断られないお願いのコツを3ステップで解説【伝え方が9割】

ライフ

こんにちは!もっこです!

どうせ誘っても断られる。。。
傷つきたくない。。。

このように、お願いごとにネガティブな人は私だけではないはずです。

人は1日平均22個のお願いをしているそうです。

できれば、この22個すべてのお願いをきいてほしいですよね。

 

今回は、佐々木圭一さんの大ベストセラー『伝え方が9割』を参考に、断られないお願いのコツを3ステップで解説します。

この世に絶対に断られないお願いのしかたは存在しません。

しかし、この3ステップで成功確率は格段に上がるはずです!

『伝え方が9割』はこちらです!

 

ステップ1:自分の気持ちをそのまま言葉にしない

まず、自分の気持ちをそのまま言葉にするのはやめましょう。

たしかに、自分の言葉でストレートに言って成功する場合もあると思います。

しかし、その返事は、大半が相手の気分に左右されます。

 

例えば、気になっている人に飲み会に来てもらいたいとすると、

「飲み会にきてほしい」と言った場合、その人が飲みたい気分であれば来るでしょう。

ですが、気分がのらなければ、めんどくさいし、行きたいとは思いません。

「すみません。用事があるので」とか嘘をつかれるでしょう。

つまり、ストレートな言葉は、運次第の50%。ギャンブルなのです。

自分の言葉でストレートに言うギャンブルはしないようにしましょう。

飲み会きてほしいな。。。
❌飲み会にきてほしい


ステップ2:相手の気持ちを考える

このステップで重要なのは、相手の好きなものを知っているかどうかです。

例えば、

新しいものが好き、おしゃれなものが好きとか。

初対面やあまり仲良くない相手であれば、想像でもいいと思います。

自分のお願いはいったん忘れて、相手の気持ちになってみましょう。

飲み会きてほしいな。。。

❌興味ない人と飲み会行きたくない
⭕新しいものが好き
⭕おしゃれなものが好き


ステップ3:相手の好きなものと一致するお願いをする

最終ステップは、「相手の好きなものと一致するお願いをする」です。

お願いするときに、「自分のお願い」と「相手の好きなもの」を混ぜてみましょう。

例えば、気になっている人が、新しいもの、おしゃれなものが好きとすると、こんな感じになります。

飲み会きてほしいな。。。

❌興味ない人と飲み会行きたくない
⭕新しいものが好き
⭕おしゃれなものが好き

最近オープンした、おしゃれなお店があるんだけど、一緒にどうかな?


最初の「飲み会にきてほしい」よりも、相手に寄り添った言葉になりました。

 

ここまで見ても、「やっぱりストレートな言い方がいい」という意見もあると思います。

その考えを否定するつもりは全くありません。

告白とか、ストレートな言葉がいい場合も絶対にあります。

しかし、ストレートな言葉では伝わらない場面があるのも事実です。

そして、日常生活では、その場面の方が多いでしょう。

このお願いのしかたは、身につけておいて損はない考え方、スキルだと思います。

 

まとめ

この3ステップ、慣れるまで大変だと思いますが、成功の可能性は確実にあがります。

自分のためにも、相手のためにもなるこの方法、ぜひ試してみてください!

 

また、この記事は、佐々木圭一さんの著書『伝え方が9割』を参考にしています。

『伝え方が9割』は、シリーズ累計が100万部を突破している、大ベストセラーです。

佐々木さんは、新卒でコピーライターとして配属され、コミュニケーションに悩み、

1年で10kgも太ってしまうほどのストレスを抱えたそうです。

この悩みから、「相手のことを考えて話す」ことの重要性に気づき、

今ではヒット作を連発するコピーライターとしてご活躍されています。

今回紹介した方法は、この本の一部に過ぎません。

まだまだ多くの学びがあるので、買って読んでみてください!

『伝え方が9割』はこちらです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました