【暴露】心が弱い人は努力しない?メンタル弱い人にずるいと感じる理由

悩んでいる人

メンタル弱い人って何で努力しないの?こっちは頑張っているのにずるい。。。どうやったら努力させられる?

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • メンタル弱い人にずるいと感じる理由
  • 心が弱い人はなぜ努力しないのか
  • 心が弱い人との付き合い方
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私こそ、心が弱く努力できないクズ人間。怒られても反省するけど改善はせず。いつもまわりに迷惑ばかりかけている感じです…

そんな私が今回「メンタル弱いとなぜ努力できないのか」「メンタル弱い人とどう付き合えば良いのか」を解説します。

この記事を読めば、心の弱い人の心理状況がわかり、努力しない人に対してのストレスがなくなるはずです。

努力しない人目線で、赤裸々に話していきます。

目次

メンタル弱い人がずるいと感じる理由

メンタル弱い人がずるいと感じるのは、甘やかされているからですよね。

メンタル弱いせいで、傷つけないように気を遣って話す必要があるし、仕事ができないから周囲でフォローする必要があったり。

強く注意もできないけど、まわりが気にかけなければいけない。

その周囲を頼ってばかりで「特別扱い」されている感じに、ずるいと思うのは当然です。

心が弱い人はなぜ努力しないのか

心が弱い人が努力しない理由は、中途半端に不幸な状況だから

具体的に解説します。

中途半端に不幸だと努力しない

心が弱い人は、現在ぬるま湯につかっている状態で、努力を必要と感じていません。

例えば、夏休みの宿題が全部残っている。このとき「夏休み残り1ヶ月」と「夏休み残り3日」どちらの方がより頑張るかと言われたら「残り3日」のはず。残り3日だとかなり焦りますよね。

心が弱い人は、特に切羽詰まっているわけではなく、なんとなく不安を抱えている状態。

言ってしまえば、なんとなく生きていけてるワケです。

こんな追い込まれていない状況では、努力なんてしません。

心が弱いからというより、環境が良くないから努力しないのです。

とはいえ、不安を与えすぎてはいけない

環境を変えれば良いといいましたが、不安を与えすぎてはいけません。

なぜなら、心が折れてしまうから

例えば、上司が部下に「この仕事失敗したらクビだからな」とキレた。部下はきっと、失敗しないように仕事を一生懸命やる。でも、何年かしたらつらくて会社を辞めるはず。

まず大前提として、心が弱い人は怒られ耐性がありません。

なので、不安や恐怖を原動力にすると、その場は即座に動くけど長く続かないのです。

努力させるために、 ムチを打つのはナンセンス。

やはり、心の弱い人には特別な対処法が必要です。

もっこ

その特別な対処法については、以下に記載します。

心が弱い人との付き合い方

心が弱い人との付き合い方は、以下の3つです。

  1. 日頃から肯定してあげる
  2. 急かさない、責めない
  3. 伝え方に気をつける

心の弱い私が考える「こうしてほしい」という手法になります。参考程度にご覧ください。

対処法①日頃から肯定してあげる

日頃から肯定してあげることが重要です。

心が弱い人は、相手の気持ちを気にしていて、反発されることを恐れています

なので、常日頃の行動を肯定することで、徐々に主体的に努力できるようになります。

私自身、転職前の会社ではパワハラ上司にあたり、怖くて何もできなかった。でも今はわりと肯定的な上司なので、自分から意見を言えている。ストレスも圧倒的に少なくなった。

わざと「肯定」という言葉にしたのは、「過剰に褒めろ」なんて話ではないから。

「助かった」「ありがとう」などのカンタンな言葉でOK。

小さな言葉の積み重ねをしていけば、将来的に努力できる人になるはずです。

対処法②急かさない、責めない

2つ目は、急かさない、責めないことです。

心の弱い人は、普通の人に比べて圧倒的に怖がり。相手に怒られないことばかりを考えているので、慎重に確実に仕事をしているケースが多いです。

なので、急かしたり責めたりすると、萎縮してしまってさらに行動が遅くなり、努力させる以前の問題になってしまいます。

心の弱い人がいたら、急かしたり責めたりしないこと。

その人のペースでやらせてあげてください。

もちろん、迷惑がかかるくらい遅すぎるのであれば、即対処すべき。

このあたりは、仕事が遅い人はずるい!仕事が遅い人が最強な理由と対処法を徹底解説!で解説しているので、そちらをご覧ください。

対処法③伝え方に気をつける

3つ目は、伝え方に気をつけること。

あなた自身が普通と思っていても、相手にとってはキツい言葉がいくつもあります。

もっこ

私がブラック企業時代に辛かったのは、上司に質問するとまず「いやだからさ・・」から入るところ。否定から入られると心が折れてしまって、その後から話しかけづらくなる。その結果、ホウレンソウができず、またキレられて負の連鎖。みたいな状況がかなりキツかった。

心が弱い人は怒られると簡単に心が折れてしまうので、伝え方には注意が必要。

伝え方が優しくなれば、努力する可能性がでてきます。

どうしてもイライラするなら即行動

上の対処法を試しても、相手はいつまでたっても努力しない。

こんな状況なら、あなた自身が変わるしかありません

なぜなら、相手を変えることはほぼ不可能に近いから。

今までの人生で「注意して性格が180 度変わった!」なんて人見たことがあるでしょうか。ほとんどないはずです。遅刻癖のあるヤツは、どれだけ注意してもまたやらかす。仕事できないヤツにキレても、仕事が早くなったりしない。

あなた自身に相手を変える力はそんなにないのです。であれば、あなた自身が変わるしかない。

変わる方法は2つ

変わる方法は2つで「イライラしないように努力する」か「その場から離れる」です。

心が弱い人 は本人が変わろうとするまで、いつまでも心が弱いまま。

「こんなヤツに使う時間が無駄」と考えれば、過剰にイライラしなくなります。

「一緒にいるのが無理」と思えば転職するなりして、心が弱い人がいない場所にいけばいいのです。

もっこ

「心が弱いヤツのために何で俺が」という気持ちは非常によくわかりますが、私はあなたの貴重な時間や感情を「そんなヤツ」のために使うことの方がもったいないと思います。

相手を変えることばかり考えず、ぜひ一 度自分を変えることも考えてみてください。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる