ネガティブなニュースが多い理由【ニュースの見方も解説】

ライフ

こんにちは!もっこです!

最近、ネガティブになるニュースばっかり、、、

毎日不安になる、、、

毎日、新型コロナウイルスの感染拡大のニュースばっかりで、不安になっている方も多いと思います。

 

そこで今回は、書籍『ファクトフルネス』を参考に、この不安と悩みを解決したいと思います。

 

『ファクトフルネス』は、2019年ベストセラー第1位に選ばれ、 世界200万部を突破している超すごい本です。そして、多くの著名人が、「人生で必ず読むべき1冊」として紹介しています。もし、この記事を読んで興味がでた方は、ぜひ読んでみてください!

『ファクトフルネス』を読みたい方はこちらです!

 

✔本記事の内容

  • ネガティブなニュースが多い理由
  • ニュースの正しい見方

 

それでは解説していきます。

 

ネガティブなニュースが多い理由

理由は、メディア関係者が、ネガティブになるニュースを積極的に流しているからです。

 

「当たり前だろ」という声が聞こえてきました。もう少し深堀りしていきます。

 

メディア関係者が、ネガティブなニュースを流す理由

それでは、なぜメディア関係者が、ネガティブなニュースを積極的に流すのか。

理由は2つあります。

 

理由①:ご飯が食べられなくなる

理由①は、みんなが興味をもつようなニュースをとりあげないと、ご飯が食べられないからです。

 

メディア関係者は、みんなに情報を届けるという仕事。みんなに情報が届かなければ、給料がもらえず、ご飯が食べられないんです。週刊誌の記者もそうです。みんなが驚くような記事を書かないと、週刊誌が売れず、給料がもらえず、結果、ご飯が食べられない。生きられないのです。

 

たしかに、嘘の情報を流したり、迷惑をかけるような報道、行動をするのは、お金のためとはいえどうかと思います。

しかし!メディア関係者が、みんなの興味をひくような情報を探して、毎日頑張っているという事実は知っておくべきです。

 

私はメディア関係者でも何でもありませんが、この『ファクトフルネス』を読んで、みんながこの事実を知るべきだなと感じました。

 

理由②:興味をひく=ネガティブ

理由②は、みんなの興味をひく情報が、「ネガティブ情報」だからです。

 

人間は「ネガティブ情報」が大好きです。だからこそ、メディア関係者は、”わざと”ネガティブなニュースを流しています。

 

進化の過程において、人間の脳は、2つの本能が染み付いてしまったのです。

  1. 危険を回避するための「一瞬で判断を下す本能」
  2. 情報源となる「刺激的な物語を求める本能」

 

この2つの本能のせいで、不倫とか、殺人事件とか、ウイルス感染とか。脳が、ネガティブな情報に反応するようにできているのです。本能なので仕方ありません。なくすのはあきらめましょう。

 

補足:人間の危険な本能【3選】

ニュースの正しい見方に入る前に、覚えておくといい、人間の危険な本能を3つ紹介します。※ちょっと長いので読み飛ばしてもOK!

 

①ネガティブ本能

人間は、ネガティブな情報に自然と反応してしまいます。

アフリカには、ご飯が食べられなくて、餓死してしまう子供がたくさんいる。

 

こんなの昔の話です。

 

餓死してしまう子供は、過去20年で半分になりました。世界中の1歳児で予防接種を受けているのは、80%もいます。世界はあなたが想像するより、ずっと良くなっているのです。

しかし、多くの人はこの事実を知りません。メディアがネガティブ本能を知っているため、暗いニュースばかり流すからですね。

 

②分断本能

人間は、自然とグループ分けをしてしまいます。

 

  • お金持ち ⇔ 貧乏
  • 勝ち組 ⇔ 負け組

 

ただ実際、大半をしめているのは「中間」の人です。

 

金持ちと貧乏を例にします。

中所得国は、世界の75%をしめています。世界の大半が、金持ちでも貧乏でもないグループにいます。低所得国は、世界の9%しかありません。

 

人間は、なんでもかんでも2つのグループに分けようとしすぎです。

 

③恐怖本能

人間は、恐ろしい情報に自然と反応してしまいます。

 

海外の飛行機事故のニュースを見たあと、飛行機にのると、「自分も落ちるんじゃないか」と思いますよね。

実際、飛行機事故は超絶激減しているので、安心です。

 

飛行距離100億マイルあたりの死亡者数を見ると、

2012年-2016年:1人

1923年-1933年:2100人

 

つまり、70年前に比べて、2100倍も安全になりました。
ただ、こんな嬉しい話、どのメディアもとりあげません。

恐ろしい話を見るのはいいですが、事実を確認して、リスク計算するべきなのです。

 

ニュースの正しい見方

それは、「ニュースと自分を疑い、事実に基づいた見方をすること」です。

 

まずは、ニュースを疑いましょう。

メディア関係者は、視聴者獲得のために、ネガティブなニュースをたくさん流します。常にニュースは疑って見るようにしましょう。

 

そして、自分自身も疑いましょう。

 

  • 芸能人の不倫
  • 政治家の不祥事
  • 殺人事件

 

 

どれも刺激的で見たくなるのはわかります。ここで重要なのは、あなたが”本能的に”見ていることを知ること。なんとなくで生活していると、ネガティブなニュースばかり頭に入ってきます。自分を疑い、思い込みや偏見をなくしましょう。

 

最後に、事実に基づいて見ましょう。

何の根拠もないニュースは無視しましょう。気になるのであれば、とことん調べ尽くすべきです。調べるときは、なるべく「本」を使いましょう。

 

「本」は情報の鮮度はないですが、信憑性は高いです。本で調べてから、ネットを使うようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました