【解決】人見知りにおすすめの仕事3選【つらい人間関係から脱出】

ライフ

こんにちは!もっこです!

 

悩んでいる人
悩んでる人

人見知りすぎて、職場の人間関係がつらい。転職しても、またつらくなったらどうしよう。おすすめの仕事が知りたい。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 大前提【人見知りは治す必要ない】
  • 人見知りにおすすめの仕事【3選】

 

先日、メンタリストDaiGoさんの著書『自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス』を読みました。

 

読み終わって知ったのは「人見知りは無理に治さなくてもいい」ってこと。理由について、しっかり解説します。

 

この記事を読めば、今の「人見知り」を変えず、新しい仕事を見つけることができます。

 

大前提【人見知りは治す必要ない】

 

人見知りは治す必要ありません。

 

なぜなら、人見知りが、あなたの強みだからです。

 

こっちは真剣に悩んでいるのに。人見知りが強みとか言うなよ。

こう思うかもしれません。でも、あなたは「人見知りの良い面」を知らないだけ。実際、いいところもあるのです。

 

 

根拠をお話しますので、お付き合いください。

 

時間を守る人と時間を守れない人の違い

『自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス』で、おもしろい研究がありました。

 

時間を守れる人と時間を守れない人に「時計を見ずに1分たったら、ストップボタンを押してください。」とお願いしました。すると、時間を守れる人は、約57秒。時間を守れない人は、約78秒でした。

 

なぜ違いがでるのかというと、時間を守れない人は、「別のことに注意を拡散させて、違うことを考えているから」。そして、この時間を守れない人の特徴は、クリエイティブな考えをもった人と同じ特徴だったそうです。

 

現代において「時間を守れないやつはクズ!」みたいな風潮がありますが、将来的に考えれば、クリエイティブなスキルを持っている人のほうが圧倒的に有利。(理由は、【重要】AIでなくなる仕事とは【対策を紹介します】で解説しています。)

 

ようするに、自分が「欠点」だと思っていることは、実は「強み」だったりするのです!

 

人見知りは欠点ではない

ゆえに、人見知りは欠点ではありません。

 

本書では、こんな言葉がありました。

オタクな人や、いわゆる”コミュ障”の人がコミュニケーションをうまくとれないのは、「自分はコミュニケーションがへたかもしれない」という不安がコミュニケーション能力を下げているからです。じつは、外交的な”リア充”よりも、オタクな人のほうがコミュニケーション能力が高いということがわかっています。自分を”コミュ障”だと思っている人のほうが、実際には他人の心を読む能力が高いのです。

引用元:『自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス』より

 

つまり、人見知りは、自分で思っているから「人見知り」になっているんです。

 

「いや、こんなのデタラメだ!」と思うかもしれません。でも、過去を振り返ってみてください。あなたは、常に相手をのことを考えて発言していませんか?そして、相手のことを考えて”発言しなかった”こともあったのではないでしょうか。

 

あなたは、他人の心を読む能力が高い。「人見知り」なんて欠点ではないのです。

 

欠点は強みにできる

人見知りは欠点ではなく、あなたの強みです。

 

欠点⇨強みの具体例

  • 時間が守れない人 → クリエイティブな人
  • コミュ障・人見知り → 他人の心を読む能力が強い
  • 怖がり → 綿密な計画がたてられる
  • 不安症 → 集中力が高い

 

このように、欠点を強みに変えることができます。

 

たしかに、コミュ力が高いほう生きやすいのかもしれません。しかし、コミュ力が高い人にだって欠点はあります。コミュ力が高い、外交的な人の欠点は、空気が読めない人が多い。コミュ力の高い人は、自分のペースに巻き込もうとするために、空気をぶち壊す発言がでる傾向が強いそうです。

 

「空気をぶち壊すコミュ力高い人」より「他人のことを考えられる人見知り」の方が、これからの世界に必要です。

 

人見知りを欠点ではなく、「強み」「長所」だと自分の中で認識しましょう!!

 

人見知りにおすすめの仕事【3選】

 

それでは、人見知りを強みできる、おすすめの仕事を紹介します。

 

選ぶにあたって「将来のびていく業界であること」を重視しましたので、リストラにあった、、、なんてことにはならないはず。Youtubeや本から、その知識は十分に学んでいるので安心してください。

 

①プログラミング

1つ目は、プログラミング。

 

メリットは、以下の通り。

【一般的なメリット】

  • 案件がめっちゃ多い!
  • 人手が足りていないので、リストラとか基本ありえない!(聞いたところによると、1人のプログラマーを、7つの会社が奪い合っているそう。そのくらい重要が高いんです。)

 

続いて、人見知りの方にお得なメリットを紹介します。

【人見知り向けメリット】

  • あまり人と関わらない! → 圧倒的にパソコンに向かい合う時間が長い。会話の記録を残すため、メールでのやり取りが多い。リモートワークできるため、会社に行く必要がない。
  • スキルが上がれば、給料が上がる! → 重要が高く、案件の単価も高い。したがって、他の職種よりも、スキルアップが給料アップになりやすい。集中力を必要とするので、集中力持続に優れている人見知りの方にはピッタリ!

 

デメリットは「スキルが必要なこと」

 

プログラミングは、スキル習得までにたくさんの時間がかかります。さらに必要なのは、ユーザーの望んだプログラムを作成することです。そのスキルがなければ、給料もあがりません。しかし、あなたの強みは「他人の心を読む能力が強いこと」です。その強みを活かして、ユーザーの意図をくみとり、根気強く作業できるはずです。

 

プログラミングは今後ものびていく業界です。将来のために勉強する価値は大いにあります。

 

②動画編集

2つ目は、動画編集。

 

メリットは、以下の通り。

【一般的なメリット】

  • まだまだ伸びるぞYoutube! → Youtuberがどんどん増えているので、需要が高い。
  • かんたんにできる! → プログラミングに比べてかんたんにスキルが習得できる。

 

続いて、人見知りの方にお得なメリットを紹介します。

【人見知り向けメリット】

  • あまり人と関わらない! → プログラミング同様で、パソコンに向かい合う時間が長い。リモートワークできるため、会社に行く必要がない。

 

デメリットは、「Youtuberを活かすスキルが必要なこと」

 

当たり前ですが、動画編集の仕事は、Youtuberがいてはじめて成り立ちます。なので、そのYoutuberの魅力を引き出す動画を作らなければなりません。ようするに、仕事の依頼主であるYoutuberとのコミュニケーションがうまくとれること」が必須になります。しかし、あなたの強みは「他人の心を読む能力が強い」こと。Youtuberの意図をくみとって、問題なくこなせるはずです。

 

動画編集も今後ものびていく業界です。将来のために勉強する価値は大いにあります。

 

③転売

3つ目は、転売。

 

メリットは、以下の通り。

【一般的なメリット】

  • とにかくかんたん! → フリマで買って、アマゾンなどで売るだけ!
  • スキルがほとんどいらない! → 明日からでもはじめられる手軽さ!あと、売ったらすぐにお金になるのもいいところです!

 

続いて、人見知りの方にお得なメリットを紹介します。

【人見知り向けメリット】

  • あまり人と関わらない! → スマホ1台で取引。あとは郵送で郵便局に行くくらいなので、人と関わらない。
  • 商品をとことん調べる! → 転売で重要なのは「何を売るか」です。何を売ったら一番稼げるのか、とことんリサーチすることが必要なのです。集中力を必要とするので、人見知りの方にはピッタリ!

 

デメリットは、「やりがいを感じにくいこと」

 

かんたんに言ってしまえば「買って売る」。それだけです。もしかしたら、飽きてしまうかもしれません。しかし、あなたの強みである「他人の心を読む力」「集中力」を活かせば、継続的に稼げるはずです。

 

転売はのびる市場とかではないですが、誰でもかんたんにできるネット社会ならではの仕事と言えます。転売で、月100万とかいるそうなので恐ろしい世界です、、、。

 

最後に

今回は、メンタリストDaiGoさんの著書『自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス』で感じたことを記事にさせていただきました。

 

この本を読んでいて、DaiGoさんが「常に悩んでいる人の目線に寄り添いながら、励ますように」書かれている感じがして、すごく共感できたし、感動しました。これで、だいたい1000円とかお得すぎです。

 

この本は、出たばっかりなので書店に並んでいるはずです!

ぜひみなさんも読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました