退職撤回は恥ずかしい!絶対後悔する理由を転職経験者の私が解説!

悩んでいる人

退職伝えたけど、よく考えたら言わない方が良かったのか?今頃、退職撤回って恥ずかしいよな…

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 退職撤回は恥ずかしい
  • 退職撤回を後悔してしまう理由
  • 退職撤回した方がいいケース
  • そもそも退職撤回が認められない場合
  • 本記事の信頼性

この記事を書いてる私は、2019年12月に上司に退職を申告。その後、転職後が不安になり「やっぱ辞めない方が良いかな」と思った時もありました。でも転職した今、「退職してホント良かった!」と胸を張って言えます。

そんな私が今回「退職撤回すると後悔してしまう理由」を解説。

この記事を読めば「今の会社に残るべきか」「転職すべきか」ハッキリするはず。

記事後半では「退職撤回が認められないケース」もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

退職撤回は恥ずかしいし後悔しかない

退職撤回は、超恥ずかしいし後悔しかないです。

そもそも退職自体、軽々しく上司に言うことではない

その退職を撤回するんだから、社会人として恥ずかしいに決まってます。

とはいえ、退職撤回を全否定するつもりはありません。

一瞬の気の迷いで退職を決意。冷静に考えたら退職しない方がいいと気づくことだってあるはず。でも一度退職を伝えると、上司もさらに上の上司に相談したり、後任者を考えたり。「退職を伝える=迷惑がかかる」なので、撤回なんてしたら「もっと早く言えよ…」と上司を落胆させてしまいます。

全否定はしないけど、退職撤回って割とデメリットの方が大きいかと。

Twitterで調査してみると、

やはり「辞めて良かった!」という人の方が多いようです。

退職撤回を後悔してしまう理由

退職撤回を後悔してしまう理由を3つご紹介します。

  1. 上司に言いくるめられてるだけ
  2. 職場環境は改善しない
  3. 転職するなら早めがいい

順番に解説します。

理由①:上司に言いくるめられてるだけ

退職撤回を後悔するのは、上司に言いくるめられてるだけだからです。

退職を伝えると引き止められますが、上司の言葉のほとんどは嘘です。

引き止めの時、「うちにはお前が必要なんだ」とか「いなくなったら困る」とか必ず言われます。この言葉のほとんどは嘘。なぜなら、今まで何も変わってないから。あなた自身が必要な存在なら、あなたの言い分をよく聞いて、上司の態度も変わっていたはず。でも、何も変わってない。

上司が退職時の引き止めで言うことは、嘘の綺麗事。

あなたが退職を撤回したら、いつもの厳しい上司に戻ります。

残っても何も変わらないんです。だから、撤回したら後悔します。

もっこ

相当信頼していない限り、上司の言葉は信じない方がいいですよ

理由②:職場環境は改善しない

退職撤回を後悔するのは、残っても職場環境が何も好転しないから。

あなたはきっと、今の職場環境が嫌で「退職」を決意。退職の面談でも「部署変えるから」「昇格させるから」と。甘い言葉をかけられたはず。

退職の面談での言葉はほぼ嘘で、職場環境なんて良くなりません。

今まであなた以外にも退職者はいました。退職の面談も何回もあったはず。でも職場環境は、良くなってない。

つまり、過去の退職された方の意見は、反映されてない可能性が高い

そんな状況で、あなたの引き止めをきっかけに何か変わるでしょうか。きっと何も変わりません。

もっこ

まさに「口だけ」で、ちょっとは良くなるかもしれませんが、すぐに元に戻ります。

退職を撤回したところで職場環境は改善しない。撤回したことをいずれ後悔します。

理由③:転職するなら早めがいい

転職するなら早めがいいので、退職撤回するのはもったいないです。

厚生労働省によると、35歳未満なら「積極的に採用」するが、35歳以上だと年齢が高くなるにつれ採用の積極性が弱まるというデータが出ています。

引用元:雇用を取り巻く環境と諸課題について ー平成30年厚生労働省 ー

企業側も将来を考え「若くてやる気のある人」を育てたいので、年齢が高くなるにつれ転職は厳しくなるかと。

それに私個人としては、このデータ関係なく「若いうちに一度は転職しておくべき」と考えています。

なぜなら、同じ会社にいると固定観念がすりこまれて、柔軟な考えができなくなるから

職場で避けられてる人って、だいたいその会社で長く働いてる人。長く働くことで、地位とプライドだけ高く頑固になり、まわりに合わせられず嫌われるパターンがよくある。

「転職したヤツだけが勝ち組」なんて全く思いません。

でも、柔軟な考えをもち会社で必要とされる存在になるため、早めに転職を経験するのはありかと。

退職撤回した方が良いケース

ここまで「退職撤回した方がいい!」と断言してきましたが、退職撤回しない方が良いケー スもあります。

転職経験者として感じた「今の会社に残った方がいい場合」を3つにまとめました。

  1. 今の仕事が好き
  2. 採用1、2年目以内
  3. 転職後の目的が決まっていない

それぞれ具体的にご紹介します。

ケース①:今の仕事が好き

今の仕事が好きなら、そのまま会社に残ってもいいかも。

というのも、好きな仕事ってほんと出会えないから。

好きな業界を絞って、無事内定をゲット。期待に胸を膨らませ入社してみたら、想像してた仕事と違って萎える。こんなことがよくあります。

求人サイト「ビズヒッツ」さんの調査によると、「新卒3年以内で転職した理由」の第1位は「仕事内容が合わないから」でした。

引用元:新卒3年以内に転職した理由 「勤務時間」や「人間関係」を抑え1位になったのは? ーITmedia ビジネスオンラインー

新卒3年以内でなくとも、「仕事内容が合わない」は転職理由の常に上位にいます。

それくらい、理想と現実が違っているということ。逆に言えば、満足する好きな仕事に出会うって奇跡の確率なんです。

ちょっと不満はあるけど、今の仕事が好きという方。退職してしまうと後悔するかもしれません。

今の仕事が好きなら、退職を考えて直していいかもです。

ケース②:採用1、2年目以内

採用1、2年目以内の方も、退職撤回した方がいいかも。

採用1、2年目って正直早すぎ。まず転職活動で「採用1年で辞めました」というと、面接官は「こいつ、うちに来てもすぐ辞めるんじゃ…」と不信感をもたれます。

それに、採用1、2年目で早々辞めたら「逃げ癖」がついて、次の会社、また次の会社と転職続きの人生になるかもしれません。

たしかに「上司がヤバい性格」「職場がブラック」だったら、採用1、2年目で辞めるのは全然あり。

でも「会社に入るのは、あなた自身が決めたこと」なので、もう少し続けてみる。一度決めたことを「やり遂げる力」っていうのも大事かと。

辞めるときは、その会社で学べることを全部学んだときです。

ケース③:転職後の目的が決まっていない

転職の目的が決まってない場合も、退職撤回した方が良いです。

今後、転職活動をするにあたって、必ず聞かれるであろう「前の会社を辞めた理由」と「志望動機」。

転職の目的が決まってないと、この2つがちゃんと答えられないので、面接官に見抜かれてしまいます

転職活動は新卒とは別。面接官は「即戦力」として入社希望者を見ているので、志望動機が明確じゃない人を簡単に採用しません。

「なんとなく」という理由で、退職するのはリスクだらけ。

恥ずかしくても、今すぐに退職撤回すべきです。

退職撤回が認められないケース

そもそも「退職撤回が認められないケース」というのがあります。

それは、退職届を出したかどうかです。

退職届を提出していたら退職撤回はできません。でも、退職願を提出しているだけなら、何とか間に合うかもしれません。

退職届と退職願の違いは以下の記事をご覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる