【メリット・デメリット】パワーブレンダー工法とDJM工法の違い

土木

こんにちは!もっこです!

パワーブレンダーとDJMの違いがわからない、、、

私も昨日まで全くわかりませんでした、、、

なので、書籍、インターネットを駆使して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました!

もしよろしければ参考にしてください!

 

パワーブレンダー工法とDJM工法の違い

パワーブレンダー工法もDJM工法も、地盤を改良するときに使われます。

この2つの違いは、改良する地盤の深さです。

 

・パワーブレンダー工法:中層混合処理工法

・DJM工法:深層混合処理工法

 

DJM工法の方が、より深い地盤を改良することができます。

 

また、どちらの工法も「混合」とあるように、改良材を地盤に混ぜて、強度をあげます。

改良材には、石灰やセメントなどが利用されます。

改良材の形状は、粉体やスラリー(固形)の2種類があります。

もし改良材についても知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【メリット・デメリット】粉体噴射撹拌とスラリー撹拌の違い
こんにちは!もっこです! 私も昨日まで全くわかりませんでした、、、 なので、書籍、インターネットを駆使して情報をかき集め、かんたんにまとめてみました! もしよろしければ参考にしてください! 粉体噴射撹拌と...

 

では、それぞれ解説します。

 

パワーブレンダー工法

パワーブレンダーという機械を使い、地盤と改良材を均等に混ぜ合わせる、信頼性の高い改良工法。

改良できる最大の深さは13mです。

改良材には、石灰やセメントなどが利用されます。

また、改良材の形状は、粉体やスラリー(固形)の2種類があります。

 

メリット :高品質。低コスト。低振動。低騒音。様々な改良材に対応できる。

デメリット:13m以上の地盤改良はできない。

 

 

DJM工法(粉体噴射撹拌工)

粉体の改良材を地盤中に入れ混ぜ合わせ、地盤強度を高める改良工法。

改良できる最大の深さは33mです。

改良材には、石灰やセメントなどが利用されます。

また、改良材の形状は、粉体です。

改良材にスラリーを使う場合は、DCS工法やCDM工法など、別の名前の工法になります。

 

メリット :高品質。低振動。低騒音。水を使用しないので現場がきれい。

デメリット:パワーブレンダー工法よりお金がかかる。改良材は粉体のみ。

 

 

まとめ

デメリットですが、比較するために無理やりひねり出しました。

DJM工法は、より深く改良するので、お金がかかるのは当たり前です。

 

今回、一通り調べましたが、どちらの工法も、高品質、低騒音、低振動で、素晴らしい工法でした。

なので、この2つの工法の使い分けは、「改良する地盤の深さ」で判断するとよいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました