【体験談】人を小馬鹿にする人の末路は地獄!人を見下す人の心理、特徴、対処法を解説!

悩んでいる人

何でいつも小馬鹿にしてくるんだろう。見下してくる態度がクソムカつく。どう接していいかわからない。。。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 人を小馬鹿にする、見下す人の末路
  • なぜ人を小馬鹿にする、見下すのか
  • 人を小馬鹿にする、見下す人への対処法
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私は、ブラック職場経験者の29歳男。前職、私自身が無能すぎて、上司、先輩から毎日のように小馬鹿にされ、そのストレスからうつ病に。でも今は転職して、わりと楽しく働いている。

そんな私が今回「人を小馬鹿にする人の末路」についてお話します。

この記事を読めば、見下してくる人の心理と対処法がわかり、職場でのストレスが軽減するはずです。

私が経験した辛い経験が、あなたのためになれば嬉しいです。

それでは解説していきます。

目次

人を小馬鹿にする、見下す人の末路

人を小馬鹿にしている人は最終的にどうなるのか。

私の前職の上司Nさんと現職の上司Hさんが人を見下し続けた結果「ひどい状態」になったので、これを参考にお話します。

陰で嫌われる

まずは、陰で嫌われます。

  • そんなのもわからないの?
  • お前はポンコ ツなんだから、人一倍勉強しなきゃ
  • だからお前はダメなんだ

こんな人を見下してくるような人と、誰も一緒にいたいと思いません。

その結果、陰で悪口言われるようになります。

徐々に距離をおかれる

陰で悪口を言われ始め、徐々に距離をおかれるようになります。

もっこ

実際私の上司Hさんは、部下の悪口言うし急に大声でキレるヤバい50歳。当然みんなから嫌われて、話かける人もいなくなった。

大人になると、直接悪口言う人はまずいません。

なので、本人が気づかないレベルで静かに距離をおかれはじめます。

最終的に孤立する

そして、最終的には孤立します。

この孤立は一時的なものではなく、定年まで続きます。

なぜなら、距離をおかれることで成長が止まり、職場でいらない存在となるから。

仕事の場合

距離おかれる⇒仕事が減る⇒経験が積めない⇒成長できない

プライベートの場合

距離おかれる⇒周囲との接点が減る⇒コミュ力が向上しない⇒成長できない

一度距離をおかれてしまうと、成長のきっかけがつかめなくなります。

その結果、年齢ばかり重ねることになり、最終的には孤立するのです。

もっこ

やはり周囲に人が集まらない人って、経験上「性格に難あり」の人が多いですよね。

なぜ人を小馬鹿にする、見下すのか

なぜその人は、あなたをバカにするのでしょうか?

それは、以下の3つの心理があるからです。

  1. 周囲に認めてもらいたい
  2. 自分が常に正しいと思っている
  3. 暇すぎてさみしい

おそらく全て当てはまっていることでしょう。

それぞれ具体的に解説していきます。

心理①周囲に認めてもらいたい

周囲に認めてもらいたい人は、人を見下しバカにします。

理由は、見下しバカにすることで、自分の価値を確かめたいから。

バカにする人は、自信満々のように見えて実は劣等感の塊。自分に自信がないので、他人を見下すことで「自分は強いんだ」と感じているワケ。「弱い犬ほどよく吠える」がまさにこれ。

弱いからこそ相手に対し、常に攻撃しなければ不安で夜も眠れない。

自分が強いとわかっていたら、吠える必要ないですから。

人を見下しバカにする人は、周囲に認められたい、承認欲求が強い人です。

心理②自分が常に正しいと思っている

自分が常に正しいと思っている人も、人を見下しバカにします。

他人を平然と見下す人は、「自分は優秀だ」と勘違いしていて、プライドが高く負けず嫌い

常に自分が一番でないと気が済まない性格です。

もっこ

私の職場のNさんは常に自分が正しいと思っているタイプで、私に「俺の言うとおりにしないと一人前にならない」なんて言ってきた。でも私が反論したら、それ以降攻撃されなくなりましたね。

自分が正しいと思っている人は、他人の意見を聞こうとしません。

なので、人を見下しているのです。

心理③暇すぎてさみしい

人を見下しバカにする人は、暇すぎてさみしがり屋が多い。

この件について、林修先生が素晴らしい言葉をおっしゃっています。

人間の関わり方は3通りしかないんです。

忙しい ― 忙しい
忙しい ― 暇   
暇 ― 暇

トラブルが起きるのは、ここだけ(忙しい ―暇)です。こっちは忙しいのに向こうは暇で、こっちに対する攻撃時間はたっぷりある。こんなもの、絶対に負けるんです。だって向こうの方が攻撃時間たっぷりあるんですから。

引用:『林先生が驚く 初耳学!』2018年2月11日放送回より

本当に忙しい人は、他人を見下したりバカにしてる余裕がありません。

しかし、他人を見下しバカにする人は、本当は暇な人が多く、時間をたっぷり使って攻撃してくる。

暇すぎてさみしいから、かまってほしい。

こんな性格の人が、バカにしたり見下したりします。

人を小馬鹿にする、見下す人への対処法

人を小馬鹿にする、見下す人の心理をご紹介しました。

続いては、そんな人間にどう対処したらいいのか、適切な対処法をご紹介します。

  1. できるだけ関わらない
  2. 話は聞き流す
  3. 最終手段は転職

だいぶハードルの高い対処法もありますが、実体験とともに話していきます。

対処法①:できるだけ関わらない

まずは、できるだけ関わらないこと。

人を小馬鹿にするようなタイプの人は、

  • 周囲に認められたい
  • 自分が常に正しい
  • 暇でかまってほしい

関わるだけで、あなたのメンタルと時間がゴリゴリ削られます

ハッキリ注意してもいいかもしれませんが、どうせ聞く耳もたず、性格なんて変わりません。

結論、あなたの方から逃げていくしか方法がない。

「物理的距離をとって、関わらないように過ごす」が、最善の方法です。

対処法②:話を聞き流す

もし関わってきた場合、無理に褒めたり質問したりせず、テキトーに話を聞き流しましょう。

対処法①で話した通り、このタイプは関わるだけ無駄。

さらに無理に褒めてしまうと、話が長くなる可能性もあるし、相手が調子に乗り話しかけてくる可能性も高まる

相手の機嫌を損ねない程度に、テキトーに相づち打つのが一番です。

もっこ

私自身、褒め過ぎたせいで、飲みに誘われるし、映画に誘われるしで、つらい時間を過ごしました。無理に褒めるとろくなことないです。

とにかく「聞き流す」を意識しましょう。

対処法③:職場を変える

①・②を試しても、ストレスが解消されないなら、職場を変えましょう。

いわゆる転職です。

私は①・②を試したけど、結局グチグチ言われ続けて、ストレスはなくならず。毎日、話しかけられるかドキドキして過ごしてました。でも、いざ転職してみると、環境は一変。今は完全にストレスフリーで過ごせています。

人間、 簡単に性格は変わりません

「人を小馬鹿にする、見下す人」は、定年退職するまでその性格。

であれば、もう自分から行動していくしかない。

もっこ

私自身「いつか上司も変わるんじゃないか」と思って4年我慢。さらに上の上司が注意したこともあったけど、それでも変わらなかった。

たしかに転職なんてハードル高いし、年収が落ちるリスクだってある。

でも、年収落ちても健康的に仕事できる方が何より大事

私はそう思います。

あなたとあなたの家族の健康より大事なものなんてないです。

悩んでいる今が、一歩踏み出す最高のタイミングかと。

退職&転職を検討してみるのもありですよ。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる