【メリット・デメリット】粉体噴射撹拌とスラリー撹拌の違い

土木

こんにちは!もっこです!

粉体噴射撹拌とスラリー撹拌の違いがわからない、、、

私も昨日まで全くわかりませんでした、、、

なので、書籍、インターネットを駆使して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました!

もしよろしければ参考にしてください!

 

粉体噴射撹拌とスラリー撹拌の違い

粉体噴射撹拌も、スラリー撹拌も、地盤を改良をするときに使われる方式です。

主に、中層混合処理工法のパワーブレンダー工法や、深層混合処理工法のDJM工法などで使われます。

パワーブレンダー工法とDJM工法については、別記事でまとめましたので、そちらをご覧ください。

【メリット・デメリット】パワーブレンダー工法とDJM工法の違い
こんにちは!もっこです! 私も昨日まで全くわかりませんでした、、、 なので、書籍、インターネットを駆使して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました! もしよろしければ参考にしてください! パワーブレンダ...

 

では、それぞれ解説します。

 

粉体噴射撹拌

石灰やセメントなどの粉体を、空気を使って地盤中に送り出し、混ぜ合わせる方式。

中層混合処理工法はパワーブレンダー工法、深層混合処理工法はDJM工法が主流。

 

メリット :早く施工できる。水を使わないので現場がきれい。泥や有機質土などの特殊な土に対して有効。

デメリット粉塵が発生し、近隣住民に迷惑がかかる恐れあり。

 

 

スラリー撹拌

石灰やセメントなどでできたスラリー(固形材)を地盤中に送り出し、混ぜ合わせる方式。

中層混合処理工法はパワーブレンダー工法、深層混合処理工法はDCS工法、CDM工法が主流。

 

メリット :粉塵を防げる。強度の調整ができる。均一な改良ができる。

デメリット:泥や有機質土などの特殊な土に対して有効ではない。

 

 

まとめ

改良材に粉体を選ぶのか、スラリーを選ぶのかは、地盤の地質と現場近隣の状況によって変えると良いようです。

また、あるサイトによると、粉体噴射撹拌方式のほうが強い地盤が作れるとのことでした。

以上。

この記事が、参考になれば幸いです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました