【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】

ライフ

こんにちは!もっこ(@mocomocoblog)です!

 

悩んでいる人
悩んでる人

まわりに優しくすることがつらい、、、
自分の優しい性格が嫌い、、、

 

この悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 優しい人が抱えるストレス【5選】
  • 優しい人が抱えるストレスへの対策【たったひとつ】

 

私は、両親に「まわりに優しくしなさい。」と言われて育ち、優しい人歴は20年以上

両親の教えのおかげで、大切な友達がたくさんできました。

 

しかし、今まで、その優しい性格から好かれてはいましたが、メンタルはボロボロ。「偽善者」と言われ、つらかった経験をしてきました。

>>つらかった経験はこちら、、、

 

特に20代。

私のように、優しさでつらくなっている人は多いはずです。

 

優しい人が抱えるストレス【5選】

①自分の意見が言えない

優しい人は、自分の意見が言えません。

 

理由は、相手の意見を尊重して、優先するからです。

 

優しい人は、相手に嫌われたくない。という気持ちがあります。この気持ちが強いため、相手にあわせることが最善だと考え、自分の意見を言わないのです。

  • 友達:今日の夜、何食べる?
  • 私 :何でもいいよ。お前の好きなとこ行こうぜ。
  • 友達:(ほんと優柔不断だな、、、)

 

あなたのまわりに、私のような友達はいないでしょうか。

 

たしかに、めんどくさくて「何でもいい。」って言っている場合もあります。

ただ、優しい人の場合「相手に満足してほしい!」という思いから、「何でもいい。」って言ってるんです。

 

「自分の意見を素直に言うための対処法」はこちら「【イライラ解消】自分の意見を言わない人の7つの特徴と5つの対処法」を参考にしてください。

 

②嘘をつく

優しい人は、意識的に嘘をつきます。

 

理由は、相手を傷つけないためです。

 

優しい人は、自分の発言に対して、相手がどう思っているのか。傷つけていないか。といつも不安になっています。なので、いくら正しいことでも、相手が悲しむようなことは言えないのです。結果、嘘をつきます。

  • 友達:この前すすめたアニメどうだった?おもしろかったよな!
  • 私 :(ああ、、あんまおもしろくなかったけど、そうは言えないよな、、)
  • 私 :めっちゃおもしろかったよ!

 

バレたらやばい大きな嘘はつかないでしょうが、小さな嘘は日常的に使っているはず。

 

もっこ
もっこ

私も意識的に嘘をつきますが、結局、嘘をついた自分がつらくなっているんですよね。共感してくれる方は多いと勝手に思っています。

 

③断れない

優しい人は、誘い、お願い事は、基本断りません。

 

理由は、相手が傷つく、悲しむ顔を見たくないからです。

 

どんな誘いでも来る。何をお願いしても基本断らない。そんな友達はいないでしょうか。その人は、相手の傷つく、悲しむ顔が見たくないから、断りたい気持ちがあっても、断らないのです。

 

「いやいや、、優しい人いるけど、誘いめっちゃ断られるわ!」

 

こんな意見もあるはずです。

 

その誘い、お願いはLINEでしていませんか?

LINEであれば、相手の傷つく顔が直接見えないし、断ったときの嫌な空気もないので、優しい人でもかんたんに断れます。

 

何度も言いますが、優しい人は相手を傷つけたくありません。傷つけたくないから、断らないのです。

 

断れない性格を解決する方法はこちら「断れない人の5つの特徴とそんな短所を改善する7つの方法【面接対策あり】」を参考に。この方法を試して、大量の頼みごとされなくなりました。

 

④常に高い基準の優しさが求められる

優しい人には、常に高い基準の優しさが求められます。

 

理由は、いつもの優しさが当たり前になり「もっと優しくしなきゃ!」と勘違いしてしまうからです。

  • 友達:今日バイトだから、駅まで車で送って!
  • 私 :いいよ!んじゃ近くのコンビニで!
  • 友達:助かるわ!

<1週間後>

  • 友達:すまん!今日も駅まで送ってほしい!
  • 私 :(この前、送っているし、断るわけにいかないな、、、)
  • 私 :いいよ!今日は家まで迎えに行くわ!
  • 友達:まじ!?ありがとう!

 

ようするに、「優しい人は、一度優しくすると、同じように優しくしなければならないと勘違いする」ということです。

 

自分の行動を肯定したわけではありません。

 

むしろ逆で、この考え方は、さすがに優しすぎると思います。

ただ結論として言いたいのは、友達にもっと喜んでほしいと思っている優しい人は、常にレベルの高い優しさが求められ、プレッシャーを感じていることです。

 

>>優しすぎる人の損しない生き方はこちら「【実体験】優しい人が生きづらい理由と損しない生き方を解説【結論:自分に優しく】」を参考に。

 

⑤信用されない

優しい人は、信用されないと思います。

 

理由は、誰にでも優しくする態度が、信用されにくいからです。

 

人に優しくできることは素晴らしいことだと思います。

しかし、「誰にでも」優しいと、下心があるんじゃないかと疑われ、信用されません。

<友達Aと2人で遊んでいるとき>

  • 私    :すまん、、、友達Bから呼び出しかかったわ、、行ってくる、、、
  • 友達A:まじか、、、

 

この状況、友達Aはどう思うでしょうか。

もちろん、状況によっては、友達Bに行かなければならないときもあると思います。

 

ただ、「毎回」「誰にでも」こんな態度を続けていると、信用されません。

私が「偽善者」「八方美人」と言われ続けてきた理由が、まさにこの態度です。

 

優しい人が抱えるストレスへの対策【たったひとつ】

 

対策はたったひとつ。見返りを求めないで優しくすることです。

 

理由は、「見返りを求める=ストレス」だからです。

 

先ほどの抱えるストレス【5選】から、優しい人の心理(本当は何を求めているか)を見ていきます。

  • ①自分の意見を言ったら、嫌われる → 相手に好かれたい
  • ②本当のことを言ったら、相手が傷つく → 相手に好かれたい 
  • ③断ったら、相手が傷つく → 相手に好かれたい
  • ④常に優しくなかったら、いつか嫌われる → 相手に好かれたい
  • ⑤信用されたい → 相手に好かれたい

 

すべては「相手に好かれたい」「相手に嫌われたくない」「相手に認められたい」という気持ちがあるから、優しくしているのです。

 

結論。下心とか、承認欲求とか、見返りを求めないようにしましょう!

 

常に見返りを求めていては、ストレスがたまるだけです。なぜなら、優しくした相手があなたに感謝するかどうかは、あなたにはどうすることもできないからです。

例えば、あなたが電車の座席に座っているとします。次の駅でよぼよぼのおじいさんが乗ってきました。あなたは席をゆずろうと声をかけます。しかし、「年寄り扱いするんじゃねえ」と怒られてしまいました。

あなたはどんなきもちでしょうか。

 

おそらく、「せっかく親切にしてやったのに、なんで断るんだよ」と嫌なきもちになるはずです。

 

でもよく考えてください。

席をゆずることを決めたのはあなた。おじいさんに頼まれたわけではありません。自分で勝手に親切しておいて、不機嫌になるのはおかしいと思いませんか。

 

つまり、見返りを求めるとストレスを抱えてしまうんです。

見返りを求めず、優しくしましょう!

 

最後に

 

今回は、私の体験談と、私が運命の1冊といえる書籍『嫌われる勇気』のアドラー心理学をもとに、記事にしてみました。

 

実際に見返りを求めないようになって、常日頃の優しい行動は変わらないのですが、自分の心が変わったので、以前よりも気持ちよく「偽善」ができるようになりました。

 

これは、確実に『嫌われる勇気』のおかげ。

 

正直、読んでいて「何言ってんだこいつ」ってなる方もいると思います。そのくらい、濃くて本質的で、刺激的な内容です。私は出会って本当に良かったと思いました。

 

ぜひ1度、みなさんも読んでみてください。

※読む時間のないあなた向けに、こちらの「【要約・感想】『嫌われる勇気』から学んだ8つのこと【仕事で役立つビジネス書】」で端的にまとめています。

コメント

  1. 松本信正 より:

    突然のご連絡失礼いたします。
    iPhoneアプリ「Cofca」を運営しているのですが、もっこ様のブログを読ませて頂きました。
    もっこ様の
    【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】
    の記事を「Cofca」にて、掲載させて頂いてもよろしいでしょうか?
    掲載の際、投稿者情報欄にもっこ様のブログ、オリジナルサイト、Twitterへのリンクを貼らせて頂くことになります。
    ご連絡お待ちしております。

    • もっこ もっこ より:

      松本 様

      こんにちは。もっこと申します。

      読んでいただき誠にありがとうございます。
      お役に立てるのであれば、ぜひ掲載をお願いいたします。

      お問い合わせフォーム等なくて申し訳ございませんでした。
      何卒よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました