【本音】優秀な人はなぜ見切りが早い?3つの理由と辞めるサインを紹介!

悩んでいる人

優秀な人からどんどん辞めていく…。優秀な人って、何で見切りが早いの?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 優秀な人が見切りが早い理由
  • 優秀な人が辞める原因
  • 優秀な人が辞めるサイン
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私が退職するきっかけとなったこと。それが、優秀な部長、上司、先輩、同期の連鎖退職でした。この4人が半年以内に退職したので、さすがにヤバいと思い転職しました。あの時辞めてなかったらと思うとゾッとします。

今回は辞めた先輩、同期と私の実体験をもとに「優秀な人ほど見切りが早い理由」をご紹介します。

この記事を読めば、優秀な人が離れていく職場に未来がないことがわかるはず。

記事後半では、優秀な人が辞める原因と辞めた後の話もしますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

優秀な人が見切りが早い理由

優秀な人ほど見切りが早い理由を3つにまとめました。

理由は様々あると思いますが、主にこの3つかと。

  1. 予測力が高い
  2. 変化を恐れない
  3. 危機管理能力が高い

それぞれ順番に紹介していきます。

理由①:予測力が高い

優秀な人ほど予測力が高いので、すぐ辞めてしまいます。

なぜなら、優秀な人ほど”先を考えて”行動しているから。

仕事において普通の人は、上司から言われたことだけを忠実にこなす。10言えば10返すような感じ。一方、優秀な人は、上司に言われたことに付加価値をつけて成果。10言えば15返すような仕事をします。

「この会社は今後こうなるだろう」と予測しているので「この会社じゃ無理」と判断すれば、即転職を決意するというワケ。

それに、優秀な人ほど転職先はすぐ決まるので、余計に「見切りが早い」と感じるのでしょう。

理由②:変化を恐れない

優秀な人ほど変化を恐れないので、すぐに次の会社に行ってしまいます。

現状維持バイアスといって、人間は未知の経験や変化を避け「現状が一番」と考えてしまう心理を持ってる。

例えば、

  • 知らないからリモートワークを導入しない
  • 転職をしたいと思っても転職に踏み出せない
  • いつも同じアーティストの曲ばかり聴いてしまう

一方、優秀な人は変化を恐れず、新しいことにチャレンジしていき、成功を勝ち取って昇進していきます。

たしかに現状維持は短期的にリスク回避できるので、安定した結果を残せる。

しかし、変化していかないと周囲から少しずつ後れをとっていき、長期的には優秀な人と差が広がってしまう

優秀な人ほど、転職することで新しい経験が得られると考えるので、成長できない企業と判断したら即転職していくのです。

理由③:危機管理能力が高い

優秀な人ほど、危機管理能力が高いので、見切りが早いです。

例えば、

  • 人事評価が適正ではない
  • 優秀な人に仕事が偏っている
  • 何しても提案が通らない

こんな職場であれば、優秀な人は危険を感じてすぐに転職を考えます。

実際私の職場は「サービス残業当たり前」「暴力暴言は日常茶飯事」こんなブラッ ク職場でしたが、なかなか転職に踏み切れず。結局、転職に踏み切れたのは、職場の異常を感じてから約2年後でした。

優秀な人であれば、リスクを考えながら早めに転職活動を開始。

じっくり企業を吟味して転職していきます。

危機管理能力が高く、かつ行動力があるからこそ、気づいたら退職なんてことになるのです。

優秀な人が辞める原因

優秀な人が辞める理由について5つご紹介します。

  1. 社風に共感できない
  2. 管理業務が多すぎる
  3. 業務量が多いのに、給料が安い
  4. 正当な評価がされない
  5. 尊敬できる人がいない

私の転職のきっかけは、憧れていた先輩の退職。

その先輩の営業成績は常に上位。みんなから慕われていた素敵な人でした。

そんな退職した先輩の話をもとに「優秀な人がなぜ会社を見限ったのか」についてお話します。

詳細は、【暴露】優秀な人が辞める5つの理由と連鎖退職を止める方法を解説!をご覧ください。

もっこ

嘘偽りない若手の生の声を吐き出してます。

優秀な人が辞めるサイン

優秀な人が辞めるサインは、とてもシンプル。

  1. 愚痴を言わない
  2. 自分から意見しない
  3. 態度が変わる

おとなしくて良い若手ほど、退職する可能性が高いです。

理由について、以下の記事で徹底解説してます。

コメント

コメントする

目次
閉じる