断れない短所を改善する方法」は、きっとあなたのストレス軽減の手助けになります。

記事後半では、面接で「断れない」という短所を長所に言い換える方法もお伝えします。ぜひ参考にしてください。

少し話し方を注意するだけで、企業から好印象が得られます。

目次

頼まれたら断れない人の特徴【5選】

頼まれたら断れない人の特徴を5つにまとめました。

  1. 根が真面目
  2. 嫌われたくない
  3. 何でも受け入れる
  4. とにかく優しい
  5. 自信がない

それぞれ具体的に解説します。

①根が真面目

根が真面目だと、なかなか断ることはできません。

真面目=責任感が強い。「与えられた仕事をしっかりやらないと、迷惑がかかる」と考え、断ることを知らない。人に頼ったりもしません。

誠実でとてもよい性格かもしれませんが、1人だけに仕事が偏ると、その1人にストレスがたまります。

もっこ

実際に私は、仕事を任されすぎて、ストレスがたまり、全身に蕁麻疹がでたことがありました。

真面目はデメリットもあるのです。

②嫌われたくない

「嫌われたくない」と思っている人も、なかなか断れない性格。

「頼みごとを断ってしまったら相手は傷つく。そのまま嫌われるかも」と考えて、断れません。断らないと、責任はどんどんたまっていきます。

嫌われないように、相手を気遣うのはとても素晴らしい性格。

でも、つらくなるのは、あなただけです。

③何でも受け入れる

何でも受け入れる性格も、断れない人の特徴です。

何でも受け入れてしまう人は、基本、不満が言えません。どれだけ理不尽なことを言われても、反抗せず、受け入れて納得してしまいます。

これは非常にヤバい。気づかぬうちにストレスが少しずつ溜まっています。

もっこ

実際に私は、仕事中、不意に涙が出ることがありました。

何でも受け入れて、ため込むのは要注意です。

関連記事:【新入社員向け】ストレスで涙が出る理由と対処法を解説!

④とにかく優しい

とにかく優しい人は、頼みごとを断れません。

優しすぎる人は、自分より相手の気持ち優先。相手を傷つけるようなことができない。だから、断れない。

優しすぎると、相手はあなたに甘えてきます。

そして、別に頼まなくてもできるようなことまで頼んできます。

「優しさ」もストレスにつながるのです。

≫【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】

⑤自信がない

自分に自信がない人も、断るのが苦手。

自信がないと、自分の意見が言えません。自分の意見が言えないので「できません」という一言が言えない。「できない」と言えないので、自分の負担が大きくなる。

自分の意見を言わないと、つらくなるばかりです。

≫【イライラ解消】自分の意見を言わない人の7つの特徴と5つの対処法

短所「断れない」を改善する方法

「断れない」という短所を改善する方法は、以下の7つ。

思考編と行動編にわけて紹介します。

思考編
  1. 抱え込まない
  2. 自分が得するか考える
  3. 明確な理由をまとめる
行動編
  1. 断り方のテンプレを知る
  2. できないことはできないと言う
  3. 小さな断りから始める
  4. すぐ断る

具体的に解説します。

思考編①抱え込まない

断るために必要なのは「抱え込まないこと」です。

何でも引き受けて抱え込んでしまうと、仕事が「あなただけの仕事」になってしまいます。そうなると、問題が起きたとき、間違いなく犯人にされます。簡単に言えば、責任を押しつけられるということ。

犯人にされないために、抱え込まない。

なるべく、他の人と協力して仕事するようにしましょう。

思考編②自分が得するか考える

頼みごとをされたとき、自分が得するかを考えましょう。

損するものは、断ってください。

例えば、放課後、友達に「掃除代わりにやっといて」と言われた。このとき断らないと、相手はまた調子に乗って頼んできます。そして、あなたが掃除を代わりにやっても、友達はいつまでも掃除を覚えません。相手のためにならないのです。

「損得感情で動くなんて悪だ」みたいな風潮あるけど、結局、時間を奪われ損するのはあなたです。

相手のために、断ることも大事。自分の成長につながらない。

もっこ

得しない頼みごとはガンガン断りましょう。

思考編③明確な理由をまとめる

頼まれたとき、断る明確な理由をもっていると強いです。

友達の誘いを断るとき「予定があって行けない」と言いますよね。具体的な理由があると、それ以上誘ってきません。

断る明確な理由があれば、自信がつくので、断りやすくなります。

上司から頼まれたとき…

上司

これ、明日までやってほしいんだけど

嘘つきの私

すみません。明日までの仕事が他にもあるので

これなら相手も悪い気はしません。

ただ断るのではなく、具体的な理由をつけて断りましょう。

行動編①断り方のテンプレを知る

断り方のテンプレートをお伝えします。

断り方のテンプレート

謝罪 ⇨ 理由 ⇨ 感謝

具体的には以下のとおり。

「せっかくお願いいただいてるのに、申し訳ございません(謝罪)。実は別の仕事の期限が近くて(理由)、その仕事をできる余裕がありません。また次回誘っていただけると嬉しいです(感謝)。

このテンプレで伝えれば、相手を傷つけずに断ることができます。

もっこ

上の文はだいぶ堅苦しいので、あなたの言葉に置き換えて使ってみてください。

行動編②できないことはできないと言う

できないことはできないと、はっきり言うことが大事です。

できないことを引き受けたとき、以下の最悪ルートに入ります。

できないことを引き受ける

⇨できなくて悩む

⇨時間がかかる

⇨期限に間に合わない

⇨自分も相手も不幸

できないことを無理に引き受けないようにしましょう。

自分だけではなく、相手に迷惑がかかります。

行動編③小さな断りから始める

断るためには、小さな断りからはじめるといいです。

いきなり、全部の頼みごとを断ると、印象が悪くなります。印象悪くなれば、人間関係もうまくいきません。

改善策は「少しずつ断る」こと

1週間で10コお願いしてくる人がいるなら、毎週1コずつ断ってみましょう。

相手が気を悪くしても関係なし。

もっこ

ストレスから自分を守るために、少しずつ断りましょう。

行動編④すぐ断る

断るときはすぐです。

すぐ断らないと、後々断りづらくなる。断るタイミングが遅くなればなるほど、相手は大きなショックを受けることに。

相手のためにも、断るときは早めにしましょう。

面接で「断れない」短所を長所に言い換える方法

面接で「断れない」短所を長所に言いかえる方法を紹介します。

さっそくですが、結論(例文)は以下の通りです。

私の短所は「頼みごとを断れないこと」です。居酒屋でアルバイトをしていたとき、頼まれた仕事を全部引き受けてしまい、やるべき自分の仕事を忘れてしまうことが多々ありました。しかし、自分で仕事に優先順位をつけて「断わるときは断る」を意識したところ、自分の仕事も忘れず、なおかつ、まわりの手助けができるようになりました。入社してからもこの経験をいかし、優先順位をつけて仕事に取り組みたいと考えています。

面接官が知りたいこと

面接官が知りたいのは「短所をどう乗り越えて、どう克服して、うちの会社にどんなメリットをもたらすのか」です。

相手に上記の要素を伝えるためには、

  1. 自分の短所
  2. 具体的エピソード
  3. 短所を克服した経緯
  4. 入社後、どんな社員として働くか

短所を克服し長所に言いかえることで、あなたが優秀な人材だと会社に理解してもらえます。

ぜひ面接で役立ててください!

おわりに:断るには性格まで変える必要ない

ここまで「断れない短所を改善する方法」を紹介しました。

断るために、あなたの性格を変える必要はありません。

ちょっと思考を変えて、テクニックを学ぶだけで十分。

頼み事を断れない。そんな優ししぎるあなたのストレス軽減につながれば嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる