【20代必見】無能な上司の8つの特徴と対策【結論:今すぐ逃げましょう】

こんにちは!もっこ(@mocomocoblog)です!

 

悩んでいる人
悩んでる人

職場に無能でむかつく上司が多すぎる、、、
自分はこれからどうしよう、、、

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 無能な上司の特徴【8選】
  • 無能な上司への対策

 

本記事の信頼性

私は「毎日3時間のサービス残業」「失敗を許さないキレる上司」でストレス爆発。うつになり、体中に何度もじん麻疹がでました。

 

今回は、私をブラック職場から救ってくれた、7人のビジネスYoutuberのお話を参考に、無能な上司の特徴と対策を紹介します。

 

この記事を読めば、無能上司+ブラック職場との付き合い方がわかり、今の辛い現状から脱出できるはずです。

 

特に20代の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

無能な上司の特徴【8選】

①部下の話を聴かない上司

上司
上司

口癖:俺の時代は〇〇だった。

 

昔話と自分の話ばかりの上司は、無能な上司です。

 

この上司は、部下の話をただ聞いているだけで、聴いていません。

「聞く」はただ単にきくこと。「聴く」は注意深くきくことを指します。

 

つまり、無能な上司は、耳で聞いていても、心で聴いていないのです。

 

なぜ、部下の話を心で聴かないの?

理由は、「自分の答え」が正しいと思っているから。

 

例えば、部下が5月、上司に相談にいきました。「あのすいません…最近モチベーションあがらなくて…」。そのとき、上司は「これは5月病だな。」と決めつけ、「俺も新人のとき、そんな時代があった。そんなときはこうするといいぞ…」こんな感じで、自分の過去の話をしました。

 

5月にモチベーションがあがらないからと言って、本当に5月病なのでしょうか。もしかしたら、よくよく聴いたら、家庭の問題かもしれません。

 

相手の話を聞いているときに、自分の頭の中で答えを出して聞いていては、心で聴いていることになりません。

 

そして、部下がやめてから言うんです。「あいつ、メンタル弱かったんだな」って。

 

心で聴いていない上司は、問題解決方法を間違えて提示し、部下の退職も部下のせいにするのです。

 

②愚痴を言う上司

上司
上司

口癖:なんで〇〇なんだ!上は何もわかっていない!

 

独り言で愚痴っている人。ため息つきながら言っている人。これらは無能上司の特徴です。

 

ある心理学の研究で、「マイナス感情はまわりに伝染する」ことがわかっています。ようは、その上司の愚痴は、あなたの感情もマイナスにしているのです。

 

そりゃ、やる気出るわけがありません。

 

なぜ、愚痴を言うの?

理由は、自分の承認欲求を満たすため

 

ようは、自分は正しい。頑張っている。と、まわりに認めてほしいんです。

 

まわりに認めてほしいという気持ちは誰にでもある感情。愚痴を言わない人は、ほぼゼロ。なので、少しくらいの愚痴ならいいでしょう。

 

しかし、言い過ぎると、まわりにネガティブが伝染します。無能上司は、愚痴が悪影響を及ぼすのを知らないのです。

 

③マウント上司

上司
上司

口癖:お前のために言っているんだぞ!

 

「常に上から目線」の上司は無能です。

 

そもそも、いい上司は「お前のために」なんて言葉は使いません。いい上司なら、「〜したら、もっと良くなる!」という、叱責ではない、アドバイスを言います。

 

なぜ、常に上から目線なの?

理由は、相手を低く評価することで、自分の価値を感じたいから。

 

「自分のやり方が正しい。お前は俺に従っていればいいんだ」という支配欲。部下を支配することで、自分のやり方を否定されたくないのです。

 

無能上司は、相手のことを考えないマウンティングが大好きです。

 

④キレる上司

上司
上司

口癖:いい加減にしろ!なんでお前はできないんだ!

 

無能上司の典型例。

私がまとめたYoutuber、ほぼ全員が「キレる人」をあげていました。

 

そもそも、キレられて成長する人なんていません。キレる上司は、だいぶやばいです。いい上司なら、キレないし、悪口も言いません。

 

 

なぜキレるの?

理由は、キレることが相手を屈服させる一番の方法だから。

 

マウント上司でもあったように、上司は、自分の価値を感じたいので、部下を支配しようとします。ただ、キレる上司は、感情がコントロールできていません。なので、一番簡単に部下を支配する方法「キレる」を選びます。

 

キレる人は、自分の感情をコントロールできない、コミュニケーション能力が極端に低い人だと理解しましょう。

 

そして、キレ口調に「暴力」が伴っていたら、かなり末期です。暴力は、最もレベルの低いコミュニケーション方法。関わるだけ損をします。

 

⑤相手の時間を奪う人

上司
上司

口癖:〇〇やっといて!

 

具体的な特徴は、

  • やたら話が長い人。
  • 悪気なしに、よくお願いごとしてくる人。

悪気がないからこそ、余計やっかいです。

 

いい上司であれば、部下の時間も、お客様の時間も大事にしているので、相手の時間を奪いません。

 

なぜ、相手の時間を奪うの?

理由は、自分の時間を損したくないから。

 

冒頭話した通り、「悪気ない」のがやっかいです。その上司は、「俺部下の時間を奪っているな。」とは思っていないので。

 

こんな上司に関わると、一生時間を搾取され続けて、あなたが損するだけです。あなたに返ってくることはありません。

 

たしかに、仕事がわからない段階で、「これやっておいて」と仕事を覚えるという意味で頼まれる仕事もあるでしょう。しかし、その仕事をやって、意味があるのは最初だけです。

 

毎日、毎週、毎月のように、同じような業務を頼まれていたら、気をつけましょう。上司はあなたのことを何も考えていない可能性があります。

 

⑥正論だけを言う上司

上司
上司

口癖:それは〇〇だから。それは決まっていることだから。

 

ルールだからと勝手に決めつけて、論破してくる上司は無能です。

 

いい上司であれば、ルールに縛られず、すべての物事をフラットにとらえます。

 

なぜルールを押しつけるの?

理由は、思考が停止しているからです。

 

  • それは〇〇だから
  • 前任者のマネすればいいよ
  • それは社内のルールで決まっていることだから

 

このタイプは、何に対しても、疑問をもっていません。思考停止している方が楽だから、ルールに従っているんです。

 

今は令和。昭和ではありません。

 

30年前の考え方、ルールが本当に正しいのか、考える必要があります。

 

⑦やったことがないのに偉そうな上司

上司
上司

口癖:今までやったことがないからだめだ!失敗したらどうするんだ!

 

失敗を恐れている上司は無能です。

 

新しいチャレンジなしに会社は発展しません。いい上司は、部下のチャレンジを心から応援してくれるし、責任もとってくれます。

 

なぜ、やったことないことに否定的なの?

理由は、失敗したときの責任を取りたくないから。

 

そもそもですが、前例がないのに否定できるわけがありません。勝手に会社のルールに当てはめて、「失敗する」と勝手な仮説をたてているのです。

 

このタイプの上司は、自分を過大評価しすぎています。

 

自分がいうことは何でも正しい、成功する、間違いない、と思っているのです。

 

たしかに、上司の多くは、自分の長い社会人経験をもとに否定しています。なので、正しい場合も、もちろんあるでしょう。しかし、その上司の経験がすべての物事の答えとなるでしょうか。決してそんな事はありません。

 

このタイプの上司は、自分を過大評価するあまり、自分の経験が最強だと勘違いしています。だから、チャレンジに否定的なのです。

 

⑧他責思考の上司

上司
上司

口癖:これは誰が悪いんだ!誰の責任だ!

※他責思考:トラブルを人や環境のせいにする考え方のこと。

 

問題が起きたら、すぐ犯人探し。

 

いい上司であれば、問題が起きた原因を踏まえ、今後どうするかを主体に考えます。

 

なぜ、トラブルを人や環境のせいにするの?

理由は、犯人にすべての責任を押しつけたいから。

 

他責思考の上司が多いと、トラブルが起きたとき、「誰のせいで、このトラブルが起きたんだ!」という犯人探しや、「このトラブルに自分は関係ない!」というアリバイ探しがでてきます。この犯人探しや、アリバイ探しのせいで、トラブルの原因が、個人の責任、所属の責任になってしまい、組織が崩壊します。

 

組織の崩壊で、目標を見失い、無駄な行動が多くなり、会社は成長していきません。

 

犯人探しは、会社の存続に関わってきます。

 

無能な上司への対策

結論。逃げましょう!つまり、部署異動か転職です!

 

なぜなら、あなたは上司の性格を変えることができないから。

 

例えば、勇気を出して、その上司に注意したとしましょう。「あなたの教育は間違っている!これじゃ若手がダメになります!」この発言を聞いて、「俺が悪かった。心をいれかえるよ。」こんなこと言うでしょうか。

 

おそらく言わないでしょう。

 

あなたの発言をきいて変わるかどうか決めるのは、上司の問題です。

つまり、あなたに上司を変える力はないのです。

※「上司がなぜ変わらないのか」詳しくは以下の記事を参考に。

 

あなたの問題も、あなた自身で解決させるしかありません。

だから、選択してください。

 

①上司に勇気をもって反論するのか
②先輩に部署異動を相談するか
③会社をやめて転職するのか
私は、③をおすすめします。

最後に

本記事は、私がストレスでヤバかった時期に出会った、ビジネスYoutuber7人の「人生で関わっていけない人」をまとめたものです。

 

みなさんの動画は、1年以上見ています。

 

あのつらい日々がなければ、このみなさんの動画とも会えなかったと思います。そう思うと、つらい日々も悪くなかったです。

 

つらい経験をされている方も、向上心バリバリの方も、ぜひ視聴してみてください!

 

下記の名前が、Youtubeチャンネルのリンクになっています!

鴨頭嘉人さんマナブさんマコなり社長両学長やまもとりゅうけんさんハック大学さん学識サロンさん

本当にありがとうございました!

コメント

コメントする

目次
閉じる