【実例あり】偽善者とはどんな人?偽善者の特徴を簡単解説!

悩んでいる人

偽善者ってよく聞くけど、どんな人を偽善者と言うの?偽善者の特徴を教えて!

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 偽善者とはどんな人なのか
  • 偽善者の5つの特徴

この記事を書いてる私は、両親の「まわりに優しくしなさい」に従い、20年以上優しい人を貫きました。結果、友達もたくさんできました。

でも、一部からは「偽善者」と言われ、リアル涙目になる経験を何度もしてきました。

今回は「偽善者」である私が、「偽善者とはどんな人なのか」と「偽善者の特徴」についてご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、偽善者のことをよく知ってください。

目次

偽善者とはどんな人なのか

「偽善者」とは、まわりから好かれるために善い行動をする人のことです。

具体的にどんな行動をする人なのか。私自身の実例をご紹介します。

実例①:人生相談

部活の後輩が、泣きながら人生相談してきたので、毎日4〜6時間(約3ヶ月間)話を聞いてあげた。

実例②:荷物

重い荷物を持った後輩女子がいたので、荷物を持ってあげた。「別にいいですよ」と言われても、無理やり荷物を持った。

実例③:上司

上司と飲みの話になった時は、必ず「連絡してくれれば、いつでも行きますよ」と返事。仕事の時は「若手なんで何でもしますよ」と返事。

偽善者は、好かれるための行動に手を抜きません。

言い換えれば「承認欲求の塊」が偽善者です。

※承認欲求がわからない方はこちら【要約・感想】『嫌われる勇気』から学んだ8つのこと!をご覧ください。

偽善者の5つの特徴

偽善者の特徴は、5つ。

  1. 外面がいい
  2. 下心丸出し
  3. 不幸話が好き
  4. 度を超えた気遣い
  5. 八方美人

それぞれ順番に解説します。

①外面がいい

偽善者は、外面だけめちゃくちゃいい。

偽善者は「いい人に思われたい」という心理があるので、嘘をついてでも「いい人」を演じ続けます。

具体的な特徴としては、以下のとおり。

  • 常に笑顔
  • 話し上手
  • 聞き上手

誰に聞いても「あの人いい人だよね」という印象の人は、偽善者の可能性高いです。

②下心丸出し

偽善者は、下心丸出し。

例えば、先ほどの実例②。「別にいいですよ」と言われても、絶対持ちます。なぜなら「好かれたい」「相手に貸しを作りたい」という下心があるから。

偽善者は、自分の行動に対して必ず見返りを求めてきます。

逆に、見返りがないとわかっていることには手を出しません。

ある意味「腹黒くて、計算高い」とも言えます。

③不幸話が好き

偽善者は、他人の不幸話が大好物。

例えば、先ほどの実例①。人生相談や悩みを聞くことは、その人だけでなく、周囲の印象アップにつながるので率先して行います。

不幸話をした本人にとってみれば「親身に聞いてくれて嬉しい」ですが、偽善者にとってみれば「周囲に好かれたい」だけの行動なのです。

④度を超えた気遣い

偽善者は、度を超えた気遣いをしてきます。

  • 重いものを無理やり持つ
  • やたらお土産買ってくる
  • 飲み会での料理取り分け、グラス交換

「周囲から好かれたい」という下心があるので、異常な気遣いをしてきます。

ときには「小さな親切、大きなお世話」になることも。

度を超えた「気持ち悪いくらい優しい」が偽善者の特徴です。

⑤八方美人

偽善者は、間違いなく八方美人。

例えば、実例③。「上司に好かれたい」という下心があり、特定の上司だけでなく、ほぼ全ての上司に、最高の部下をアピールします。

「全員に好かれたい」ので、接する時は、誰に対しても常に笑顔を絶やしません。

ただ、全員から好かれようとするせいで、意見がコロコロ変わり、辻褄が合わなることが頻発します。

偽善者は悪くない!

ここまで、「偽善者の特徴」をまとめてきました。

私が結論として言いたいのは、偽善者は悪い存在ではないということ。

  • 優しい
  • 常に笑顔
  • 聞き上手

と、割とプラス要素が多いです。

なので、害悪ではないかなと。

今回は以上です。

コメント

コメントする

目次
閉じる