【真実】いちいち聞かないと教えてくれない3つの理由と2つの対処法

悩んでいる人

いちいち聞かないと教えてくれない上司って何なの?部下にはもっと丁寧に教えてほしい。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 仕事をいちいち聞かないと教えてくれない理由
  • 教えてくれない場合の対処法
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私は、転職経験アリの28歳(社会人6年目)。部署異動や転職でいろんな上司と関わってきた。その上司全員に共通するのが、聞かないと仕事を教えてくれないということ。

そんな私が今回、「聞かないと教えてくれない本当の理由」と「教えてくれない場合の対処法」をご紹介します。

「聞かないと教えてくれない本当の理由」については、直接上司に聞いてきたので間違いないかと。

この記事を読めば、上司が何を考えているかがわかりますので、参考になさってください。

それではいきましょう。

目次

仕事をいちいち聞かないと教えてくれない理由

仕事を教えてくれない理由は3つあります。

  1. 教育の世代ギャップ
  2. 責任を取りたくない
  3. 単純に忙しい

私が思う真実は「①教育の世代ギャップ」になります。

他の②、③は見流す程度でご覧ください。

それぞれ具体的に解説していきます。

理由①:教育の世代ギャップ

仕事を聞かないと教えてくれない理由は、教育の世代ギャップ。

要は、教育に対して、上司と部下で全く考えが違うからです。

上司は「見て覚えろ」で育った

私が上司に「なぜ聞かないと教えてくれないのか」と質問したら、こう言われた。

上司

俺は、俺が若い時されてきた指導しかできない。

この言葉で「聞かないと教えてくれない謎」がやっと解けた。

上司世代(40、50代)の人は、さらに上の60、70代の人から指導されてきた。その 60、70代の考えは、職人のような厳しい指導論が多い。だから、上司は「技術は見て覚えろ」と部下に指導する。

「言わないから見て覚えろ」の指導を私たち若手にやっているのです。

上司と部下では思考が違う

昭和生まれと平成生まれでは、生きてきた時代が違うので思考だって全然違う。

例えば、仕事で言うと、

  • 上司:家族のためにガンガン残業して金を稼ごう!
  • 部下:プライベートの充実があってこそ仕事もうまくいく!

部下は上司と根本から思考が違うので、古くさい指導法をすんなり受け入れるはずがない

だから「聞かないと教えない」に部下は嫌悪感を感じる。

もっこ

結局、上司は「俺が若い時はキツい指導受けた。だからお前も同じ指導を受けろ」理論なワケです。上司が原因というより、その上の世代が原因。これが真実かと。

理由②:責任を取りたくない

聞かないと教えてくれない理由として、責任を取りたくないケースもあります。

上司はたいてい、養わないといけない大事な家庭がある。そんな上司にとって、ミスは命取り。減給や左遷など、大事な家庭にマイナス影響してくるから。

自分が教えたことが仮に間違っていれば、自分の責任になる。

でも、何も教えず勝手に部下がミスしたら部下のせいにできる

自分自身を守るため、上司は聞かれないと教えないスタンスなのです。

理由③:単純に忙しい

聞かないと教えてくれないのは、単純に忙しい可能性も。

普通、役職が上がれば現場業務から離れるので、そんなに忙しくないはず。

しかし、ブラック職場の場合は上司にも大量の業務がくるので、自分のことで手一杯。部下の教育なんてしている暇がないというワケ。

こちらはかなりレアケースかなと思います。

教えてくれない場合の対処法

次に、教えてくれない場合の対処法を2つご紹介します。

上司に「ちゃんと仕事教えてほしいですけど」なんて言えないと

  1. 準備してから質問する
  2. とにかく勉強する

それぞれ具体的に解説します。

対処法①:準備してから質問する

教えてくれないとはいえ、上司に聞かなければならないことは絶対にある。

そんな時「準備してから質問する」を意識するといいです。

準備を具体的に言うと、

  • 質問の要点をまとめておく
  • 可能な限り自分で調べる
  • 自分の意見を考えておく

上司の時間を奪わないように質問内容を決めておき、答えに近づく努力をして「ここまでやりました!」という状態で質問しましょう。

すると、上司も頑張りを認めて、優しく教えてくれるはずです。

対処法②:とにかく勉強する

2つ目は、とにかく勉強すること。

「教えてくれないから成長できない」と言っていては、いつまでたってもストレスは消えません。

上司が教えてくれなくても、自分から学びにいく主体性、積極性が大切。その頑張ってる姿を見れば、上司も教えてくれるようになるかもしれないから。

たしかに「そもそも上司が教育しろよ」って話ですが、現状にうだうだ言ったところで何も変わらない。

上司はムカつくけど、結局自分が変わるしかないのです。

聞いても教えてくれないなら逃げ出すしかない

もし対処法を試しても、気持ちよく教えてくれなかったら逃げ出す。

いわゆる転職は、大いにアリです。

もっこ

私自身、上司にムカつき始めたのが新卒2年目。そこから転職するまでの2年間、「いつか環境は良くなる」と謎の根拠で何も行動しなかった。そのせいで、何も状況が変わらない無駄な2年を過ごした。今思えば、もっと早く逃げ出していればと後悔してる。

はっきり言うと、上司の性格はいつまで待っても変わりません

なので、不本意ですが勇気を出して逃げ出すしかないのです。

たしかに転職は、年収下がるリスクがある。でも、イヤな環境で仕事するより、少し年収下がっても良い環境で仕事した方が幸せだと思う。

この記事をきっかけに、転職じゃなくても転職活動くらいはするべきです。

転職活動は無料かつノーリスクなので。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる