【ギャグ×感動】『かくしごと』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

こんにちは!深夜アニメ歴12年のもっこです!

2020年春アニメ、『かくしごと』のあらすじと感想をまとめました!

 

感想は印象的な話をピックアップしました!【一部ネタバレありです】

まだ視聴していない方は、【あらすじ・紹介】まででお願いします!

 

目次

あらすじ・紹介

引用元:avex pictures 公式チャンネル

 

主人公は、下ネタ漫画を描いている漫画家の後藤可久士。

そして、10歳の娘、後藤姫ちゃん。

父・可久士が娘に隠していること。それは、自分が漫画家であること。

そんな可久士が、娘に漫画家を隠し続ける日常がとてもおもしろく描かれています。

 

ギャグマンガなんですが、ストーリーもしっかりしています!

各話で、姫ちゃん10歳パートと、18歳パートに分かれていて、

徐々に物語の真相が明らかになっていきます!

このストーリー構成はまじで天才です!

次の話が気になって、毎週見るのが楽しみでした!

 

そして、最終話は、号泣間違いなしです!!!

まじで嗚咽しながら泣きました、、、

ギャグと、感動的なストーリー。

絶妙なギャップに、完全に惚れてしまいました、、、

ぜひ皆さんも、絶対視聴してください!

 

作品概要

『かくしごと』は、『さよなら絶望先生』の作者で有名な、久米田康治先生の漫画が原作です!

放送時期 2020年4月〜
制作会社 亜細亜堂
キャスト(声優) 後藤可久士:神谷浩史
後藤 姫:高橋李依
十丸院五月:花江夏樹
志治 仰:八代拓
墨田羅砂:安野希世乃
筧 亜美:佐倉綾音
芥子 駆:村瀬歩
六條一子:内田真礼
ナディラ:加藤英美里
マリオ:浪川大輔
古武シルビア:小澤亜李
東御ひな:本渡楓
橘地莉子:和氣あず未
千田奈留:逢田梨香子
汐越 羊:古城門志帆
城路久美:原由実
大和力郎:小山力也
内木理佐:沼倉愛美

 

感想まとめ(※ネタバレ注意※)

第1話 主要キャラ紹介

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

タイトルの「かくしごと」は、「隠し事」と「描く仕事」をかけたものでした。

 

娘の姫ちゃん、誕生シーン。

感動的なシーンかとおもいきや、名前から産婦人科の先生たちに、下ネタ漫画家・後藤可久士だとバレてしまいます。

下ネタ漫画家が娘にバレてしまってはまずい、、、

ということで、後藤先生の漫画家を隠し続ける日々がスタートします!

 

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

後藤先生のアシスタントの方も、「芥子駆(けしかける)」や「墨田羅砂(すみたらすな)」などユニークな名前の方ばかり!

絶望先生を思い出して、なつかしくなりました!

やっぱ、最高です!久米田先生!!

 

ギャグもテンポがいいですし、何より着眼点が最高です!

ブラックというか、自虐的というか。

みんながあまり触れないところを、おもしろおかしく触れている。

他のギャグ漫画とは、また違った感じで良かったです!

 

第6話 漫画家バレピンチ!

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

ここで、大事な伏線が。

 

冒頭、姫ちゃんにランドセルが届きます。

メモには「だてなおとより」。

そして、このランドセル、毎年送られてきているようです。

 

実はこれ、姫のおじいちゃんからの贈り物でした。

おじいちゃんの正体、後藤家の秘密については、最終話で明らかとなります!

 

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

後半パート。

姫ちゃんを連れて職業体験ができるキッザニアへ!

しかし、そこでは、後藤先生のサイン会場でもありました、、

後藤先生初の「漫画家バレ」超ピンチ!

 

サイン会は順調に進んでいき、

なんだ、結局ばれないパターンね。

と思いきや、

 

サイン会場の壁が倒れて、姫ちゃんと対面してしまいます!

 

ただ、後藤先生はTシャツ姿。

家ではスーツ姿でびしっと決めているので、

なんと、バレませんでした。笑

 

伏線あり、ハラハラありで、物語が動いた回でした!

 

第7話 新しい家族

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

前半、姫ちゃん犬を飼う。

「子犬飼い主募集中」のチラシを持ってきて、お父さんにお願いします。

 

姫ちゃんは、犬を飼うために一生懸命勉強しました。

犬の十戒。

「僕は10年くらいしか生きられません。だからなるべく一緒にいてください。」

私、実家で犬を飼っているので、ここで泣きました、、、

 

その後、後藤先生、仕事場にて。

後藤先生「漫画家は10年くらいしか続けられません。だからなるべく、大切にしてください。」

このセリフ!

久米田先生、一体何があったんですか!と思ってしまいました。笑

 

後藤先生は子犬を飼うと決めました。

しかし!飼い主募集中の子犬は、別の方が引き取ったそうです、、、

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

ショックを受けたのは、姫ちゃんだけではなく、アシスタントのみんなもでした。笑

 

ただ、ここで救世主!

姫のおじいちゃんが子犬を送ってくれました。

ついに子犬との対面。

ここの姫ちゃん、めっちゃかわいいので、ぜひ本編で!

 

第12話 親子の絆【超感動】

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

最終回の12話は、すべて18歳姫ちゃんパートです。

 

18歳の誕生日。ある人から鍵と地図をもらった姫ちゃんは、鎌倉に向かいます。

そして、初めて父親の「隠し事」「描く仕事」を知ります。

 

父親の漫画を読んでいた姫ちゃんの前に、とある少年が。

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

この少年は、石川なんとかェ門。歌舞伎界のホープ。本名不明だそうです。

 

実は、後藤可久士は、有名歌舞伎役者(本名不明)と愛人との間に生まれた、隠し子だったのです!

この少年は、愛人ではなく、正妻側の孫にあたります。

つまり、この少年の母と後藤先生は、腹違いの兄弟なのです。

そして、今まででてきていたおじいちゃんが、姫の母方の父にあたります。

なんとも複雑です、、、

 

それにしても、まさか、「可久士ごと」「隠し事」「描く仕事」「隠し子と」になっていたとは!

おもしろすぎます!!

 

18歳パートまでの、後藤先生に何があったのか。

後藤先生は、ずっと姫の母親を探していました。

しかし、その事実が週刊誌に載ってしまい、漫画家をやめることにしました。

心ない誹謗中傷に耐えられなかったのです、、、

 

漫画家をやめたあとは、なれない肉体労働の日々が続いていました。

 

そしてある日、雑誌の運搬中に事故にあい、昏睡状態になってしまいます。

 

18歳パートに戻ります。

 

後藤先生が目を覚ましました。

しかし、記憶喪失で、7年間の記憶がありませんでした。

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

姫ちゃんをみても、

「誰?君は誰だ?」

ここは、超ショックでした、、、

 

後藤先生は、手が動くので、読者のためにと、漫画を描くことにします。

漫画を描くことが記憶が戻る手助けになるかも。とアシスタントのみんなも協力するのでした。

漫画にふれていることが一番幸せなのだと、、、

 

姫は父に問いかけます。

「もしずっとこのままだったとしても、漫画を描いていられるなら、先生にとってそれが一番幸せなことだよね、、、」

父・後藤先生は否定しました。

 

「違う。一番の幸せは、、、。俺が一番嬉しいのは、姫が元気に大きく育つことかな。」

 

姫は病室を走り出し、鎌倉の倉庫に向かいます。

そして、倉庫から後藤先生が描いた漫画の原稿を持ってきました。

 

原稿を読んでいくうちに、どんどん記憶がよみがえってきます。

「これからもよろしくね。お父さん。」

「お父さん、私18歳になりました。」

 

後藤先生は、姫ちゃんを思い出しました!

 

ここが一番の名シーンでしたね。

久々にこんなに号泣しました、、、

 

最後

ひめちゃんにも「かくしごと」が。

実はこっそり、学校で少女漫画を描いていました。

 

最後に

ギャグマンガでありながら、最後には感動的なエンディング。

毎週毎週ひきつけられて、最高の1クールを過ごすことができました!

 

娘思いの後藤先生、父親思いの姫ちゃん。

後藤先生と、愉快なアシスタントのみんな。

家族とペットとのありかた。

 

家族って本当にいいですね。

いろいろな愛を感じることができました。

 

記憶がもどるとかすごいベタかもしれないけど、

だが、それがいい!!!

 

大満足の作品でした!

アニメ「かくしごと」関係の皆様、素晴らしい作品を本当にありがとうございました!!!!

 

コメント

コメントする

目次
閉じる