【未経験・新卒向け】地方IT企業の選び方のコツ7選【資格も教えます】

ライフ

こんにちは。もっこです。

地元のIT企業に就職したいんだけど、どんな企業がいいんだろう…。きつい職場だったら嫌だしな。何か企業選びのコツがあれば教えてほしい…。ついでに、資格とかあったほうがいいのか教えて!

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 地方IT企業の選び方のコツ【7選】
  • 持っているといい資格【3選】

 

私は2020年3月まで4年間。県内では割と有名な地方IT企業にいました。なので、これから就職するあなたのために、企業選びのコツを紹介したいと思います!

 

「この情報早く知りたかった!」という内容なので、きっとあなたの役に立つはずです!

 

それでは紹介していきます!

 

地方IT企業の選び方のコツ【7選】

 

地方IT企業の選び方のコツをまとめました!

 

地方IT企業の選び方のコツ【7選】

①最新技術に取り組んでいるか

②研修制度はしっかりしているか

③売上が伸びている会社か

④在宅勤務できるか

⑤ワークライフバランスが充実しているか

⑥通勤距離はどのくらいか

⑦平均年齢は若いか

 

それぞれ具体的に解説します!

 

①最新技術に取り組んでいるか

 

超大事なのが、最新技術に取り組んでいるかです。

 

なぜ大事かというと、最新技術に取り組んでいない会社に未来がないからです。

 

例えば、これから「はんこ屋」に就職する人の未来は明るいでしょうか?明るくないはずです。政府が、印鑑の電子化をすすめているから。

 

 

ようは、変化に対応していく会社じゃないと、お客からお金がもらえず倒産するかもってこと。

 

たしかに、古いことしてても儲かってる企業はあるかもしれません。ただ、それは超絶一部の企業だけ。特に、IT企業には「時代の変化」についていく力が必須です。

 

企業選びのポイント

 

会社の業務内容を確認ください。見るポイントは2つ。

 

業務内容で見るポイント

  1. Webアプリ開発
  2. 受託開発

 

1.Webアプリ開発

 

Webアプリ開発に取り組んでいればOKです。Webアプリは地方に需要があるので。

 

採用情報に記載がないなら、会社に質問してみましょう!

 

2.受託開発

 

「受託開発」を基盤にしてる会社は怪しいかも。

 

受託開発の怪しさについては「【現実】地方IT企業のデメリット7つを解説!【結論:就職見直そう】」で解説しています。

 

②研修制度はしっかりしているか

 

若手の研修制度は重要です。

 

なぜなら、研修制度で「若手の教育にどんな思いがあるのか」がわかるからです。

 

就職する前、こんな不安ありますよね。

プログラミングできないけど、大丈夫かな…。自信がない…。

 

この不安を解決してくれるのが「研修」です。

 

企業選びのポイント

 

若手の教育を考えてる企業には「教育研修」があります。

 

たくさん研修があればいいわけではありません。研修内容が「具体的に書いてあるか」が重要。具体的に書いてあり、明確に何を学べるのかイメージできると不安がなくなるはずです。

 

研修制度が明確にない場合は「仕事をしながら覚える」という形になるでしょう。

 

③売上が伸びている会社か

 

売上が伸びている会社かどうかが重要です。

 

なぜなら、基本的に、売上=給料だからです。

 

そもそもの話。会社が儲かっているから、社員に給料がたくさん出ます。その逆も然り。コロナの関係で、多くの会社の売上が落ちました。結果、多くの会社の給料が下がりました。売上と給料は連動するのです。

 

つまり「売上が伸びないと、給料も伸びていかない」ということ。

 

やっぱり給料は高いほうがいいですよね!

 

企業選びのポイント

 

ネットで、あなたが気になっている会社の売上をチェックしてみましょう!(大体、就活情報サイトに書いてあります!)

 

過去5年分くらい見れれば、会社が伸びているかがわかります。5年連続で落ちて続けている会社はちょっと危ないかも。給料どころか倒産のリスクさえあります。

 

④在宅勤務できるか

 

在宅勤務(テレワーク)ができるかは大事です。

 

コロナの影響で、在宅勤務が一気に広まりました。世間が在宅勤務の流れなのに、やってない会社はやばいです。

 

たしかに、会社に行かなければできないこともあります。でも、週5日会社に行く必要はないはず。正直、プログラマーは会社でも家でもやること変わらないし。家の方がストレスなく仕事できます。

 

企業選びのポイント

 

「積極的に在宅勤務を行っているか」チェックしましょう!

 

⑤ワークライフバランスが充実しているか

 

ワークライフバランスは重要です。

 

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートを両立させましょう!という取り組みです。仕事もしっかり集中できて、プライベートの時間もしっかり確保できる。こんな会社が理想。

 

仕事も大事だけど、やっぱりプライベートの時間がほしいですよね笑

 

企業選びのポイント

 

「福利厚生」を見ましょう!

具体的なポイントは以下の通り!

 

福利厚生のポイント

  • リフレッシュ休暇がある
  • 男性の育児休暇取得率が高い
  • 定時退社日がある

 

こんなとこを見ると、会社のワークライフバランスに対する考えがわかります!

 

⑥通勤距離はどのくらいか

 

会社関係ないですが、通勤距離は近い方がいいです。

 

例えば、バイト行くとき。けっこう行くのめんどくさいですよね。でも、行ったらなんだかんだ楽しい。こんな経験あるはず。バイトに行くまでが嫌なんですよね。

 

割と仕事も一緒です。通勤距離が長ければ長いほど、朝の時間がつらくなります。

 

たしかに、会社の建物が見えるくらい近いと嫌になるかもしれません(友人の証言によると)。ただ、通勤距離が長い方がもっと辛いです。どちらも経験した私が自信を持って言えます。

 

企業選びのポイント

 

通勤時間15分以内の距離がおすすめです。

 

⑦平均年齢は若いか

 

平均年齢は若い方がいいです。

 

なぜなら、平均年齢が高すぎるとコミュニケーションが取りづらいからです。

 

平均年齢が40歳以上だと、入社したときこうなります。

あれ?こんなにベテラン多いんだ…

 

平均40歳の構成は、20代と40代、50代。30代は少ないです。この構成はIT業界あるあるらしい。

 

まわりがベテランばかり。20歳以上離れているので、なかなか打ち解けた話ができなかったりします。

 

もちろん、気さくに話しかけてくれる上司、先輩方もいます。ただ、現実はそう甘くないかもしれません。ちなみに、私の会社は甘くなかったです笑。詳しくは「【本質】嫌いな上司へのストレスをなくす、たったひとつの対処法」で解説してます。

 

企業選びのポイント

 

平均年齢もチェックしてみましょう!

 

正直、平均年齢で会社の雰囲気すべてはわかりません。なので、参考程度に。

 

持っているといい資格【3選】

 

IT企業就職前に、持っているといい資格を紹介します!

 

先に言っておきますが、あくまで「持っているといい」です。必須ではありません。

資格持ってない人の方が会社には多いので。

 

持っているといい資格【3選】

①ITパスポート

②基本情報技術者

③応用情報技術者

 

①ITパスポート

 

ITパスポートの資格はいらないけど、試験内容の知識は必要です。

 

ITパスポートってホント基礎知識なので、ないと最初苦労します。情報系の学校でていればいらないかも。

 

②普通情報技術者

 

エンジニアになるなら必要な資格。

 

国家資格なので、持っていれば、就職にも転職にも役に立ちます。

 

③応用情報技術者

 

20代で応用持ってるとすごい。

 

地方企業ならエンジニアとして、どこでも行けるのではないでしょうか。会社にいると褒められます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

正直、会社に入らないとわからないことはあります。

 

ただ、紹介した7つは、入社前に知ることができる情報。就活してるあなたに必ずためになります。

 

実際私は、誰かにこの7つを教えてほしかったです‥。

 

この記事を参考にして、より良い会社に就職できること、心から願っています!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました