自分のことしか考えない人の末路は地獄!自己中人間への復讐方法もご紹介!

悩んでいる人

自分のことしか考えない、自己中な人の末路って?最終的にどうなるのか知りたい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 自分のことしか考えない人の末路
  • 自分のことしか考えない人の対処法
  • 自分のことしか考えない人への復讐方法
  • 本記事を書いてる人

私は以前ブラック企業に4年勤務。

  • 自分が全て正しいと話を聴かない
  • 口を開けば他人の愚痴ばかり
  • 常にマウントしてくる

と、自分のことしか考えてない上司ばかりで、メンタルボロボロ。

帰り道に涙が出たり、体中がじんま疹だらけになったりとしんどい20代前半を過ごしました。

そんな数々のクソ上司を見てきた私が、自己中な人の末路を実体験ベースでお話します。職場だけでなく、友達間でも同じ事が言えるはずです。

記事後半には、自己中人間への復讐方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

自分のことしか考えない人の末路

自分のことしか考えない人は、最終的に「孤立」します

実体験をもとに解説します。

まず嫌われる

自分のことしか考えない人は、 当然、周囲から嫌われます。

自己中な人は、

  • 自分が全て正しいと思ってる
  • 全て他人任せ
  • 人のことを見下している
  • 空気が読めない
  • 指摘されるとすぐキレる

といった特徴があるので、誰も一緒にいたいと思いません。

実際私の職場に、仕事を任されると「そんなの私はやりません。ってか、これってやる意味あります?」と挑発的な発言ばかりの人がいました。

案の定、陰で「老害」と言われ、ものすごい嫌われてました。

職場関係でも友達関係でも、自己中は確実に嫌われます。

もっこ

嫌われてないと思っているのは、多分本人だけです。

その後、距離をおかれる

自分のことしか考えない人は、嫌われて距離をおかれます。

大人になると、直接悪口言われるなんてまずありません。

その代わりに、距離をおかれたり、ゆるっと無視されたりします。

実際私の職場の「自己中上司」の場合、周りも「話かけられたら話す」って感じで、短い会話のみ。普通の会話も、たいていの人が苦笑いでしたね。

みんな嫌われるのが怖いので、注意しようなんて考える人はいない

結果的に、なんとなく距離をおかれる存在となります。

最終的に孤立する

最終的には、孤立します。

怖いことに、距離をおかれると成長できなくなります

仕事の場合

距離をおかれる⇒仕事が減る⇒仕事の経験が積めない⇒成長できない

プライベートの場合

距離をおかれる⇒周りとの接点が減る⇒コミュニケーション能力が向上しない⇒成長できない

一度、自己中に道に落ちるとコミュニケー ション能力が向上しないので、嫌われ距離をおかれる。

年齢ばかり上がり、最終的には孤立します。

やはり周囲に人が集まらない人って、経験上「性格に難あり」が多いです。

自分のことしか考えない人への対処法

最後に、「自分のことしか考えない人」への対処法をご紹介します。

  1. できるだけ関わらない
  2. 話は聞き流す
  3. 職場を変える

個人的に効果的だったものをまとめてみました。

詳しくは、以下の記事をご参考に。

  • 毎月1,000人以上に読んでいただいている記事です。

自分のことしか考えない人への復讐方法

自分のことしか考えない、自己中な人への復讐方法をご紹介します。

その復讐方法とは、あなた自身が幸せになることです。

上司に復讐した結果

私は前職、周囲のおっさん全員自己中だったし嫌いだった。

そんな時、法律に触れない復讐方法を考え思いついたのが、幸せになって嫉妬させてやること。

退職を伝える何ヶ月も前から転職活動をして、有名企業の内定をゲット。

退職を上司に伝えた後は、嫌いだった人みんなに

最低な性格の私

転職先は、超有名な大企業。名前言うとわかっちゃうんで言いません笑。基本給、昇給もかなり高いんで、将来安心ですわ笑

と嫌味っぽく言いました。

かなりスカッとしたし、転職活動頑張って良かったと思えましたね。

安全な復讐方法は「嫉妬させる」しかない

あなたの側にいる「自分のことしか考えない人」がどれだけ極悪かわかりません。

ただ、どれだけ極悪人でも罪を犯して復讐するのはNGです。

いろんな人に迷惑かかるので、やめましょう。

私自身、営業成績が悪いと陰で蹴られてたり、大声で怒鳴られたり。毎日死にたいと思って仕事してたので、正直気持ちはよくわかります。

できれば、グッとこらえて「幸せになって嫉妬させてやること」を目指してください。

転職活動中、退職するまでの期間を、超絶楽しく過ごせますよ。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次