【真実】会社を辞めてほしいサイン3選【会社に必要とされるコツも解説】

悩んでいる人

会社辞めてほしいサインってどんなのある?どんな扱い受けたらヤバいの?会社から圧力かけられてる気がして怖い。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 会社を辞めてほしいサイン3選
  • 会社に必要な存在になるコツ
  • この記事を書いてる人

この記事を書いてる私は、ブラック企業に4年勤務。露骨な「会社辞めてほしいサイン」はなかったものの、職場でどんな人が嫌われているのか、嫌がられているかは相当見てきました。

そんな私が今回、「会社辞めてほしいサイン」をご紹介します。

この記事を読めば、会社から「辞めろ!」と言われているかがわかります。

記事後半には、会社に必要とされる存在となるためのコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

会社を辞めてほしいサイン3選

会社を辞めてほしいサインは、以下の3つ。

可能性が高い順に、上から並べています。

  1. 仕事が減る
  2. 頻繁に注意される
  3. 急な部署異動

それぞれ具体的に解説します。

サイン①仕事が減る

仕事が減るのは、確実に辞めてほしいサインです。

なぜなら、優秀な人に仕事は集まるから。

例えば、あなたはどんな人に仕事をお願いしたいですか?きっと、積極的で、話を熱心に聞いてくれて、安心して任せられる人にお願いしたいですよね。ミスばっかりして、トラブルばかり起こすような人に任せないはず。

優秀じゃないと、仕事は減る傾向にあります。

一方、優秀な人のとこには、人も仕事も集まってきます。

仕事が減るのは、確実に辞めてほしいサイン。

もっこ

次の②と③は時と場合によるので、あまり確証はないです。参考程度にご覧ください。

サイン②頻繁に注意される

頻繁に注意されるのも、辞めてほしいサインの可能性アリ。

何度も注意されるって事は、仕事ができないだけでなく「その人自体が嫌い」のパターンがあります。要は、嫌いだから圧力をかけて、辞めさせようとしてくるってこと。

上司に好かれていたら、軽いミスは許してくれるし嫌がらせのような注意は飛んでこないですから。

注意を頻繁に受けるのは、辞めてほしいサインかもしれません。

「注意=会社に必要とされてる」の場合アリ

注意を頻繁に受けても、辞めてほしいサインじゃない場合があります。

それが、「注意=実は会社に必要とされてる」パターン。

私は前職、毎日のようにキレて、陰で蹴ってくるような上司がいました。でもその上司、私が退職するとなった途端、「何で辞めるんだよ…期待してたのに…」と悲しそうにしてました。よく聞いたら、期待ゆえに厳しく指導していたとのこと。正直「は?」って感じでしたけど。

40〜50代は、さらに上の60〜70代に厳しく育てられたため、20〜30代にも同じような指導をしてきます。

もちろん全員ではないですが、叱って伸ばすパターンの上司がほとんどかと。

もっこ

営業として年間数百人のおっさん、おばさんと関わってきた私からすると、「若手には厳しく理論」の人が8割。

頻繁に注意受けたからって、辞めてほしいサインとは限りません。

やはり「仕事が減ってい るかどうか」が重要です。

サイン③急な部署異動

急な部署異動も、辞めてほしいサインかもしれません。

私の友達に銀行マンがいるのですが、「急な部署異動でキツい営業をやらせ、退職に追い込む」というブラック企業の話を聞きました。聞いていてゾッとしましたが、金融業界の今後を考えれば当然。会社として可能な限り人件費を削りたいんでしょうね。

会社は不要な人材であれば、本人の意志や事情を無視して部署異動させる場合があります

特に、仕事が簡単な部署に飛ばされたら高確率で「辞めてほしいサイン」

前述したとおり、優秀だったら仕事は大量で複雑になりますから。

サイン③も確証はなく、参考程度かなと思います。

会社に必要な存在になるコツ

それでは、会社に必要な存在になるコツを2つご紹介します。

  1. 仕事ができる人になること
  2. 好かれる存在になること

①、②両方あればベストですが、片方だけで十分です。

それではご紹介していきます。

コツ①仕事ができる人になること

仕事ができる優秀な人になれば、周りから頼られ仕事が増えます。

そして、仕事が増え、失敗と成功を繰り返し、最速で成長し優秀になれる。

優秀な人を、会社は「辞めさせたい」なんて思いません

仕事ができるようになるコツですが、以下の記事にまとめてみました。

社会人一年目向けの記事ですが、内容は「全社会人が必要なスキル」。私が同期の中で最速で出世できた方法なので、もし良かったらご覧ください。

>>社会人一年目で仕事できない人へ!仕事ができる人になるコツを解説!

コツ②好かれる存在になること

正直好かれていれば、仕事できなくても会社から必要とされます。

なぜなら、誰だって好きな人と仕事したいから

私の職場に仕事は遅いけど、ものすごい謙虚で何頼んでも断らない後輩がいます。先日、その後輩が所属内のプレゼンをやった後「よし!打ち上げやるぞ!」 と上司はノリノリ。私が大きな契約取ったときは何もやらなかったのに……。と陰で嫉妬してました。

職場で好かれると、大抵のミスは許されるようになるし、小さな成功でも皆が祝福してくれる。

たしかに、ある程度の優秀さは必要だけど、好かれていればほぼ関係ないかなと。

なかなかミスが減らないと悩んでいたら、「好かれる」にシフトするのがいいかもしれません。

もっこ

私自身、仕事は普通で好かれているより嫌われている。優秀になるか、好かれるかと聞かれたら、ソッコー「好かれる」を選びますね。

お望み通り退職宣言もアリ

もし今、あなたに「辞めてほしいサイン」がでているなら、お望み通り退職宣言もアリです。

実際私は、頻繁に注意され、急な部署異動もくらった。業務量も増えてストレスで休職一歩手前に。そして退職を申告したとき、厳しかった上司の態度がガラリ。超絶優しくなった。結局は辞めたけど、最初から優しい態度だったら、辞めなかったかもしれません。

実際、退職宣言してみることで、周りが好転することもあります。

退職宣言がいいきっかけになる場合もあることを知っておきましょう。

関連記事:退職で態度が豹変する4つの理由と3つの対処法をパターン別に解説!

とにかく行動あるのみ

もし少しでも、今の環境を変えたいなら行動すべき。

私自身、転職して幸せをつかみとった人間なので、転職を超オススメします。

もし良かったら、以下の記事 を参考にしてください。

  • 私の退職時のノウハウを詰め込みました。

今回は以上。

コメント

コメントする

目次
閉じる