【図解】盛土とは?埋戻や切土との違いを簡単解説【注意点もあり】

悩んでいる人

盛土・埋戻・切土の違いがわからない、、、。わかりやすく解説しているサイトもないし。かといって、上司、先輩に聞くのもなあ、、、。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容
  • 盛土とは?
  • 盛土・埋戻・切土の違いを簡単解説
  • 盛土で注意すべき点【5つ】

私も土木について詳しくありません。

なので、書籍、インターネット、上司、先輩を利用して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました!

もしよろしければ参考にしてください!

目次

盛土とは?

盛土(もりど)とは、今ある地面の上に土を盛ることです。

人、車が通れるような平らな道をつくるときや、斜面をつくる、平らにするときに盛土をします。

ざっくりとした図はこんな感じ。

盛土・埋戻・切土の違いを簡単解説

盛土・埋戻・切土の違いをかんたんに解説します。

  • 盛土:斜面を平らにするために、土を盛る作業。
  • 埋戻:床掘で余った土を、もとの状態に戻す作業。
  • 切土:斜面を平らにするために、土を削り取る作業。

まず、盛土と埋戻。違いは「どこの土を使うのか」です。

盛土は、現場もしくは遠くの土砂置き場から運んできた土を利用します。それに対して、埋戻は、床掘ででた土を利用します。つまり、埋戻は「床掘」があってこそ成り立つ工種なんです。「埋戻と床掘はセット」このように覚えてきましょう。

※床掘がわからないという方は、こちらの「【図解】掘削と床掘の違いを徹底解説【埋戻も】」をご覧ください!

次に、盛土と切土。違いは「土を盛るのか、削り取るのか」です。

かんたんすぎるので、解説は省略します。

盛土で注意すべき点【5つ】

盛土で注意すべき点は5つあります。

  1. 土質
  2. 高さ
  3. 勾配
  4. 地盤

それぞれ、具体的に解説します。

①土質

盛土で使用する土が、砕石(岩を細かく砕いたもの)や砂などの「粒があらいもの」の場合、注意が必要です。

粒があらいものは、法面(盛土の斜面)の侵食をうけやすいのが特徴。つまり、せっかく盛土した斜面が削れてしまうということです。加えて、法面保護もしにくい土質でもあります。(法面保護とは、法面に草を植えたり、コンクリートを吹き付けたりすることです。)

なので、「盛土材料を変える」か「土羽をうつ」必要があります。

「土羽をうつ」とは、法面に最後の仕上げをすることです。

具体的な工法としては、法面直下30cmの部分に、侵食に強い盛土材を使って仕上げます。

参考図は以下のとおりです。

盛土をする際は、「どんな土質の盛土材を使おうとしているのか」に注意して施工しましょう!

②高さ

盛土が高すぎると、法長(法面の長さ)も長くなり、法面が削られることがあるので、注意が必要です。

急な坂道を想像してみてください。その坂道の頂上からボールを転がしたとき、坂道が長い方と、短い方。どちらの坂道のほうがボールは速いでしょうか。それは、坂道が長い方です。

盛土の法面には、雨水だったり、土砂だったり、落石だったり。さまざまなものが侵入してきます。

法長が長くなればなるほど、侵入してきたもののスピードはあがり、同時に法面はどんどん削れていきます。

削られないような対策として、小段をつくる方法があります。

このように、小段をつくることで、法面への影響を最小限にすることができます。

小段は、盛土斜面の高さが5m〜7mくらいに、1つずついれます。

盛土する際に、「どのくらいの高さまで盛るのか」は確認してください!

③勾配

盛土斜面が急すぎると、法面が削られる可能性があるので、勾配には注意が必要です。

②の高さでも話しましたが、斜面が急だと、雨水や土砂のスピードがあがり、どんどん法面が削られます。

なので、盛土法面の勾配は、基本1:1.8にするようにしましょう!※土質によって多少変わります。

勾配1:1.8は、こんな感じです。

これが、1割8分勾配です。

※勾配については、こちら「法面勾配の意味と、角度や距離の計算(具体的に学ぶ数学)」で、めちゃわかりやすく解説されています!

盛土する際に、「法面がどのくらいの勾配なのか」は確認してください!

④地盤

盛土する場所の地盤を事前に確認することは、非常に重要です。

地盤の確認をしないと、盛土が崩壊するおそれがあります。

  • 軟弱な土質ではないか
  • たくさんの水が含まれていないか
  • ちゃんと締め固まっているか

しっかり調べておかないと、地すべりの原因になり、大事故につながります。

工事に入る前は、必ず地盤調査をしましょう。

⑤水

盛土する場所の「水の流れ」を確認することは、非常に重要です。

①〜④の中でもでてきましたが、工事する上で、水はとてもやっかいです。

  • 雨水で法面が削られる
  • 盛土に雨水が侵入し、地すべりが起きる
  • 地下水の影響で、地すべりが起きる

ただ、工事にかかるお金も限られているため、すべての地盤を調査し、水の流れや土の水分量を調べることはできません。

なので、あたりをつけて調査をすることが必要になります。

最後に

盛土についての解説は以上です。

わたしの上司は、土木工事で大事なことは「予測すること」と言っていました。

「ああなってそう」「こうなっていそう」このような予測が、将来の大事故を防ぐのだそうです。

まだ若手で経験も浅いですが、この「予測すること」を大切にして、施工していきます。

参考になったでしょうか?ちなみに、他の土木知識もまとめているので、詳しくは「【完全初心者向け】積算に役立つ土木の基礎知識まとめ」を見てください!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる