【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】

悩んでいる人

まわりに優しくすることがつらい…。自分の優しい性格が嫌い…。

この悩みに答えます。

本記事の内容
  • 優しい人が抱えるストレス【5選】
  • 優しい人が抱えるストレスへの対策【たったひとつ】

私は、両親に「まわりに優しくしなさい。」と言われて育ち、優しい人歴は20年以上。両親の教えのおかげで、大切な友達がたくさんできました。

しかし、その優しい性格から好かれてはいましたが、メンタルはボロボロ。

「偽善者」と言われ、つらい経験をしてきました。

※偽善者の特徴については、こちら【実例あり】偽善者とはどんな人?偽善者の特徴を簡単解説!をご覧ください。

特に20代。私のように、優しさでつらくなっている人は多いはずです。

目次

優しい人が抱えるストレス【5選】

①自分の意見が言えない

優しい人は、自分の意見が言えません。

理由は、相手の意見を尊重して、相手を優先するから。

優しい人は「相手に嫌われたくない」という気持ちが人一倍強い。なので、相手にあわせることが最善だと考え、自分の意見を言わないのです。

あなたのまわりに、下のBのような友達はいないでしょうか。

  • A:今日の夜、何食べる?
  • B:何でもいいよ。お前の好きなとこ行こうぜ

優しい人の場合「相手に満足してほしい」という思いから、「何でもいい。」と言います。

めんどくさくて「何でもいい。」って言っている場合もありますが、優しい人はわりと相手優先の考えになりがち。

≫【イライラ解消】自分の意見を言わない人の7つの特徴と5つの対処法

②嘘をつく

優しい人は、意識的に嘘をつきます。

理由は、相手を傷つけないためです。

優しい人は、自分の発言に対して、相手がどう思っているのか。傷つけていないか。といつも不安になっています。なので、いくら正しいことでも、相手が悲しむようなことは言えないのです。結果、嘘をつきます。

嘘がいけないとか関係なし。

優しい人は、相手を傷つけないためなら、平気で嘘つきます。

  • A:この前すすめたアニメどうだった?おもしろかったよな!
  • B:(ああ、、あんまおもしろくなかったけど、そうは言えないよな、、)
  • B:めっちゃおもしろかったよ!

バレたらやばい大きな嘘はつかないけど、小さな嘘は日常的に使っているはず。

もっこ

まあ結局、嘘をついた自分がつらくなっているんですよね。私は虚言癖持ちなので、いつもつらくなってます。

≫【虚言癖の私が解説】虚言癖の人の行く末とは?原因、治し方、対処法

③断れない

優しい人は、誘い、お願い事は、基本断りません。

理由は、相手が傷つく、悲しむ顔を見たくないから。

どんな誘いでも来る。何をお願いしても基本断らない。そんな友達はいないでしょうか。その人は、相手の傷つく、悲しむ顔が見たくないから、断りたい気持ちがあっても、断らないのです。

断りたくても、笑顔で引き受けてしまう。

それが「優しい人抱えるストレス」かと。

≫断れない人の5つの特徴とそんな短所を改善する7つの方法【面接対策あり】

④常に高い基準の優しさが求められる

優しい人には、常に高い基準の優しさが求められます。

理由は、いつもの優しさが当たり前になり「もっと優しくしなきゃ!」と勘違いしてしまうから。

  • A:今日バイトだから、駅まで車で送って!
  • B:いいよ!んじゃ近くのコンビニで!
  • A:助かるわ!

<1週間後>

  • A:すまん!今日も駅まで送ってほしい!
  • B:(この前送っているし、断るわけにいかないな…)
  • B:いいよ!今日は家まで迎えに行くわ!
  • A:まじ!?ありがとう!

ようするに、「優しい人は、一度優しくすると、同じように優しくしなければならないと勘違いする」ということ。

相手を傷つけたくないと思う優しい人は、常にレベルの高い優しさが求められ、プレッシャーを感じているのです。

≫【実体験】優しい人が生きづらい理由と損しない生き方を解説【結論:自分に優しく】

⑤信用されない

優しい人は、信用されません。

理由は、誰にでも優しいので、信用されにくいから。

<友達と2人で遊んでいるとき>

  • A:すまん。別の友だちから呼び出しかかったわ。行ってくる。
  • B:まじか。

人に優しくできることは素晴らしいこと。

でも「誰にでも」優しいと、誰かを傷つけてしまうことがあり、信用されません。

もっこ

私が「偽善者」「八方美人」と言われ続けてきた理由が、まさにこの態度です。

≫【実例あり】偽善者とはどんな人?偽善者の特徴を簡単解説!

優しい人が抱えるストレスへの対策【たったひとつ】

対策はたったひとつ。

見返りを求めないで優しくすることです。

優しい人は、相手に好かれたい

先ほどの抱えるストレス【5選】から、優しい人の心理(本当は何を求めているか)を見ていきます。

  1. 自分の意見を言ったら、嫌われる → 相手に好かれたい
  2. 本当のことを言ったら、相手が傷つく → 相手に好かれたい 
  3. 断ったら、相手が傷つく → 相手に好かれたい
  4. 常に優しくなかったら、いつか嫌われる → 相手に好かれたい
  5. 信用されたい → 相手に好かれたい

結局、優しい人は「相手に好かれたい」という気持ちがある。

「相手に好かれたい」という下心を持って、優しくしているのです。

相手好かれたい=ストレス

「相手に好かれたい」と思うと、ストレスがたまるだけ。

なぜなら、優しくした相手があなたに感謝するかどうかは、あなたにはどうすることもできないから。

例えば、あなたが電車の座席に座っているとします。次の駅でよぼよぼのおじいさんが乗ってきました。あなたは席をゆずろうと声をかけます。しかし、「年寄り扱いするんじゃねえ」と怒られてしまいました。

あなたはどんな気持ちでしょうか。

おそらく、「せっかく親切にしてやったのに、なんで断るんだよ」と嫌な気持ちになるはず。

もっこ

でもよく考えてください。

席をゆずることを決めたのはあなた。おじいさんに頼まれたわけではありません。

自分で勝手に親切しておいて、不機嫌になるのはおかしいと思いませんか。

感謝するか決めるのは相手。あなたには、どうすることもできない。自分で解決できないので、ストレスがたまるのです。

もっこ

わかりやすく言うと、好きな人がいて「いつ告白してきてくれるかな」と待ってる感じ。永遠の片思いは、つらいですよね。

つまり、見返りを求めるとストレスを抱えてしまう。

「見返りを求めず優しくすること」が、たったひとつの解決策です。

最後に

今回は、私の体験談と、私が運命の1冊といえる書籍『嫌われる勇気』のアドラー心理学をもとに、記事にしてみました。

実際に見返りを求めないようになって、常日頃の優しい行動は変わらないのですが、自分の心が変わったので、以前よりも気持ちよく「偽善」ができるようになりました。

これは、確実に『嫌われる勇気』のおかげ。

もっこ

正直、読んでいて「何言ってんだこいつ」ってなる方もいると思います。そのくらい、濃くて本質的で、刺激的な内容です。私は出会って本当に良かったと思いました。

ぜひ1度、みなさんも読んでみてください。

※読む時間のないあなた向けに、こちらの「【要約・感想】『嫌われる勇気』から学んだ8つのこと」でまとめています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 突然のご連絡失礼いたします。
    iPhoneアプリ「Cofca」を運営しているのですが、もっこ様のブログを読ませて頂きました。
    もっこ様の
    【対策あり】優しい人が抱えるストレス【5選】
    の記事を「Cofca」にて、掲載させて頂いてもよろしいでしょうか?
    掲載の際、投稿者情報欄にもっこ様のブログ、オリジナルサイト、Twitterへのリンクを貼らせて頂くことになります。
    ご連絡お待ちしております。

    • 松本 様

      こんにちは。もっこと申します。

      読んでいただき誠にありがとうございます。
      お役に立てるのであれば、ぜひ掲載をお願いいたします。

      お問い合わせフォーム等なくて申し訳ございませんでした。
      何卒よろしくお願いいたします。

コメントする

目次
閉じる