文章力を上げる方法3選【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

こんにちは!もっこです!

今回は、古賀史健さんの著書、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』から学んだ文章力を上げる方法3選を紹介します。

 

古賀先生は、『嫌われる勇気』などの数多くのベストセラーを手掛けた、ライティングのスペシャリストです。

この本は、そんな古賀先生が、「世界の見え方を変える文章講義」を目指した一冊となっています。

冒頭にこんな言葉があります。

文章がうまくなる必要なんてない

著者:古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』 冒頭より

私は全く本を読んだことがありません。

しかし、この冒頭のおかげで、ワクワクしながら読み始めることができました。

最後の1ページまで貴重なお話ばかりなので、ぜひ読んでみてください。

著者:古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(星海社新書)

 

目次

書くことは考えること

文章力をあげるために、「書くことは考えること」を理解する必要があります。

皆さんは文章を書くとき、構成や内容を考えてから書いているのではないでしょうか。

え?考えてから書いたらいけないの?と思った方。

「考えてから書くこと」が間違っていると言いたいわけではありません。

古賀先生は、もっと根本的に必要なことがあると言います。それは、

 

まずは書くこと。

「書く」というアウトプットを通して、考えたことを整理する。

そして読み直す。切るべきところは切って、補足すべきところは補足する。

そうすれば、自分なりの答えが見つかる。

 

「書くこと」への認識が変わりましたよね。

文章がうまくなる必要なんてないのです。

「書くことは考えること」

書きながら考えて、自分なりの納得のいく文章を目指せばいいのです。

 

 

文章の論理展開を意識する

文章力をあげるためには、文章の論理展開を意識する必要があります。

論理展開がしっかりしていない支離滅裂な文章は、リズムよく読むことができません。

では、リズムよく読める文章にするには何に気を付ければいいのでしょうか。

 

それは、「接続詞」です。

 

接続詞は文と文を連結させ、読みやすい文章にさせる魔法のパーツです。

意識することで論理破綻しにくくなり、読みやすい文章を作ることができます。

 

ただし、「すべての文を接続詞でつなげ」と言っているわけではありません。

接続詞のたくさん入った文はうざいし、

適度に削った方が読みやすいのも事実です。

なので、

 

文と文の間に接続詞が入るのかどうかチェックすること。

正しくつながっていれば接続詞は削る。

 

これだけで十分です。

 

読者の立場に立つのではなく、読者の「椅子」に座ること

文章力をあげるためには、読者の立場に立つのではなく、読者の「椅子」に座ることが必要です。

わかりやすくすると、

 

こんな読者が読んでいるだろう。こういう読者に読んでほしい。

これはただの主観。自己満足。

そうではなく、

 

読者が読みたい文章はどんな文章か。どんな情報を欲しているのか。

後者のように、徹底的に読者の立場に立つことが必要なのです。

 

 

「誰にも見せない日記」にだって”自分”という読者がいます。

「テキトーに書いたメモ」にだって見返すならば、”未来の自分”という読者がいます。

どんな文章にも読者がいるのです。

読者を徹底的に意識することで、文章がうまくなくても、相手に伝わる文章にすることができます。

 

最後に

本を読むとき著者の方にこのようなことを思ったことはないでしょうか。

なぜ本にして自分のノウハウ、テクニックをさらすのか。

真似する人が大勢出てきたら、著者が困るのではないか。

古賀先生は、この疑問に答えてくれています。

そう、ぼくは「書いた」のだ。

著者:古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』 あとがきより

書きながら大いに勉強になったし、たくさんの気づきを得ることができた。これは「書いた人」だけに与えられる特権である。

著者:古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』 あとがきより

正直しびれました。

書くことは、読者に伝えることはもちろん、自分のためにもなるのです。

ほんとに1ページも無駄にできない貴重な本でした。

皆さんもぜひ買って、読んで、書いて、文章力を上げていきましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる