【初心者向け】eコマースとは?今後のEC市場と成功する秘訣を解説!

マーケティング

こんにちは!もっこです!

eコマースって何?ec市場って今後どうなっていくの?将来、絶対つぶれない。成功する店を経営したいんだけど!もしいい方法があるなら教えてほしい!マーケティング初心者だから、わかりやすく教えて!

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • eコマースとは?
  • ec市場は今後どうなるのか
  • 将来成功する店の特徴【5選】
  • 経営者になるあなたがやるべきこと

 

今回は「2025年、人は買い物をしなくなる」を参考に、ec市場の動向と店舗ビジネスで成功する方法を、わかりやすく解説します。ビジネス完全初心者の方には、衝撃の内容かもしれません。ただ確実に訪れる未来なので、あまりびっくりせずに見てください。

 

eコマースとは?

eコマースは、インターネットを利用した「電子商取引」のこと。ECともいいます。

ネットで服を買ったり、旅行サイトでホテルを予約したりして、インターネット上で決済する。ようは、ネットショッピングです。

 

EC市場は今後どうなるのか

結論からいうと、EC市場はどんどんのびていき、最終的に、人は買い物しなくなります。

このことについて、具体的に解説します。

 

EC市場はどんどんのびていく

インターネット、スマホの利用率増加により、EC市場はどんどんのびていきます。

そして、5Gの到来で、市場規模はさらに加速。のびないわけないんです。

 

いや、現時点でけっこうネットショッピングしてるんですけど。これからまだのびるの?

こんなこと思いますよね。

 

実はこれは大きな間違いです。

経済産業省のデータによると、全国の商取引のうち、ECが占める割合はたったの6.76%しかありません。つまり、EC市場はのびる余地がまだまだあるということ。

 

それでは、EC市場がのびる理由は何でしょうか。

理由は、以下の3つがあげられます。

 

①客は家から出ないで買い物するから

②客はネットの口コミ・レビューを信じるから

③AIがほしい商品を教えてくれるから

 

それぞれ解説します。

 

①客は家から出ないで買い物するから

ECがのびる理由は、客が家から出ないで買い物するからです。

 

すでに本や服などの「形あるもの」は、ネットで買う人が多いですよね。でも、ここ数年で、保険や占いなど「形のないもの」までネットで買えるようになってきました。ようするに、将来、買い物を理由に、家から出る必要がなくなるんです。

 

近所にシャッター街がありませんか?もう店頭で売る平成の時代は終わったんです。

 

②客はネットの口コミ・レビューを信じるから

ECがのびる理由は、客がネットの口コミ・レビューを信じるからです。

例えば、CMを見ていて、

 

「あのシャンプー今度使ってみよ!」
「あの車かっけえ!今度買いに行こ!」

 

こんな人いますか?今では、ほとんどいません。

 

「あのインスタで見たスイーツおいしそう!」

 

今は圧倒的にこっちのほうが多いです。

 

飲食店を選ぶにも☆を気にするし、就活では口コミを気にする。ものを買うとき、芸能人でなく、Youtuberやインスタグラマーのすすめたものを買う。これが当たり前になります。

 

③AIがほしい商品を教えてくれるから

ECがのびる理由は、AIが自分のほしい商品を教えてくれるからです。

 

あなたがいつも見ているYoutube。自分の好きな動画は「検索して」見ていますか。

きっと、「検索」せず「おすすめ」にでてきた動画を見ているはずです。

 

これからは「あなたの代わりにAIが勝手に選んでくれる時代」が加速していきます。おすすめにでてくる商品だけ見て、クリックするか、しないか。それだけでいいんです。

 

そして、5Gによってさらに加速。

 

  • 体の調子が悪くなる前に、サプリメントが届く
  • なくなる前に、洗剤・トイレットペーパーが届く
  • 健康に合わせて、献立通りの食材が届く

 

かんたんにいうと「自分のほしい商品が、ほしいタイミングで届く」未来。
こんな未来が、当たり前になります。

 

結果、人は買い物しなくなる

「買い物しなくなる」は言い過ぎですが、「買い物が無意識レベルになる」未来は必ずやってくるというわけです。

 

将来成功する店の特徴【5選】

それでは、そんな未来の中で、成功する店の特徴を5つ紹介します。

 

①メーカーであること

②商品が体験型

③商品がサブスクリプション型

④商品で「時間」を得られる

⑤インフルエンサーを活用する

 

 

具体的に解説します。

 

①メーカーであること

例えば、あなたが服をデザインしたとします。

  • 商店街の服屋にもっていく
  • ネットで販売する

 

どちらの方法で売りますか?

 

絶対、ネットで売りますよね。わざわざ商店街の服屋にもっていく人なんていないはずです。

 

昔は「メーカーが商品をつくって、代理店が売る」が当たり前でした。

でも、これからは「メーカーと客が直接つながれる時代」です。

 

商品の流れ

過去:メーカー➡代理店➡客
未来:メーカー➡客

 

Youtube、インスタなどで直接、服を宣伝するもよし。アマゾン、メルカリ、ヤフオクで売るもよし。何でもありです。

 

「いや、代理店でも儲かってるよ!」こんな意見もあるはず。もちろん、代理店でも成功してる人はたくさんいます。ただ、これからのECが代理店の機能を奪ってしまう未来では、成功は難しいでしょう。

 

代理店の価値はほとんどなくなりました。成功したいのであれば、商品をつくるメーカーになるべきです。

 

②商品が体験型

ECが拡大していき、人が家から出なくなる話をしました。

では将来、人は完全に家からでなくなるでしょうか。

 

答えはノーです。

 

コロナでオンライン飲みが流行りました。でも、「これからの飲み会も全部オンラインでいいや」って思いましたか?「友だちと直接会う飲み会は、オンライン飲みより楽しい。」こう思ったはずです。

 

どんなにECが拡大しても、「体験型の店」は残ります。

  • 友だちと話せる居酒屋
  • マッサージ、エステ
  • 遊園地

 

ようは、「ネットで代替できない店」「わざわざ行く価値のある店」だけが生き残るのです。

 

③商品がサブスクリプション型

サブスクリプション(月額定額制)は、「めんどくさい」を解決したサービスです。

 

好きなアニメを見るとき、何で見ますか?

アマゾンプライム、Netflix、U-NEXT。これらの有料動画サービスで見るはず。

今どき、DVDをレンタルしてきて見る人は少ないでしょう。

 

有料動画サービスで見るのはなぜか。

 

  • 「DVD借りに行くのめんどくさい」
  • 「おすすめのアニメを自分で調べずに知りたい」
  • 「自分で見たいアニメ選ぶのめんどくさい」

 

理由は上記の通り。これらの「めんどくさい」を解決したのが、サブスクなのです。

 

売る側も、定期的に売上があがる。

買う側も、「めんどくさい」を解決してくれる。

 

サブスクは、店も客もWinWinの最高の仕組みなのです。

 

④商品で「時間」を得られる

今もこれからも、客が求めているのは「時間」です。

 

昔の客は「便利さ」を求めていました。

 

  • 手軽に掃除できる電気掃除機
  • オーブンもトースターもついている電子レンジ
  • 近くにあって何でも売っているコンビニ

 

ただ、「便利さ」が当たり前になった現在。客が求めているのは「時間」です。

 

  • 自分が出かけている間に掃除してくれるルンバ
  • 食材を入れてボタン1つで出来上がる電子レンジ
  • レジに並ばなくていい無人コンビニ

 

現在、メーカーが出しているヒット商品のうち、7〜8割は「時間」に関連した商品だそうです。

これからは、「どれだけストレスのかかる時間を減らせるか」「どれだけ快適で楽しい時間を生み出せるか」が鍵。

 

自分がつくる商品が「時間」に関係したものならば、販売において有利になるはずです。

 

⑤インフルエンサーを活用する

今、客はインフルエンサーからものを買うようになっています。

 

さっき話したように、テレビCM・新聞のチラシで商品を買う人は、今ほとんどいません。人気Youtuberやインスタグラマーのような「インフルエンサー」がすすめた商品を買います。それがわかっている大手企業は、今テレビCMを流すのではなく、インフルエンサーたちにお願いして商品を紹介してもらっています。

 

ここで重要なのは、インフルエンサーたちが「自分のいいと思ったもの」を紹介していること。いいと思っていないものを紹介すると、チャンネルの評価が下がってしまいます。

 

ようは、インフルエンサーは、テレビCMより信頼性が高いということ。

 

一般的には、3万人のフォロワーがいれば、企業のスポンサーがつくレベルだそうです。そして、SNSのフォロワー数を、新卒採用の選考基準の1つにしている企業も増えてるそうです。

 

これから、さらなる大インフルエンサー時代に突入します。

 

経営者になるあなたがやるべきこと

それでは、「将来成功する店の特徴【5選】」をもとに、やるべきことのまとめです。

未来の経営者がやるべきこと

  1. 自分の商品をもつこと
  2. 客に価値を生み出す商品をもつこと
  3. サブスクを意識すること
  4. 客の「時間課題」を解決する商品をもつこと
  5. インフルエンサーを使うこと

 

最後に

近い将来、人の買い物は無意識レベルになります。

その世の中で戦っていくには、上の5つが必須になってくるはずです。

 

やはり「今」ではなく、「未来」を考えることはとても重要ですね!

 

マーケティングを勉強している初心者向けに「【初心者向け】副業で役立つWebマーケティングの基礎知識7選」でも、必須知識を紹介していますので、参考にしてください。

 

あなたの将来の経営に、これら記事が役立つことを心から願っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました