だらだら残業がむかつく!仕事ないのに残業する人の心理と3つの対処法

悩んでいる人

仕事ないクセに遅くまで残ってダラダラ残業するやつが超ムカつく。マジで迷惑だから早く帰ってほしい。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 仕事ないのにだらだら残業する人の心理
  • 仕事ないのにだらだら残業する人への対処法
  • 最終手段は〇〇
  • この記事を書いてる人

以前「サービス残業当たり前」「日常的に暴力」というクソブラック企業にいて、仕事もないくせに残業してペチャクチャ喋ってる大人を何人も見てきました。

私はサービス残業で、その人は残業つけてると知った時はクソムカつきましたね。

今回は、実体験をもとに「仕事ないのにだらだら残業する人の心理と対処法」をご紹介します。

この記事を読めば、きっと無駄な残業してる人を見てもイライラしなくなるはず

最終手段も書いたので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事ないのにだらだら残業する人の心理

仕事ないのに残業するorだらだら残業する人の心理は、以下の3パターンあります。

  1. 残業代がほしい
  2. 何も考えていない
  3. 家に帰りたくない

それぞれ順に解説していきます。

心理①:残業代がほしい

仕事ないのにだらだら残業する理由は、残業代がほしいから。

この理由が8割かなと感じてます。

転職前も後も、おじさんによく言われるのが「家族のために残業頑張らなきゃね」優しい人でも悪気なく平気で言ってきます。今は慣れたけど、最初聞いたときはドン引きでした。

おじさんおばさん世代は「生活残業」と言われてたくらい、残業が当たり前の環境で育ってきた。

そして、財布を管理してる奥さんにも残業代込みの月給を教えている。

要するに、上司世代はもう残業代なしでは生きられない体なんですね。

だから、仕事がなくてもだらだら残業して、残業代を稼ぐというワケ。

補足:だらだら残業は公務員に多い

民間企業と官公庁の営業をやってた私からすると、だらだら残業は公務員に多い印象。

民間企業って残業代払いすぎると潰れるから、残業代削減に熱心。

でも、公務員の残業代は税金で、払いすぎても潰れないんで残業が減らない

もっこ

口では「残業代削減」言ってるけど、夜遅くまでだらだら残ってる印象ですね。

心理②:何も考えていない

仕事しないのにだらだら残業する理由は、何も考えていないから。

普通の人間は、注意されたら直そうと努力する。

でも、だらだら残業の人はそうではありません。

周りの空気が読めず、何も考えてない

「自分の残業で職場が困ってる」なんて気づかないし、「注意されたから直そう」という常識が欠落してる。強いて言えば、自分のことしか考えてないので、仕事ないくせにだらだら残業するんです。

正直、まともな人間だと思って接するだけ損。

注意するだけ時間の無駄なので、今すぐやめましょう。

心理③:家に帰りたくない

仕事しないのにだらだら残業する理由は、家に帰りたくないから。

これはおじさんに多いパターンで、家庭内での肩身がせまく、家に帰りづらい

実際私の職場でも、子供から嫌がられるから、朝は一番早く来るし、夜は一番遅く帰るなんて方がいました。家にいなくてい いしお金もらえるんだから、本人にとって残業は最高の暇つぶしなんでしょうね。

とはいえ、仕事ないのに残業するのは最低な行為。

だらだら残業してるおじさんがいたら、家に帰れない嫌われ者かもしれません。

だらだら残業をする人への対処法

だらだら残業する人への対処法は以下の3つです。

  1. 無視
  2. 上司に相談
  3. 仕事をお願いされたら断る

原則は「無視」でいきましょう

私の職場に、だらだら残業するおじいちゃんがいて、どれだけ注意しても残業やめず、職場全員から嫌われてましたね。

この状況からわかるように、人間って注意しても簡単に変わりません。

変わらないんだから、関わる必要なし。

無視すれば、無能と関わる時間も減るし、イライラすることもない

原則、無視でいいと思います。

もしダメなら他の2つを実践してください。

詳細については、仕事しない人、仕事サボる人の末路とは?特徴、原因、対処法を解説!で解説してます。

最終手段は転職

最終手段は転職するのもアリ。

だらだら残業は周囲に伝染します

以前の職場で、だらだら残業する人が増え続け、社内で問題になった。問題を解決するため、会社はタイムカードと残業報告書を導入。しかし、だらだら残業は減らなかった。

残業する人が多いってことは、会社の人手不足や業務量過多などが考えられ、あまり良い状況ではありません。

業務効率化を考えていない会社なら、業績悪化、退職ラッシュ、過労死も将来的にありえます。

そんな会社にしがみつかず、転職も視野に入れてみましょう。

実際私も会社の将来が不安に感じたのが、新卒2年目の春。そこからだらだら過ごしてしまい、転職するまで結局2年かかりました。今思い返せば、あの2年ほんとに無駄だった。

不安な状況を脱出するには、行動あるのみです。

「転職はさすがに…」という人は、転職せずに転職活動だけでもアリ。

もっこ

転職はリスクあるけど、転職活動は無料で暇なときにできるので。転職先を考えるだけでも視野が広がるので、わりとオススメですよ。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次