【真実】部下に嫌われているサイン3選と部下に好かれるコツ3選

悩んでいる人

部下に嫌われている気がする……。嫌われてるサインって何かあるの?

こういった悩みに 答えます。

本記事の内容
  • 部下に嫌われているサイン3選
  • 部下に好かれるコツ3選
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私は、以前ブラック企業に4年勤務。若手から陰で悪口を言われている上司を何人も見てきました(もちろん、上司自身は嫌われていると気づいていない様子)。

そんな劣悪職場を経験してきた私が「若手が嫌いな上司の特徴」 をご紹介。

そして記事後半では「部下に好かれるとっておきのコツ」もご紹介します。

この記事を読みコツを実践すれば、若手から好かれるようになるはず。

ぜひ最後までご覧くだ さい。

目次

部下に嫌われているサイン【3選】

部下に嫌われているサインを3つご紹介します。

結論いうと、以下のとおり。

  1. 態度がそっけない
  2. プライベートな話をしてこない
  3. 自分の意見を言わない

それぞれ具体的にお話します。

サイン①:態度がそっけない

態度がそっけないのは、ほぼ間違いなく嫌われています。

部下の立場になればわかりますが、嫌いな上司とは極力話したくありません

当然、話す時間は短くなるし、声も小さくなります。

実際私は嫌いな上司と話す時は、早めに話切り上げてました。話が盛り上がりそうになると「電話しなきゃなので」と嘘ついてその場から逃げてました。

もし好きな上司なら、話は長くなるし部下から雑談をしてきたりします。

そっけない態度を取られていれば、嫌われている証拠。

上司側が何か変わらない限り、永遠に嫌われ続けるでしょう。

サイン②:プライベートな話をしてこない

プライベートな話をしてこないのも、嫌われている証拠です。

誰でも、嫌いな人に「本当の自分」を知られたくありません

知られたくないので、話をそらしたり、話が盛り上がらないように嘘ついたりします。

私自身、上司に「休みの日、何してるの?」と聞かれて「ほとんど寝てます」と嘘ついてました。不用意に映画好きとか、キャンプ好きとか言って、誘われたら嫌ですからね。

どんな若手でも、上司からの質問に無視はできません。何かしらは答えます。

やはり重要なのは、部下から話すかどうかということ。

嫌いな上司に部下からプライベートな話はしません。

もっこ

会話できてるからと言って、部下と仲が良いと勘違いしない方がいいですよ。

サイン③:自分の意見を言わない

上司嫌いだと、部下は自分の意見を言いません。

なぜなら、嫌いな上司に反抗しようと思わないから

相手に勝てないとわかっていて、わざわざ反抗する部下はいません。

となると、自然と上司に意見を言わなくなります。

もっこ

実際私も、嫌いな上司に対してあまり自分の意見は言わず「はい。わかりました。」とばかり言ってましたね。

文句を言わない部下だから大丈夫なわけではありません。

むしろ文句言わないのは、上司に悟られないようにするためかもしれません。

部下に好かれるコツ【3選】

次に、部下から好かれるコツをご紹介します。

結論言うと、以下の3つが効果的です。

  1. 頑張りを認めてあげる
  2. 長話しない
  3. 自分から一歩踏み出す

それぞれ具体的に解説します。

コツ①:頑張りを認めてあげる

まずは、素直に頑張りを認めてあげることです。

内閣府の調査によると、近年、もの(お金等)を求める時代から心(やりがい等)を求める時代に変わってきています。

  • 平成20年のデータなので、今はもっと差が顕著かもしれません。
引用元:厚生労働省「平成20年版 労働経済の分析」

要するに、「残業して稼ぎたい、昇進したい」より「楽しく仕事したい、頑張っ てる姿を認めてほしい」という気持ちが部下は強いということ。

部下は「よく頑張ったな」という上司からの一言がほしい。

その一言で、報われたような気持ちになります。

そっけないのは信頼してない証拠

仮に褒めているけど、そっけない態度を取られるのであれば、それは信頼されてない証拠。

信頼してない上司からの褒め言葉なんて心に響きませんから。

この場合は、負けずに根気強く承認の言葉をかけていくしかありません。

信頼を失うのは一瞬ですが、得るには積み重ねが大事。

もっこ

承認を求めている部下を素直に認めてあげましょう。

コツ②:長話しない

次に、長話しないこと。

理由は、部下は仕事もプライベートも超忙しいから

年齢が上がると、仕事は現場から管理メインになるし、子供も大きくなって手がかからなくなる。一方、部下はというと、細かく膨大な現場業務に追われ、毎日疲弊。そのストレスを発散するため、家で趣味に没頭したり、休日は友達と朝まで遊んだりします。

要するに、部下はひどく忙しいんで、上司の長話を聞いていられないんです。

もちろん、簡潔に話してるのに聞かない部下がいれば、圧倒的に部下が悪い。

でも、話が長いせいで聞いていないのであれば、上司も悪いです。

もっこ

忙しい部下のため、簡潔に短く話すことを意識すれば、部下のそっけない態度も変わるかもしれません。

コツ③:自分から一歩踏み出す

自分から一歩踏み出すことも重要。

詳しく言うと、あまり部下の個人情報を聞き出そうとしないことです。

例えば、顔見知り程度の友人にいきなり「誕生日プレゼントくれ」と言われてプレゼントしますか?誰だって不審に思うはず。でも、今年プレゼントもらった友人なら、お返しにとプレゼント返しますよね。これ、部下との会話でも全く一緒です。

「家どこ?」「彼女いるの?」なんて聞いてばかりだと、部下は苦手意識を持ちます。

「何で仲良くない人に俺のことばかり話さなきゃならないんだよ」と思うから。

大切なのは、あなた自身が自分の情報を出していくこと。

「俺、○○が趣味なんだよね」とか「昔、こんな失敗したんだよね」とか。

先にプレゼントを渡さないと、相手はプレゼント渡さないので信頼されません。

あまり部下を質問攻めにせず、自分から歩み寄るのが重要です。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる