仕事のミスは気づかないふりでもいい!ミスを隠す基準とうまく報告するコツ

悩んでいる人

仕事でミスしたけど、隠してしまった。やっぱり正直に言った方がいい?気づかないふりでもいい?

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 【大前提】仕事のミスは気づかないふりでもいい
  • 気づかないふりをしていい基準
  • 上司にミスをうまく報告するコツ
  • 仕事のミスはあなたのせいではない
  • この記事を書いてる人

社会人6年目の私。6年経っても毎日のようにミスしているし、ミスに気づかないふりなんて当たり前。私自信の基準に従って、罪悪感なく嘘をつきミスを隠しています。

そんな私ですが、別に職場からの評価が低いわけではありません。

今回は「仕事でのミスを隠していいのか」「隠して良いミスの基準」をご紹介。

この記事を読めば、ミスを隠すことにストレスを感じなくなるはず

ぜひ最後までご覧ください。

目次

【大前提】仕事のミスは気づかないふりでもいい!

まず大前提ですが、ミスに対して気づかないふりで全然OK。

理由は、嘘つくことが自然なことだからです。

例えば、ハゲてるおっさんがいる。そのおっさんに「今日はいつもよりハゲてますね」なんて言わないですよね。言ったら絶対に嫌われます。

人間はコミュニケー ションを円滑に行うため、当然のように嘘をつきます。

つまり、ミスを隠すのは相手に嫌われないために行う自然な行為です。

たしかに嘘をつきすぎるのは誠実ではないかもしれません。ただ、嘘で自分を守っていかないとメンタルがやられるので「気づかないふり」にそこまで罪悪感を感じる必要ないかと。

逆に、嘘つかないなんて協調性ない証拠だと思います。

もっこ

きっと、あなたは誠実で優しすぎる性格のはず。「ミスを隠してもいい」という逃げ道を作ってあげてください。そうすれば、ストレス軽減につながります。

気づかないふりをしていい基準

とはいえ、何でもかんでも気づかないふりして、ミスを隠していいわけではありません。

今回は、私自身が使っている「気づかないふりをしていい基準」をご紹介します。

その基準とは「仕事の本質に関わってくるか」ということです。

例えば、社内プレゼン前日。「A3で資料を作れ」と言われていたのに、A4で作ったことに気づく。急いでプレゼン資料を修正。何とか資料は間に合ったが、修正に時間がかかったせいで発表は微妙に終わった。私の場合、資料の修正はせず発表に専念します。なぜなら、この話で言う本質は「プレゼンを成功させること」だから。

本質に関わらないことは、無駄なことです。

無駄なことばかりに時間を取られると、成功するものも成功しません。

もっこ

上記の例で言えば、私は直前になって「あ。資料A3なの忘れてました。すみません。でもこのままプレゼンさせてください」と気づかなかったふりして言います。

本質を考えてから仕事をすることで、無駄な作業が減って効率的に仕事できる

それに、本質をつくようにすれば、大きな失敗はしなくなる。

今やっている仕事の本質、目的は何なのか。

走り出す前に考えるのがいいかもしれません。

関連記事:【解決】新人が仕事できないのはいつまで?ミスを減らす方法を紹介!

上司にミスをうまく報告するコツ

次に、仮に上司にミスを報告することになった際に使えるコツを3つご紹介します。

  1. 低姿勢で頭を深く下げる
  2. ミスした経緯を整理する
  3. 自分なりの考えを話す

それぞれ具体的に解説します。

コツ①:低姿勢で頭を深く下げる

まずは、低姿勢で頭を深く下げること。

「メラビアンの法則」をご存じでしょうか。メラビアンの法則とは、コミュニケーションにおいて「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」とい割合で影響していることを示した心理学の法則。

要するに「何を話しているか(言語情報)」ではなく「どんな態度で話しているか(視覚情報)」が重要だということ。

言葉で「すみません」と言っていても不機嫌に言ったら意味がありません。

謝る前に、しっかりと頭を下げて言うようにしましょう。

この工夫をするだけで、謝罪の気持ちがより伝わるようになります。

コツ②:ミスした経緯を整理する

次に、ミスした経緯を整理しておきましょう。

ミスした経緯が説明できないと、何が原因で起こったのかが上司はわかりません

実際私は、経緯を整理せず慌ててミスを報告。時系列ぐちゃぐちゃに説明してしまい、上司をイライラさせることが今でもあります。

たしかに経緯を整理するために報告が遅れるのはよくありません。

なのでミスを報告する前、一旦冷静になってから報告するようにしましょう。

もっこ

それと、当たり前ですが事実を話すように。嘘つくと問題がどんどん大きくなって、後々後悔するのは自分なので。

コツ③:自分なりの考えを話す

最後に、必ず自分なりの考えを話すこと。

上司によく言われるのは「お前はどうしたいんだ」という言葉。

部下に「1人で解決する能力」を身につけさせるため、たいていの上司は「今後の方針」を聞いてきます。

ここで答えられないと、成長できないですし、何より上司が不機嫌になるので気まずくなります。

経緯を整理した後は、今後の方針について自分の考えを話すようにしましょう。

もっこ

答え次第では、ミスを挽回できるかもしれません。

仕事のミスはあなたのせいではない

最後に、仕事のミスはあなただけのせいではありません。

なぜなら、ミスの原因は無数にあるから

ミスの原因は、単純な能力不足など内的要因だけでなく、上司の指導が悪いなどの外的要因の可能性があります。

前職は、私自身ミスしまくり。毎日のように上司にキレられてたし、陰で蹴られてました。こんな上司の指導で、ミスなんて減らせるわけない。

上司が怖くて報告できないなんて当然だし、ミスを隠すのも当然です。

ミスをうまく隠しつつ、精神的に安定した生活を送りましょう。

給料より、あなたの健康が第一です。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる