【暴露】公務員から民間は正直きつい!その理由を転職経験者が徹底考察!

悩んでいる人

正直に聞くけど、公務員から民間ってきついの?ネットで調べても「厳しい」って書いてあるんだけど。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 公務員から民間がきつい理由
  • 民間へ転職する前にやるべきこと
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私は、民間企業300社と国、県、市を担当していた営業マン。雑談をする中で、民間の表と裏、公務員の 表と裏を誰よりも見てきた自信があります。

そんな私が、今回「公務員⇒民間はきつい理由と対処法」を考察していきます。

この記事を読めば、転職前に民間の職場の雰囲気がわかり、後悔しない人生選択のサポートとなるはず

「同じ社会人だし、そんな変わらないでしょ」と思った方は、ぜひご覧ください。

公務員と民間の違いを赤裸々に語ります。

目次

公務員から民間がきつい理由

結論言うと、公務員から民間はかなりきついです。

正直、民間から公務員よりも全然きつい。

理由は以下のとおり。

  1. 仕事が遅すぎる
  2. コストに対する意識が低い
  3. 態度が大きい

先に断っておきますが、全ての公務員がきついわけじゃないし、公務員を批判してるわけじゃありません。

公務員でも部署や本人の性格によって大丈夫な場合もあります。ただ、ほとんどの場合きついかなと。

理由を徹底考察していきます。

理由①:仕事が遅すぎる

たいていの公務員は仕事が遅いので、民間でかなり苦労します。

民間はスピード重視

民間企業は性質上、常に仕事にスピードが求められる

民間企業の目的は、利益を出すこと。利益を出すためには、売上アップが考えられる。売上アップには、とにかく速く行動して、お金を稼がなければならない。

だから、民間はスピード重視。

公務員は正確さ重視

一方、公務員は「スピード」より「正確さ」が求められます。

公務員は、国民のため正しく税金を使うのが仕事なので。

性質上、正確さを求められるゆえに時間のかかる仕事が多く、スピード感を求められない。

公務員は民間のスピードについていけない

この性質のせいで、公務員は民間に転職するとスピード感についていけない。

もっこ

営業先で「民間から公務員に転職した人」が何人かいましたが、みんな「公務員ってほんと仕事遅い」って言ってましたね。

たしかに公務員も、仕事によってスピード感必要な部署もあるけど、基本はゆったりペース。

このスピード感のギャップは、民間にいくとかなりきつく感じるかと思います。

理由②:コストに対する意識が低い

公務員はコストに対する意識が低いので、民間にいくと苦労します。

民間はコスト削減に必死

前述したとおり、民間の目的は、利益を出すこと。

そして、利益を出すためには「売上アップ」以外に「コスト削減」があります。

コスト削減とは、ペーパーレス化して紙の印刷費を減らしたり、システムを導入して作業時間を減らしたりすること。

民間企業は、利益を最大化するためコスト削減に積極的に取り組みます

公務員はコストに無関心

一方、公務員は、コスト削減には積極的じゃない。

だって、コストは全て税金だから

以前営業で県庁を訪ねたとき、ある上司が部下に「子供生まれたから、残業代稼がなきゃね」と一言。サービス残業で苦しんでる私にとって、耳を疑う言葉でした。

民間企業は利益が出ないと会社を存続できないから、コスト削減に積極的。

一方、公務員はぶっちゃけ税金だから、コストに対する意識がものすごく低い。

「公務員が税金を無駄遣いしてる!」なんて批判ではありません。税金は国民のためにしっかり管理、執行しています。ただ、自分自身に関わるコストへの意識がかなり低いってだけ。

公務員はコストへの意識の差に苦しむ

だからこそ、公務員が民間に転職すると「コスト」に対する意識の差に苦しみます。

例えば、上司に

  • 残業減らして、もっと効率的に仕事しろ
  • コスト削減のいい方法がないか考えろ

と言われてすぐ実行できないですよね。なぜなら、普段から考えている訳じゃないから。

もっこ

公務員が民間に転職すると、コスト削減の思考が身についてないので、ギャップでかなり苦労します。

理由③:態度が大きい

公務員は態度が大きい人がいるので、民間に行くとコテンパンにされます。

  • この3つ目は参考程度に。当てはまる人はごく一部なので。

民間は謙虚さを求められる

民間企業は、わりと謙虚さが求められる。

理由は、仕事の相手が「お客様」だから。

民間企業の目的は、利益を出すこと。そして、利益(お金)をくれるのは、お客様。お客様の満足するサービスを提供しないと、お金はもらえません。

ゆえに、仕事を受ける側である民間は、常に謙虚な傾向があります。

公務員は謙虚でなくてもいい

一方、公務員はというと、謙虚でなくてもいい。

なぜなら、仕事の相手は基本「お客様ではない」から。

公務員は性質上、仕事を任せる側(発注者)である場合が多い。つまり、割と上の立場であることが多いということ。

公務員は謙虚さがいらないので、態度が大きい人がたまにいます。

もっこ

以前、市役所に営業で行ったときビックリしたんですが、一人称が「俺」だったんですよね。社会人かつ職場で、一人称が「私」じゃないなんて。営業の私としては衝撃でした。

態度がデカいと嫌われる

プライド高く態度がデカいと、職場で確実に嫌われる。

たしかに、公務員でも、住民の方メインに対応されてる方は、謙虚だし言葉遣いも丁寧。やはり部署によっては、謙虚な人もいる。

とはいえ、前述したとおり、公務員は謙虚さに欠ける人が多いので注意が必要。

謙虚さに加え、礼儀やマナーができていないと、民間では嫌われるし上司にキレられます。

民間に転職する前にやるべきこと

民間に転職する前にやるべきことは、以下の3つです。

  1. 仕事のスピードを意識する
  2. 仕事の効率を意識する
  3. 公務員プライドを捨てる

順番に解説します。

その①:仕事のスピードを意識する

仕事のスピードを意識しましょう。

前述したとおり、公務員の仕事スピードでは民間についていけません。

スピードをあげるコツとしては、

  • 簡潔に結論 から話す
  • 会議は最大で1時間
  • 優先順位をつけて実行する

この3つを意識するだけで仕事は速くなります。

>>社会人一年目で仕事できない人へ!仕事ができる人になるコツを解説!

その②:仕事の効率を意識する

仕事の効率を意識しましょう。

公務員だとゆったりと確実にこなす仕事が多いので、効率化を考える機会に出会いません

なので、意識的に「効率化」を考える必要がある。

毎日やってる業務を見直し、改善できる仕事がないか考えてみましょう。

例えば、

  • 課長補佐+課長の2人にまとめて話す
  • 依頼文は誰かのをパクる
  • 何度もコピーする資料はデータ化する

少し工夫するだけで、業務時間を捻出でき、効率良い業務ができます。

この思考が身についていると、民間でも怖いものなしです。

その③:公務員プライドを捨てる

公務員プライドを捨てましょう。

公務員っていうだけで偉くなったように感じる人が多い。

偉そうで態度デカい人と仕事したい人はいません

プライドを捨てて、謙虚になりましょう。

具体的なおすすめ行動は以下のとおり。

  • 誰に対しても敬語を使う
  • 一人称は「私」にする
  • 常に相手の要望を想像して対応する

このあたりを注意すれば、威圧的な雰囲気がなくなるので、民間でも浮かずに仕事できるかと。

謙虚さは武器だと思って、今のうちから練習しておくのがいいかもしれません。

深く考えず民間転職はアリ

今回は「公務員から民間はきつい理由と対処法」をご紹介しました。

正直、公務員から民間はきついけど、転職はめっちゃアリです。

なぜなら、公務員だけしか経験せず定年を迎えるのはもったいないから

公務員って全雇用者のうち約10%しかいない。あなたの周りは公務員だらけだけど、全国的に見れば、公務員の方が圧倒的に少数派なんですね。

今の狭い職場の常識にとらわれず、転職して広い視野を手に入れた方が人生楽しいんじゃないかと。

もちろん転職未経験者を批判しているわけではありません。

ただ単に、転職した方が面白い人生になるんじゃないかなと感じるだけ。

もし現状に満足いってないなら、転職活動を始めるのは全然アリだと思います。

もっこ

転職はリスクあるけど、転職活動はノーリスクでできますよ。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる