【初心者向け】読みやすい文章を書くための10のコツを解説!

悩んでいる人

自分の書いている文章に自信がない。誰が見ても読みやすい文章ってなんだろう?文章がうまくなりたい!

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 読みやすい文章を書くための10のコツ
  • 本記事の信頼性

この記事を書いてる私は、ブログ歴15ヶ月。Twitterで「わかりやすくて、読みやすい文章でした!」と言っていただくことが増え、月間1万PVを達成しました。

この記事で紹介する「読みやすい文章を書くための10のコツ」を理解すれば、誰でも読みやすい文章を書けるようになるはず。

この記事を読めば、読みやすい文章を書くコツがわかりますので、ぜひ最後まで読んでください!

目次

読みやすい文章を書く10のコツ

読みやすい文章を書く10のコツは、以下のとおりです!

  1. 冒頭に結論を書く
  2. 既知情報を先に書く
  3. 一文を短くする
  4. 一文にひとつの内容を書く
  5. リズムに気をつける
  6. 「」で強調する
  7. 順接・逆接の使い方
  8. 難しい言葉は使わない
  9. リアリティを大切にする
  10. 余計なものは削り取る

①冒頭に結論を書く

冒頭には結論を書きましょう!

結論を先に書くメリットは2つ。

  • 最短で伝えられる
  • 後に続く文章がわかりやすい

最短で伝えられる

結論を最短で伝えることで、読み手に優しい文章になります。

社会人はみんな忙しい。だから、早く情報を知りたがります。

例えば、ネットニュース。見出しで全部わかるようになってますよね。ブログ記事だってそう。タイトルで内容がなんとなくわかります。

みんな早く情報が知りたいので、最短で伝えてあげた方が喜ばれます。

後に続く文章がわかりやすい

結論を先に書くことで、その後の文章がわかりやすくなります。

例えば、道案内をするとき、次のどちらが相手に優しいでしょうか。

説明①

駅までの道は、ここから真っすぐ行って、100m先を右折、次に20m先を左折、300m先を右折して、道なりに400m行くと駅です。

説明②

駅は南東に向かって歩いて20分くらい。曲がるのは3回。真っすぐ行った100m先を右折、次に20m先を左折、300m先を右折。そのまま、道なりに400m行くと駅です。

説明②の方が、イメージしやすくてわかりやすいですよね。

このように、先に結論をもってくることで、後の説明への理解が深まります。

もっこ

ビジネス文章では「結論を先に書く」が基本。読み手が理解できるように、導いてみましょう!

②既知情報を先に書く

読み手が知っている情報を先に書くことで、読みやすい文章になります。

例えば、読書感想文の書き出し。「私が感じたことは3つあります。まず1つ目は、、、」最初の一文で「感じたことは3つあるんだな」と、読み手に伝えることができます。

実は、先に知っているのといないで理解度は大きく変わります。

気をつけること

気をつけることは、既知の情報は「誰でも知っている情報」でないといけません。

次の2つのタイトル。どっちが読みたいでしょうか。

  • 「IoTで変わる暮らしの変化と危険性」
  • 「物が全部ネットにつながる!?個人情報だだ漏れの危機」

興味が出るのは下のタイトルのはず。

たしかに、上のタイトルは端的なタイトルでいいのかもだけど、IoTを知らなければ、上の記事は読む気になれませんよね。

誰もが知っている情報を書くことで、読み手にわかりやすく伝えることができます。

③一文を短くする

一文を短く書くと、読みやすい文章になります。

あなたも今まで文章にふれてきて感じているはずですが、一文がめっちゃ長いと読みづらいですし、結局何が言いたかったのかわからないから、頭から何度も読み返すことがあると思います。

この上の文読みづらいですよね笑。

そう、長文ってめっちゃ読みづらいんです。

基本一文50字超えるようなら「。」で切った方がいい

もっこ

一文は短く!どの本にも書いてある基本的なテクニックです。

④一文にひとつの内容を書く

一文にはひとつの内容だけ書きましょう!

なぜなら、人間そんなにたくさんのことが覚えられないから

認知心理学の研究によると、人間が短期的に覚えられるのは「5〜9単語」。複数の文を「〜て、」や「〜り、」のようにつなげてしまうと、重要な部分がぼやけて記憶に残らない。長い文章を読み直してしまう。「読みづらさ」の原因は、脳の構造にあったんです。

読みやすい文章を書きたいのであれば、一文にひとつのポイントだけ。

ポイントを絞ることで、重要な情報が強調され、より明確に伝わります。

⑤リズムに気をつける

文章のリズムを大切にしましょう。

よく先生に「です・ます統一しろ」なんて言われましたよね。でも、語尾なんて正直どうでもいい。「書く」で食べているライターさん。トップブロガーさん。みんな「文法は無視しろ!」って言ってるので。

文章を書く上で大切なことは「読み手にわかりやすく情報を伝えること」

文法無視しても、リズムよくわかりやすく書いた方がいいです。

たしかに、文章を見せる相手によっては「語尾が統一されてない」「国語習ってきたのか」そんなこと言う人もいる。ただ、何度も言いますが「読み手にわかりやすく伝えること」が文章の目的。

本来の目的を忘れないでください。

⑥「」で強調する

「」を使って強調させることも、読みやすい文章のコツです。

小さなテクニックですが、意外と大事。

「」つけることで、読み手は「VIP待遇」でその文字を見てくれます。

もっこ

伝えたいことが明確。もしくは、対比させたい情報がある時に使うのがおすすめです!

⑦順接・逆接の使い方

順接・逆接の使い方に気をつけましょう!

順接
  • そして、
  • また、
  • つまり、

順接の接続詞は、省略してもいいかも。だって、順接なので、もともとなくても成立するはずだから。

順接
  • しかし、
  • でも、

逆接は、文章に展開を生み出す「超重要接続詞」

自分の言いたいことの前において、意見を強調させる。逆接は間違って使えば、論理破綻する、まさに「諸刃の剣」。

使うときは、つじつまが合ってるか確認しながら使いましょう!

「〜が、」という接続詞に注意!

特に注意すべきは「〜が、」という接続詞。

順接にも逆接にもとれるので、読み手にとってわかりづらい接続詞です。

もっこ

あまり多用しないようにするといいかも。

⑧難しい言葉は使わない

難しい言葉を使うと、読みやすい文章にはなりません。

例えば、英語の長文。知らない単語が出てくると、そのたびに調べますよね?テストだったら、意味を予想して読んで、問題に答えてたはず。

日本語も同じ。文章を読んでいるとき、わからない単語が出てくると、なんとなくで読んでしまう。

結果、読み手に伝わらないのです。

難しい単語もなるべくわかりやすく。

中高生にもわかるくらいの優しい言葉で書きましょう!

⑨リアリティを大切にする

リアリティを大切にすると、読みやすい文章になります。

例えば、上司に研修の報告書を出す。このとき、資料の情報をまとめただけの報告書を作成してはいけません。なぜなら、誰でも作れるから。上司は、あなたが感じたことを知りたいのです。

文章を書くとき、必ず「読み手」がいる。

読み手は「あなたしか知らない情報」を求めています。

データをまとめただけの文章はやめて、自分の意見をさらけ出した文章を書きましょう。

そうすることで「共感」が生まれ、読みやすい文章になります。

⑩余計なものは削り取る

文章を書き終わったら、余計なものを削り取りましょう。

ビジネスにおいて、「短時間で伝えること」は必須条件。「短時間で伝える」ために、容赦なく削る。「せっかく書いたのにもったない!」こんな感情は捨てましょう。

「本当に伝えたいこと」だけ残して、あとは削る。

そうするれば、相手の時間を奪いことなく、短時間で伝えることができます。

もっこ

基本、文章を書くときは「たくさん書いて、あとから削る作戦」が1番効率がいいです。削る前提で書いてみましょう。

最後に

文章がうまくなりたい。

そう思った私が最初に手にした本は『20歳の自分に受けさせたい文章講義』。

その本の冒頭にこんな文章があります。

文章がうまくなる必要なんてない

引用元:『20歳の自分に受けさせたい文章講義』著者:古賀史健氏

国語嫌いの私が文章に向き合おう。ブログ書いてみよう。と思ったきっかけになりました。この本を読んでから、昔より「読みやすい文章」が書けるようになったと思います。

あなたも諦めず、読みやすい文章を目指してひたすら書いてみてください。書くことって、スポーツみたいに書けば書くほど上達していきます。これはまじです。

>>>書きまくって手に入れた「書くスピードを上げる方法」はこちら!

この記事が、少しでもあなたの助けになれば幸いです!

読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

コメントする

目次
閉じる