【図解】掘削と床掘の違いを徹底解説【埋戻も】

悩んでいる人

掘削と床掘の違いがわからない、、、難しく説明してるサイトばっかりだし、、、

こういった悩みに答えます!

本記事の内容
  • 掘削と床掘の違いがわかる!
  • 埋戻しがわかる!

難しく解説しているサイトばっかりなので、わかりやすく、かんたんに解説したいと思います!

目次

【単語解説】掘削・床掘・埋戻

掘削・床掘・埋戻を単語解説します。

  • 掘削:現地盤から、施工基面まで掘る作業。
  • 床掘:構造物をつくることを目的に、施工基面から下を掘る作業。
  • 埋戻:床掘で余った土を、もとの状態に戻す作業。

【図解】掘削・床掘・埋戻

ざっくりこんな感じです。

掘削と床掘の違い

掘削と床掘の違いは、かんたんにいうと以下の通り。

  • 掘削:施工基面の上を掘る。埋戻はしない。
  • 床掘:施工基面の下を掘る。埋戻はする。

掘削と床掘をわけるポイントは「施工基面」です。

施工基面の考え方

施工基面とは、計画路床高ともいい、路盤上の表面の高さを指します。

もっこ

よくわかりませんよね、、、。

施工基面の判断としては「その掘る土は、何のために掘るのか」で考えるといいと思います。

  • 普通に掘削する ➡ 施工基面は土の下
  • 構造物を入れるために掘削する ➡ 施工基面は土の上

あと調べたら、「施工基面は、重機を配置する高さ」と解説してくれている方もいました。

【例外】埋戻について

床掘したときは、必ず埋戻をします。

しかし、例外が存在します。

それは、川の中を床掘するときです。

水締め工法

水締め工法とは、土を埋戻をするときに、水を注ぎながら埋戻し、締め固める工法です。

この場合、実際の作業としては「埋戻」を行うのですが、積算上は「積込(ルーズ)」となります。

最後に

掘削と床掘。土木に詳しい方でも、よく間違うことがある、難しい内容です。

パターンで覚えるのではなく「どういう意味の言葉なのか。」「この工事の施工基面はどこか。」を考えると、迷わず積算できると思います。このサイト以外でも、調べるとたくさんでてきますので、複数サイトで判断することをおすすめします。

他の土木知識もまとめているので、詳しくは「【完全初心者向け】積算に役立つ土木の基礎知識まとめ」を見てください!

以上。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる