【初心者向け】コンクリートを打ち込むときの7つの注意点

悩んでいる人

コンクリートを打ち込むときの注意点ってある?初心者向けに教えて!

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • コンクリート打ち込みの注意点【7つ】

この記事を読めば、コンクリート打設する際に気をつけるべきことが大体わかります。

インターネット・書籍・経験者のアドバイスから作成したので安心してご覧ください。

目次

コンクリート打ち込みの注意点

コンクリート打ち込みの注意点は以下の通り。

  1. 打ち上がり面は水平に
  2. 打ち込みの高さは、1層当たり 40~50cm以下
  3. 2層以上の打込みは、上層下層を一体に
  4. コンクリート吐出口と打ち込み面の間は、1.5m以下
  5. 打ち上がり速度は 30分当たり1.0~1.5m程度
  6. 地面に打つときは、均しコンクリートを敷く
  7. 表面のブリーディング水は除去する

具体的に解説します。

①打ち上がり面は水平に

打上がり面は水平に均一なコンクリートにするため、水平に打ち込む必要があります。

コンクリート量が多い場合は、打込む場所も多くして、水平に打込みます。

型枠側から打ち込む

中央から打込むと、 粗骨材が型枠側に寄ってしまい、不良なコンクリートになります。 (この不良状態をジャンカという)

打ち込むときは型枠側から打ち込みましょう。

②打ち込みの高さは、1層当たり 40~50cm以下

打ち込みの高さは、1層当たり 40~50cm以下が標準。

なぜなら、バイブレータの振動部より短く、コンクリートの横移動を防げるからです。

一気に打つのではなく、40~50cm ずつ打込みましよう。

③2層以上の打ち込みは、上層下層を一体に

2層以上の打ち込みは、上層下層を一体にする必要があります。

上層下層を一体化させるためには 「許容打重ね時間間隔」を考慮して打ち込む必要があります。

  • 「許容打重ね時間間隔」とは、 下層を打ってから上層を打つまでの適切な時間のこと。この時間を守れば上層下層が一体となる。
外気温許容打重ね時間間隔
25℃以下2.5時間
25℃超え2.0時間

④コンクリート吐出口と打ち込み面の間は、1.5m以下

コンクリート吐出口と打ち込み面の間は、1.5m 以下が標準です。

コンクリートを高いところから落とすと、材料分離してジャンカができてしまう。

打込むときは高さに注意です。

⑤打ち上がり速度は 30分当たり1.0~1.5m程度

打ち上がり速度は30分当たり1.0~1,5m 程度です。

あまりに速く打込むと、 型枠に圧力がかかりすぎて、崩壊する恐れがあります。

危険なのでやめましょう。

⑥地面に打つときは、均しコンクリートを敷く

地面に直接打つときは、均しコンクリートを敷きます。

均しコンクリートを敷かないと、 その上にのる構造物の高さが正確に計測できないから。 また、均しコンクリートによって、地面へのブリーディング水を防ぐ効果もあります。

品質確保のため、均しコンクリートは原則必要です。

⑦表面のブリーディング水は除去する

表面のブリーディング水は除去する必要があります。

  • ブリーディング水とは、 生コンクリートの表面に浮き出る水のこと。

このブリーディング水を除去しないと、コンクリートが劣化し、耐久性が保てません。

スポンジ、 ひしゃく等で除去しましょう。

おわりに

今回はコンクリート打設の注意点についてまとめてみました。

他に土木関係の知識をまとめた記事のあるので、ぜひご覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる