【メリット・デメリット】ガードレールの土中建込とコンクリート建込の違い

こんにちは!もっこです!

ガードレールの土中建込とコンクリート建込の違いとか、メリット・デメリットがわからない、、、

土中建込とは?コンクリート建込とは?

私も昨日まで全くわかりませんでした、、、

なので、書籍、インターネットを駆使して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました!

もしよろしければ参考にしてください!

 

目次

土中建込とコンクリート建込の違い

ガードレールの土中建込とコンクリート建込の違いですが、

ずばり、ガードレールを差し込む場所が違います!

なんとなくわかりますよね、、、

 

要するに、ガードレールの支柱を、

土で固定するのか、コンクリートで固定するのかの違いです。

 

それでは、それぞれ解説します。

 

土中建込

土中建込とは、ガードレールの支柱を土で固定する方式です。

 

メリット

  • 安い。
  • 施工が早い。
  • 施工断面が小さい。

 

 

デメリット

  • 建て込む際の打撃音が大きいため、市街地では不向き。
  • 支柱がある程度長くなるので、下に埋まってるものがあれば施工できない。
  •  取り外して再設置するような、転用ができない。

 

 

コンクリート建込

コンクリート建込とは、ガードレールの支柱をコンクリートで固定する方式です。

メリット

  • 建て込む際の打撃音が小さいため、市街地に適している。
  • 支柱が短くていいので、下に埋まってるものがあっても施工できる。
  • 転用ができる。

 

 

デメリット

  • 土中建込より割高。
  • 土中建込より工期が長くなる。
  • 土中建込より施工断面が大きい。

 

 

まとめ

昔は土中建込だったようですが、近年はコンクリート建込が多いようです。

メリット・デメリットを把握して、施工方法を選びましょう!

私も気をつけます!

以上。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる